物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

横浜の浦島太郎
b0062963_2310886.jpg

浦島太郎追跡プロジェクト。スタートと同時にさっそく、横浜のやまざきたかひろさんから横浜の浦島太郎についてメッセージが入った。さらに今年の1月末にはやはり同じく横浜のtabizokuさんからも、ブログにコメントが寄せられていた。そんなこともあり、まずは横浜に浦島太郎を追いかけてみよう。

横浜の神奈川区にはその名も浦島町、浦島丘と浦島ゆかりの地名が残っている。
「浦島」の地名が現存し、さらにその土地に古くからの浦島伝説が伝わっている、というのは
おそらく横浜をおいて他にないのではないか・・・。
そしてtabizokuさんもOBだったと言うように、ここには古い浦島の足跡ばかりか、浦島中学校に通う現役の中学生もいる。今に生きる浦島という感じがする。もっとも中学校では特別「横浜の浦島太郎」について教えているわけではなさそうだが・・・。

さてやまざきたかひろさんが指摘するように、横浜には浦島太郎ゆかりの寺が2つ、3つある。そこに出かけながら、横浜の浦島太郎について考えてみよう。
まずは慶運寺。この門には「龍宮伝来 浦島観世音 浦島寺」と書かれた大きな亀趺が立っている。亀が大きな石碑を背負うこの亀趺はとても印象的。しかしそれ以上に、龍宮から伝来したという浦島観世音というのが気になる。
わたしは寺の境内へと入ってみることにした。
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-10 23:14 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(6)
Commented by JACK BLACK at 2005-04-11 17:08 x
僕も以前、横浜は白楽のあたりに住んでいまして浦島丘などの地名には不思議なものを感じていました。生まれついての地元というわけでもなく、何故浦島の地名がついているかは調べたことがなかったのですが‥。こんな身近な疑問に対し、どこまで探究心を持つかということが大切なんですね。
Commented by born_to_explore at 2005-04-11 18:00
Jack Black さま 髙橋大輔です。
 白楽ですか、いいところですね。
 生まれ育った土地以外にも、星の数ほどある町の中で実際に暮らしたことのある土地というのはその人と特別な関係にあると思います。
 もちろんその地名には歴史が刻まれています。民俗学者は平成の大合併により多くの歴史的遺産ともいえる「地名」が失われていく現状を憂いていますが、同感です。もちろん「浦島」という地名がわれわれに何かを語りかけていることは間違いなく、それは一度失われるともとに戻すことはなかなかできません。その意味でも地元に暮らす人がその地名に誇りを持てるようなきっかけが大切なのではないか、と思ったりしています。 そしてそのひとつのきっかけになりえるのが、横浜の人にとっては浦島太郎なのではないか、とも思います。多くの人が浦島を意識していながら、あまり突っ込んでいかない、となれば、それをやるのはやはり探検家ということになるのでしょうか。
Commented by しう at 2005-04-11 21:16 x
はじめまして、大輔さん
私は、新浦島町でゲームのソフトをつくっています。
「夢のある町」で「夢をみんなに与えられるソフト」を作りたいと思っています。
大輔さんのような本物の冒険ではないですが、
ワクワクするような冒険を大勢の人に体験させてあげたいです。




Commented by born_to_explore at 2005-04-11 22:02
しうさま 髙橋大輔より。
新浦島町も横浜市神奈川区ですね。今はビルが立ち並んでいる所ですが昔は海だった場所だと理解しています。昔の人からすれば、そこはまさに未来の海上都市。そこでゲーム制作をしていると聞いたら、横浜の浦島太郎はさぞかしビックリですね。探検が面白いのは、失敗を重ねながらも前進し、最後にはゴールにたどりつこうとするところ。まさに、現代のゲームは、探検、冒険のエッセンスを大胆かつ、贅沢に取り入れていると思います。ぜひ、手に汗にぎる作品を完成させてください。
Commented by 柴田松弥 at 2013-03-04 12:36 x
うらしまたろう のブロガーの ひろがりに興味をもっている62歳です。

うらしまたろう には海のにおい があります。

真水のにおい があります。

うらしまたろうストーリー は 「型」だと おもってまして ですので

コンテンツは ナンでも okです(と思います)

ちなみ、(慶運寺の)公式のプログラムでは 新幹線やら 高速走路も

でてきます。だし 1996年の「ミュージカル・うらしま」では スペースシ

ャトルや ロケットも平気ででてくる といった あんばいです

ですが 結果的にすこし偏向して しまった?ものもあります

わたくし の知り合いで 鎌倉時代の うらしまたろうの 発掘に取り掛

かっている 人もいます 。

Commented by born_to_explore at 2013-03-05 00:14
柴田さま
おもしろいですね。浦島太郎の話は誕生以来ずっと変化してきました。未来に向かって変わっていくことに違和感はありません。そうやって人と歩んでいくものだと思うからです。高橋大輔