物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

ナマハゲを追う
ナマハゲ漂流ロシア人説、まことしやかなその説を確かめるために、
わたしは一路、秋田県男鹿半島へと向かった。

b0062963_13303387.jpg


険しい表情をした岩浜が続く男鹿半島は、その景観さえもが伝説に彩られているかのようだ。

ナマハゲの伝承地もいくつかあるが、その中のひとつ赤神神社へと出かけてみることにした。

b0062963_1391474.jpg


山の中腹にある神社からさらに上へ、999段の石段がのびている。
その上には5つの社殿が立ち並ぶ、五社堂がある。

b0062963_13103767.jpg


そこに伝わるのはこんな話だ。

鬼たちの乱暴に困り果てた人々は、ある日、話し合いの末、鬼とのこんな賭けに出る。
「山の上にある赤神神社の五社堂まで、1000段の階段を作ってくれ。もし一晩のうち、一番鳥が鳴く前にできたならば、望みどおり毎年、娘をひとりずつ差し上げる。
しかしできなければ、二度と村には姿を現さないでほしい」
鬼とはいえ、一晩のうちに1000段の階段を作ることなどできないだろう・・・そう思っていた村人たちだったが、階段がたちまちできあがっていく様子を見て、不安になり、アマノジャクに相談した。するとアマノジャクは、あと1段で完成というその間際に、「コケコッコウ!」と泣き真似をした。
それに気づいた鬼たちは、驚き、また怒り狂って姿を消し、以後人々の前に姿を現さなくなった。村人たちは、鬼を祀り、それがナマハゲの起源となった。
五社堂までの階段が999段なのには、こんな由来があるという。

ナマハゲ、ロシア人説を求めて、999段の階段を登ってみたわたしだったが、そこでこの伝説に出くわすと驚きのまま、そこに棒立ちとなってしまった。
「こんなことがあるものか・・・」
というのも、わたしはこれと全くおなじモチーフの鬼の話を別の場所で聞かされたことがあったのである。しかもそれは、ロシアとは全く逆方向、かつて訪れた長崎県五島列島のひとつ、久賀島であった。

赤神神社の公式ホームページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-06 13:18 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(1)
Commented by at 2005-06-07 09:23 x
1本のボトルから、ナマハゲへと展開し、次はどうなるのだろうとわくわくしていました。すると、高橋さん同様私も驚いてしまいました。ナマハゲ伝説が、秋田とは遠く離れた私の住む五島列島久賀島の鬼の伝説と、同じモチーフだったとは。
「物語を旅する」ということの面白さを、つくづく感じています。そして、秋田のナマハゲ伝説と久賀島の鬼の伝説との類似点と相違点を調べてみたくなりました。