物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

鬼とココナッツ
福見の鬼について、久賀島(長崎県)からさっそく追加情報が届いた。
地元の方から伝説を聞き取り中のわたしのスナップショットから、最近の福見の様子まで、たくさんの写真が久賀島公式ページで公開された。
鬼取材をした福見の様子はここをクリック

さて、秋田のナマハゲと、五島・久賀島の鬼伝説。
東西互いに、遠く離れたところに伝わるコケコッコー型鬼伝説だが、
もう少し突っ込んで見ていくと、違いもある。
それは、「鬼の正体」に関する解釈。

秋田のナマハゲは、諸説ある中で、漂流したロシア人にルーツがある、ということはすでに見たとおりだ。
それでは五島・久賀島はどうか?
面白いことに、鬼とは「海賊」のこととあり、伝説が伝わる福見はその昔、もともとの「福建」から改名した地名であるという。ということは、その鬼こそ、中国、福建から渡って来た中国の海賊であるということになろうか?

ここで海流を見なければならない。沖縄から南西諸島を通って北上してくる海流は、九州の南で二手に分かれる。一方は太平洋岸をなめるように東へ走り、もう一方は東シナ海を北上して、日本海へと入り込む。

b0062963_13273369.jpg


この図からもわかるとおり、海流は中国の福建をかすめるように通っている。
久賀島の鬼は、海賊であり、福建(福見)であるというが、この対馬海流はその伝説の正当性を無言のうちに裏付けているようでもある。

確かにこの対馬暖流、メッセージボトルが打上げられた丹後半島の箱石浜には、ココナッツの実まで押し流してきた。そこはココナッツとは無縁の冷涼な日本海。(写真:南海から日本海・箱石浜に漂着したココナッツ。竹田正義さん提供)

b0062963_13292759.jpg




されば、鬼もまたココナツと同様に南方からやって来たものだろうか?


b0062963_13322425.jpg


謎は深まっていく。いやァ、これはたいしたナゾだ!



世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-08 13:41 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(3)
Commented by at 2005-06-08 16:39 x
久賀島の亀河原という海岸には、海流にのり沢山のものが漂着します。ココナッツの実もありました。子どもたちが喜んで持って帰りましたが。これからは漂着物も調べておかなければいけませんね。忙しく、そして楽しくなりそうです。これからどのように展開していくのか、わくわくしながら拝見しています。
Commented by born_to_explore at 2005-06-08 17:48
海さま 高橋大輔より
まさにシナリオ無き旅ゆえ、わたしもこの追跡行が今後どうなっていくのか、まったくドキドキもんです。1本の漂着ビンはいったいどこへわれわれを連れて行こうとしているのでしょう?
Commented by mikasa at 2012-01-26 01:09 x
丹後の鬼の首領の名前は『くがみみのみかさ』って言うらしいです。