物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

伝説の交差点
b0062963_14175484.jpg
これまで、日本海に漂着した1本のメッセージ・ボトルをもとに旅をし、考えを深めてきた。
そこではさまざまなかたちをとりながらも、人と海とのかかわりがまるで影絵のように展開した。

「木を見て、森を見ず」という格言があるが、これまでのわたしはどちらかといえば大局的に森を見てきた。するとぶつかりあう南北2つの海流にもてあそばれるまま、漂流ボトルは北方ロシアから、ココナッツは南海からいずれも日本列島のちょうどまんなかに位置する丹後半島に流れ着いたのだった。




ところが視線を森から、木に転じたとき、そこでわたしはもっと驚くことになってしまった。

b0062963_14103187.jpg


丹後半島は、現在追跡中の浦島太郎、その最古の伝承地である。
ひょっとすると、浦島太郎がこの地に伝わっているのは「偶然」などとは言い切れない奥深い因縁があるのではないか・・・?

そしてさらに興味深いのは、その沖合いには日本のアトランティス伝説のひとつに彩られた沓島(くつじま)と冠島(かんむりじま)が浮んでいる。2つの島は現在、無人島だが、そこはかつて海人族(かいじんぞく)の拠点として栄えた土地が海没してしまった名残だという。

この探検ブログでは、海外でのロビンソン・クルーソー追跡(チリ)のほかに、国内では浦島太郎、日本のアトランティス、漂着メッセージボトルを追跡することにしてそれぞれ独立して調査をすすめてきたのだが、なんということだろう、気がついてみれば、わたしは今、それら国内の3テーマがダイナミックにぶつかり合う交差点に立っているのだった。

いったいここには、どんな秘密が隠されているのだろう? 

好奇心が無性に揺さぶられる。



(写真:伝説と伝説がダイナミックに交差する丹後半島、浦嶋伝説の現場、伊根の本庄浜にて。夕暮れ、流木を友として)

世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-12 14:30 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(2)
Commented by 平野一郎 at 2005-06-13 01:09 x
ご無沙汰しています、平野です。ブログいつも見てます。ついに冠島が登場しましたね。先日、「かぎろひの島」〜オーケストラのための〜無事初演を終えました。東京フィルハーモニーは短い期間にも関わらず、素晴らしい演奏をして下さいました。冠島の鬱蒼とした森や、沖の潮を孕んだ独特の空気の中で感じとった世界が、東京の中心で鳴り響く様は何とも不思議な感覚でした。(また録音が出来ましたら、ぜひぜひ聴いて下さいね!)
高橋さんの探究が、どんな思いもよらない展開をみせてくれるか、いっそう楽しみにしています!
Commented by born_to_explore at 2005-06-13 14:14
おー、平野さんじゃないですか! 髙橋大輔より

(平野一郎氏について・・・・ブログをご覧の方に)
作曲家の平野一郎氏は、伝説をもとに曲作りされています。浦島太郎をテーマにした前作は、浦嶋神社に伝わる古歌をもとに、日本古来の雅楽の音階や旋律を西洋音楽の弦楽四重奏で再現されました。驚きと同時に、わたしもその幽玄にすっかり魅了されてしまいました。まさに吟遊詩人ならぬ、吟遊作曲家です。物語の旅に出ると、こんな作曲家にも出会える。じつに豊かな旅路であるな、と思います。