物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

秋田での講演会
b0062963_2239138.jpg

今日は秋田で講演会。
なかなか梅雨が明けない秋田ですが、気分はもう探検の夏全開!
満場御礼の大入りで、多くの方が足を運んでくれました。
ご来場のみなさま、ありがとうございました。

講演会は普通、依頼があるとその日に出かけていって、何かをしゃべって終わりというのがパターンなのですが、秋田市立中央図書館明徳館での講演は、告知から、会場装飾までが丁寧な手作りで、主催者と講演者、それに参加者の距離を感じさせないいいイベントでした。講演というのはつまりは”ライブ”であって、良くも悪くも生ものであり、一期一会なのですが、その三者の、気持ちが重なり合ったところに、価値創造がうまれるものだと感じました。

一般の部が終わって次は、子供の部。
8月3日 10:30~11:30

浦島太郎は本当にいた!だなんて、言い出す探検家に、いったい子供たちはどんな反応をしめすのでしょう・・・。

講演者のわたしは、いまから興味深々だったりします。

参加は無料!詳細はこちらから

秋田市立中央図書館明徳館のページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-30 22:41 | メディア | Comments(6)
Commented by キネマ小僧 at 2005-07-31 13:23 x
昨日の講演楽しかった上に、著書にサインもいただき感激しました。/ナショナル・ジオグラフィック誌や地元紙で、髙橋さんを知り、著書やブログを読んで、秋田出身だし機会があったら、生で会ってみたいものだと思っていたところ、実にラッキーでした。/小生は、干支で云うと一回り上になります。もし下だったら、迷惑でも是非弟子入りしたいと願ったことでしょうが、年相応に、近場の山や川を探検(険)しようと、地図を広げ、作戦を練っています。
Commented by born_to_explore at 2005-07-31 14:23
キネマ小僧さま お暑い中、来場ありがとうございました。探検の世界は自由です。こうあらねばならない、というものはないですし、年齢制限も、性別もない。いかに自由な発想をもてるか・・・そしてそれを実現する。大小にかかわらずそんな自己実現が探検ではないかと思っています。秋田にもたくさん探検フィールドは転がっていると思います。この夏の新発見、期待しています。髙橋大輔より
Commented by ばんぶ at 2005-08-05 21:41 x
いまさらですが、講演会聞かせていただきました。

お話の展開の中で地域をある程度特定した段階で今度は亀を調べるために亀の図鑑を調べました。

というお話をききここでこう展開していくんだと感動しました。
次は亀を調べるんだ、亀を調べるために図鑑なんだ。
本当に発想の柔軟性には感動しました。
またぜひいろんな事を見せてください。

またのぞきに来ます。
遅くなってすいませんでした。
Commented by born_to_explore at 2005-08-05 22:10
ばんぶさま
講演会、お暑い中のご参加ありがとうございました。
浦島太郎のカメを探す、ということは一見奇想天外なことのようですが、
発想を変えるだけで、浦島ワールドは開けていくものでした。という自分の体験を語りたくて講演しました。つまり普段の何気ない思い込みがいかにキケンなものか、さらには、考え方をすこしかえるだけで、生活もまたどんなにかわるか、そんなことをみなさんといっしょにかんがえてみたかったのです。また、お会いしましょう。高橋大輔
Commented by ばんぶ at 2005-08-29 00:44 x
今日、たまたま秋田の駅裏に出来たホルモンやさんに行ってみました。

昔の映画が壁で上映されていて
中に浦島太郎らしき人物が出ていました。

2順目のテロップを見ると美空ひばりさんの「踊る竜宮城」という映画でした。ミュージカルのような謎の映画でした。

さてさて、ちょっと私も秋田の中で冒険をしようと思っています。

探検ではなくて、自分的には冒険です。
探検になれるだけ考察をしたわけでもないので
勢いだけで物を作り出してみようと思っています。

いろいろ秋田の中で遊んでみていたのですが、
こんなものがあるといいなと思ったことをちょいと試してみたいと思っています。

そこで、高橋さんのことを勝手に紹介させていただきました。
もし問題があるようであれば、だめだといってください。

更に賛同していただけるのであれば、コメントなどをいただけると幸いです。

気をつけて旅に出てきてください。
それでは失礼いたします。

Commented by born_to_explore at 2005-08-29 07:00
ばんぶさま 「踊る龍宮城」とは痛快ですが、美空ひばりというのも、さらに輪をかけてそれをパワーアップしている感じがします。その中では浦島太郎もチョイ役でしかないのかも知れません。サイトを立ち上げたのですね。展開を見守りたいと思います。高橋大輔