物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

子供たちからのメッセージ
b0062963_13315786.jpg
秋田市立中央図書館明徳館で、小学校高学年~中学生向けに講演をした。
会場も準備も図書館員の方々の心温まる手づくりで、うらしまワールドが再現されて、とても楽しそうな雰囲気。そんな場作りにたすけられて、講演スタート。
まずは探検につかう道具を説明しながら、世界各地で撮影した写真とともに、みんなで世界一周をしてみた。
そのあと、本題は「うらしまたんけん」。昔話を架空のものと思い込まず、ウミガメといっしょに龍宮探しに出る探検を紹介しながら、探検についていっしょに考える一時間だった。

そんなわたしの講演に、子供たちからたくさんのメッセージが寄せられた。

「探検のことが、とてもわかりました。夢はど力すればかなうということのすごさなど、いろいろべんきょうになりました。これからもがんばってください」

「高橋さんは、探検が好きで、それで探検家になったといっていますが、それはとてもすごいことだと思います。探検にはあらゆる要素が必要だときいています。それをクリアして探検家になるのは尊敬します。もっといっぱい探検して、ぼくたちに夢を見させてください。僕も遊び心を忘れないで応援します」

「探検家になるには体力や知力、ほかにもおとぎ話を信じるのが大切なんだなと思いました。まよった時のちえなどがとくにとくにおどろきました」

「世界じゅうをまわってすごい!あとうらしまたろうを信じられるか?とかは夢中になってきいていました。道具もかっこよかったです。命は大事にがんばってください」

「高橋先生はいろんな旅話を聞かせていただきありがとうございました。ぼくはうらしまたろうの話でぼくはそんなことはおきないと思っていたけど、話の流れでそんごくうのことやVTRをみてやっぱりそういう事はおこると思っています。今日は楽しい話をありがとうございました」

そのほかにもたくさんのコメント、ありがとうございました。わたしもみなさんからパワーをいただきました。

講演を終えて、職員のいる事務室にもどると、壁には「一期一会」と言葉があった。

2005年、暑い夏の日の出会いのことは、わたしも忘れません。

(写真:開場前の会場。壁面をウミガメが泳いでいく・・・)
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-04 13:40 | メディア | Comments(2)
Commented at 2005-08-10 02:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by born_to_explore at 2005-08-10 09:54
ポスたんチラたん壁たんさま お疲れ様でした!図書館は本を借りるところですが、マルチメディア、クロスメディアの時代、本を起点に何か楽しい情報が発信される場所というような広がりがこれからのあり方の一つかもしれませんね。探検というとこれまでのイメージでは、図書館とは無縁のものだったと思いますが、今回は「探検家が図書館に頻繁に行き来している」という事実が、講演会参加者にも新鮮に受け止めていただけたとしたら、中には図書館が実はもっともっと面白い場所なんだとスルドク見抜いた方もいらっしゃったのではと思います。明徳館が市民に愛される場所として、本を読む場所だけではなく、アイディアが練れる場所になっていったら最高ですね。でもそれを実現するのは、楽しそうな「美術」が欠かせないですね。わたしもまたそんな楽しそうな雰囲気に誘われつつ、明徳館を利用したいと思っております。よろしくお願いします。高橋大輔