物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

表紙の裏舞台
b0062963_9285641.jpg『浦島太郎はどこへ行ったのか』(新潮社)
何といってもまずはこの表紙のカバー写真に目を惹かれる方も多いのではないかと思う。
カメの背に乗った浦島は一路、龍宮へ。何やらきらびやかな御殿が見えてくる。そんな浦島の感動を追跡した著者は、カメの背に乗り、空と海が重なり合う水平線を見つめる。

この写真が撮影されたのは、兵庫県豊岡市にある水族館、城崎マリンワールド。(ここをクリック!)大きな石造のカメのオブジェが海辺に横たわり、その背後には龍宮が再現された後ヶ島が浮かんでいる。はじめてここに立ったとき、わたしは直感的に「表紙だ!」とピンときてしまった。

そこで三度目の訪問のとき、同行していたウミガメ学徒の石原孝さんにお願いして撮影をすることになった。まずは石原さんにウミガメの背に座ってもらって、わたしがデジカメで撮影。撮りたい構図を伝え、打ち合わせの後、スチールカメラでおよそ70カットほど一気に連写していただいた。

b0062963_9303696.jpgこの日はウミガメに発信機を取り付けた追跡調査を行なうために駆けつけた日本ウミガメ協議会(ここをクリック!)の島さん、助手として参加の石原さん(現在東京大学の大学院でウミガメを学んでいる)とともに城崎マリンワールドで職員(当時)の竹田さんと合流。





浦島太郎を旅すると、ウミガメ関係者と出会い、浦島ワールドはどんどん開けていった。

だからこのカットは、そんな現場の空気感まで凝縮された貴重な一枚でもある。

(写真下:左から島さん、竹田さん、探検家、石原さん)
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-30 09:37 | メディア | Comments(2)
Commented by JACKBLACK at 2005-09-01 12:24 x
浦嶋本、買いました。ブログに書かれていた謎がこの本で解き明かされるのですね。(買っただけでまだ、読んでいません)
Commented by born_to_explore at 2005-09-01 22:07
JACKBLACKさま 旅に出ると、それが次の旅に連鎖し、人に会い、本を読み、土地の精神みたいなものに触れ・・・その時々、感じた自分のの興奮を伝えたくて、一気に書き上げました。ゼヒ読後にはご感想など!髙橋大輔より