物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

天声人語と春秋
一昨日発表したロビンソン・クルーソーの住居発見の報道が、本日9月17日、新聞朝刊の時評にも採用された。
朝日新聞の「天声人語」と日本経済新聞の「春秋」。

全地球的な規模で、時代の大きな転換期にある現在、ロビンソン・クルーソーが語りかけてくる意味についての一考察。
ぜひ各紙を直接お手にとって、お読みいただきたい。

今回発見した実在したロビンソン・クルーソーの遺跡が、現代のわれわれに何を語りかけているか?
皆さんならどう、考えますか?
今後、各マスコミのインタヴューで、一探検家としてわたしもそのことについて述べていきたいと思っております。
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-17 14:14 | メディア | Comments(8)
Commented at 2005-09-17 23:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cyber chef at 2005-09-18 03:21 x
>ロビンソン・クルーソーの遺跡が、現代のわれわれに何を語りかけているか?

凝縮すれば、
主観的にも客観的にも、

『最も辛い経験が、最高の成果をもたらす』

ってことかな?
Commented by born_to_explore at 2005-09-18 09:15
奥山文男さま お久しぶりです。明治大学時代は、植村直己さんの不撓不屈の精神にインスパイヤされていました。高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2005-09-18 09:24
cyber chef さま つらい経験と最高の結果が紙一重であることは、なかなか見えにくいことですが、それを知れるか、知れないか、そこですね。高橋大輔
Commented by 奥山文男 at 2005-09-19 21:03 x
高橋大輔 さま
お返事ありがとうございました。私にとって今回の活躍が刺激になっています。いま、ロビンソン・クルーソーを探して」を読んでいます。また、日曜日の日経では「浦島太郎はどこへ行ったのか」が紹介されていましたね。注文したので、読んでみます。
Commented by Oyu at 2005-09-20 00:23 x
>今回発見した実在したロビンソン・クルーソーの遺跡が、現代のわれわれに何を語りかけているか?

ずっと考えてましたが、出た答えは月並みでした。
一歩を踏み出すことと、あきらめないこと。
私にはそう思えます。

遺跡と、高橋さんの偉業、両方から同じことを学びました。


Commented by born_to_explore at 2005-09-20 07:30
奥山文男さま 物語は今まで、どこか脇へ追いやられていたように思っています。でも語りかけてくるメッセージは、時に、われわれが学校で学ぶ歴史以上ではないか・・・と思うのです。高橋大輔
Commented by born_to_explore at 2005-09-20 07:37
Oyuさま そうですね。セルカークの小屋跡を見つけた時、それがあまりにも簡素だったので驚きました。かれはその島からすぐに救出されることを信じていたのだと、その遺跡から彼の気持ちが透けて見えてくるようでした。一歩を踏み出すこと、あきらめないこと、たぶんそのベースとなったのは、希望を持ち続けること、わたしはその大切さにも思いをいたしております。髙橋大輔