物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

海外探検三重苦
b0062963_17415245.jpg
 先日、東京に出かけたとき、清澄庭園を訪れた。かなり古く、もはや崩壊しかけてはいたが、三猿の石造を見かけたので写真を撮った。みざる、いわざる、きかざる、その本来の意味は、子供のときは悪いものに対してそうしておいたほうがいい、といういわば教育上の教え。しかし大人の世界にも十分通用する。ちなみにわたしなどはこれを見ると、海外探検三重苦を連想してしまう。すなわち・・・。

 一、外国に単身勇んで乗り込んだはいいが、現地の言葉がからきし話せない。
 二、ましてや相手が何を言っているのか聞き取れもしない。
 三、さらには、文献を渡されても、読めやしない。

 一体全体、それで探検はできるのかと思わず不安になるほどの困難だが、探検プロジェクトの大方はまずそんなあたりから始まるのだ。わたしにはわたしの三猿。人には人それぞれの三猿があっていい。
[PR]
by born_to_explore | 2007-02-22 17:43 | 探検について | Comments(6)
Commented by せっちゃん at 2007-02-23 16:57 x
「海外探検三重苦」思わず笑ってしまいました。高橋さんとしては笑う所ではないのでしょうけど、あまりに的を得ていたものですから・・・すみません・・・歩き回らない様にドクターストップされている私にとっては、ここのブログも目の毒かもしれません・・・でも、これからも在宅ツアー楽しませてもらいます!
Commented by at 2007-02-23 17:27 x
せっちゃんと同じように笑ってしまいました。そうかあ、高橋さんでもそうなのかと。なんとなく、どこでもOKというイメージがありました。ちなみに私は、最初引っ越してきたとき、外国人といわれました。それは、言うことなすことが全く違っていたからのようですが、私は私で、早口の言葉が聞き取れずに、むやみに意味もなく笑っていました。今では、立派に島の人間ですが。
Commented by born_to_explore at 2007-02-24 07:53
高橋大輔です

せっちゃんさま
世界への探検はまさに三猿を求めに行くようなものです。珍しい猿を求めて・・・という感じ。

海さま
「どこでもOK」というイメージとのことですが、実際はいつも「KO寸前」のわたしです。
Commented by イケ at 2007-02-24 17:04 x
スタート時のいろんな困難が冒険の醍醐味なのでしょうか?
日々の暮らしでも困難を解決していくことに嬉しさを感じます。
その究極が冒険かもしれないですね。
うらやましい気がします。
Commented by 宮ちゃん at 2007-02-24 23:40 x
三猿は 日光が有名ですよね。ここ二年間、私は六年生の担任ですので修学旅行の際東照宮で見ていますが、ちょっと調べてみたら、三猿(三匹の猿は、遠くエジプトからシルクロードを経て伝わったそうですね。また、もう一匹加えて、四猿となる場合があるそうです。「しざる」の意味は、「姦淫をしてはいけない」ということらしいです。大輔さんは、知っていましたか?あと、2月26日は 間宮林蔵の命日なんですね。
Commented by born_to_explore at 2007-02-25 22:46
高橋大輔です。

イケさま
困難は何事にもつきものですが、その先にはかならず成功(いいこと)があると思います。

宮ちゃんさま
四猿は現物をまだ見たことがありません。世の中には五猿も六猿もいそうですね。