物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

探検ルポルタージュ
b0062963_12101962.jpg

マイナス30度、全てを凍らせる1月のサハリン島から、
蚊の大群が待ち受ける9月のアムール川まで。
大河アムールでは乗っていた船のエンジンが故障、漂流するはめに。
シャベルを櫂に七トンある船を漕ぎ進めて脱出を試みるが・・・。

10年に渡って追跡してきた探検家間宮林蔵の足跡。当ブログでも探検の一部を衛星携帯電話を駆使してリアルタイムに伝えたが(2006年9月)、その探検ルポルタージュが7月2日(月)いよいよ中日新聞(東京新聞他含む)で連載スタート!

タイトルは『探検家の北斗七星(セブンスターズ)~間宮林蔵は何を発見したのか』
間宮海峡の発見者として知られる江戸時代の探検家間宮林蔵だが、探検記を水先案内役として足跡をたどっていくと、やがてわたしは彼が旅に求めていたものが決して地理的な発見だけではなかったことを知る。彼が出会ったのは北に暮らす七つの民族、輝ける北斗七星のごとき北方民族だった。そんな林蔵の探検には未来へと通じる意義を見出すことができた。自身の旅を縦軸、林蔵の探検を横軸に据えて、時代、空間、文献、古地図を縦横無尽に旅した探検のルポルタージュ。

掲載エリアは限られますが、手に取ることができる方は、ぜひ時空を超えた探検へごいっしょに!

掲載新聞
中日新聞 愛知県 岐阜県 三重県 長野県 福井県 滋賀県
東京新聞 東京都他首都圏エリア
中日新聞 静岡県
北陸中日新聞 石川県 富山県
日刊県民福井 福井県

各紙とも夕刊の文化面。日曜日、祝日と一部の土曜日を除く毎日掲載。
7月2日(月)から9月22日(土)まで3カ月間。

(写真は第一回目のモニター原稿。著者校正用に新聞社から送られてきたFAX)
[PR]
by born_to_explore | 2007-06-29 12:22 | メディア | Comments(6)
Commented by at 2007-06-29 17:02 x
エリアが違うので、一緒に探検できないのが残念。3カ月間、毎日とは大変ですね。月1回の公民館発行で頭を悩ましている私には、到底考えられないことです。みなさん、ワクワクして待っていることと思います。頑張ってください。
Commented by born_to_explore at 2007-06-29 17:53
海さま いつかは長崎の新聞でも探検ルポルタージュをと思っています。高橋大輔
Commented by mari at 2007-06-30 05:18 x
いよいよですね^^頑張ってください。。
駅やコンビにで手に入れれば見られますか?
是非読んでみたいです♪
Commented by born_to_explore at 2007-06-30 17:25
mariさま
夕刊ですのでお間違えなきよう。よろしくお願いいたします。
高橋大輔
Commented at 2007-07-04 23:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by born_to_explore at 2007-07-05 12:29
zennariさま いつかは本にしたいと思います。高橋大輔