物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:漂着メッセージ・ボトルの追跡( 15 )
1本のワインボトルをめぐって世界が回転する
b0062963_22214088.jpg


漂着ワインボトル追跡。
昨日、調査は振り出しに戻ってしまったと書いたら、さっそくアメリカ在住のhappy-camperさんから、激励メッセージが届いた。私自身、カリフォルニア州の土地勘が乏しいので、追跡調査上、こんなアドヴァイスはとても役に立つ。そのメッセージとは・・・

『こんにちは!お元気そうで何よりです。レッドウッドワイナリーについてですが、
カリフォルニアにはレッドウッドという地名はたくさんあります。私の昔住んでいた近くにも、
レッドウッドシティーという町がありましたし、レッドウッド国立および州立公園もあります。
ということで、レッドウッドヴァレーからの返事が思わしくなくても、
まだ沢山レッドウッドワイナリーの可能性はあると思います。』

このメッセージに勇気を得て、追跡開始!

まずは、ワインの名前にもある、”REDWOOD”をインターネット検索してみる。
すると、この「レッドウッド」はじつにくせもので、happy-camperさんの指摘の通り、国立&州立公園をはじめとして地名はたくさんあるし、さらには英語で、redwoodといえば、セコイアという木の名前をさしている。だからサイトの中には、redwood wineryという固有名詞ではなく、「セコイヤが生い茂るところにあるワイン農園」を意味するものが見受けられる。

これではラチが開かないと、ワインの銘柄を検索するサイトを探してみたら、
ワインアクセス・コムにたどり着いた。
ワイン名を入れて、検索できるという優れサイト。
さっそくredwood で検索したら、
何と43本のヒット(その結果はこちらをクリック)。
しかし残念なことに、お目当ての"REDWOOD WINERY"は見つからなかった。

そこでやはり基本に立ち返り、"REDWOOD WINERY"で検索し、1つ1つ細かく見ていくことにした。
すると「カフェ・オン・ザ・グリーン」(クリック)。というゴルフコースを見下ろす、何とも気持ちのいいレストランのサイト(アメリカ・コネチカット)に行き着き、
そのワインリストにその名も、”REDWOOD WINERY Jack Rabbit Flat"というワインを発見。(クリック)。

そのワインの出所は、Zinfandel, Amador Country。
そこはやはり、アメリカ、カリフォルニア州。
迷わず追跡すると、アマドール・ワイン・カントリーのサイト(クリック)というもののちゃんとあった。

そのサイトの管理者ジル・マーフィーさんにさっそく、"REDWOOD WINERY"について尋ねる質問状とともに漂着ボトルの写真を添付してメールした。

ダメモトでも、どんな答えか待ってみたい。

世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-15 15:16 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
武田助教授の見解
漂着ボトルの追跡。

アメリカ、カリフォルニアからメッセージが届いた。
レッドウッド・ヴァリー・セラーズのダーリン・セヴァンさんからの調査に対する返答は
短くこう綴られていた。

Hello,
I have been asking around and no one seems to know who Redwood Winery might be. I'm sorry I couldn't be more helpful.
Darlene Severn

こんにちは
周囲の人に尋ねてみたけれど、結局、レッドウッド・ワイナリーというワインについては誰も知っている人はいないようです。これ以上のことはできなくて残念です。
ダーリン・セヴァン

ワインボトルの追跡は、振り出しに戻ってしまった。

一歩後退と思ったら、takaさんから追加情報が届いた。
メッセージボトルの解読に関して、富山大学の武田助教授からの見解だった。

見えにくい部分には想像力を働かせていただきつつの難解な解読。
届いたこの情報をもとに、原文と照合すると下記のようになる。

b0062963_205026100.jpg

*здоровье!(=健康)наше(=our) ваше(=your)

つまり、日本語の意味は、「あなたたち、われわれ、お互いの健康を祈って」ということになろうか。

意味不明の3行目とともに、さらに解読を試みたい。と同時に、ボトルの追跡もさらに続けて行こうと思っている。

またこの場を借りて、武田助教授にはお礼申し上げます。ありがとうございました。
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-14 13:28 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(3)
追跡調査は難航
b0062963_1356219.jpg

1本のボトルに入れられて海を漂ってきたメッセージ。
ロシア語で書かれたメッセージについては、6月1日に解読を試みたとおり(クリック)。

ところが、解読されたメッセージとは別に、ワインの染みによって失われた部分があることが確認された。その失われた3行は、解読に携わってもらったtakaさんの指摘によって明らかにされたものだが、幸いメッセージ・ボトルを発見した竹田正義さんが、その部分をトレースしてくれていた。

さっそくわたしは再びtakaさんと、その失われた3行を新たに加えたメッセージ全体の解読を始めた。ところが解読作業は難航を極めている。

takaさんのロシア・ネットワークを通じて、ネイティブのロシア人にもみてもらったのだが、
サンクト・ペテルスブルグのコンタクト先からは、こんなコメントが返ってきた。

「全く何が何か分からない。メッセージも意味のないものだし、ロシア人が書いたのではないのでは?」

ロシア人さえ読めないものを、はたしてロシア語のメッセージと言えるだろうかかと懐疑的になるが、しかし、確実に一部はロシア語であり、その他それは、英語でも、中国語でもハングル語でもないのである。

そこで、公開解読に乗り出すことにした。
わたし自身、takaさんの協力もあおぎながら、もう少し粘ってみたいと思うが、
同時にもし誰かロシア語がわかる方が近くにいらっしゃるようでしたら、情報をお寄せいただければと思います。

ところでメッセージだけではく、ボトルそのものの追跡もしている。(以前の記事・クリック)
先々週、アメリカ・カリフォルニアのワイナリー「レッドウッド・ヴァリー・セラーズ」から追跡調査に協力に旨のメールをいただいたが、あれ以来まだ音沙汰は無い。
その後どうなっているか、ダーリン・セヴァンさんにメールを送ってみようと思うが、すぐに見つからないところをみると、それは最悪、カリフォルニアワインでない可能性さえ・・・!?
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-13 13:57 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
伝説の交差点
b0062963_14175484.jpg
これまで、日本海に漂着した1本のメッセージ・ボトルをもとに旅をし、考えを深めてきた。
そこではさまざまなかたちをとりながらも、人と海とのかかわりがまるで影絵のように展開した。

「木を見て、森を見ず」という格言があるが、これまでのわたしはどちらかといえば大局的に森を見てきた。するとぶつかりあう南北2つの海流にもてあそばれるまま、漂流ボトルは北方ロシアから、ココナッツは南海からいずれも日本列島のちょうどまんなかに位置する丹後半島に流れ着いたのだった。




ところが視線を森から、木に転じたとき、そこでわたしはもっと驚くことになってしまった。

b0062963_14103187.jpg


丹後半島は、現在追跡中の浦島太郎、その最古の伝承地である。
ひょっとすると、浦島太郎がこの地に伝わっているのは「偶然」などとは言い切れない奥深い因縁があるのではないか・・・?

そしてさらに興味深いのは、その沖合いには日本のアトランティス伝説のひとつに彩られた沓島(くつじま)と冠島(かんむりじま)が浮んでいる。2つの島は現在、無人島だが、そこはかつて海人族(かいじんぞく)の拠点として栄えた土地が海没してしまった名残だという。

この探検ブログでは、海外でのロビンソン・クルーソー追跡(チリ)のほかに、国内では浦島太郎、日本のアトランティス、漂着メッセージボトルを追跡することにしてそれぞれ独立して調査をすすめてきたのだが、なんということだろう、気がついてみれば、わたしは今、それら国内の3テーマがダイナミックにぶつかり合う交差点に立っているのだった。

いったいここには、どんな秘密が隠されているのだろう? 

好奇心が無性に揺さぶられる。



(写真:伝説と伝説がダイナミックに交差する丹後半島、浦嶋伝説の現場、伊根の本庄浜にて。夕暮れ、流木を友として)

世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-12 14:30 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(2)
漂着物コレクション わたしの場合
b0062963_141323.jpg



海への旅。楽しみのひとつは、浜辺を歩くこと。

出かけるたびに、新しい出会いと発見があって、拾ってきた漂着物のコレクションも増える一方。

でもひとつひとつは思い出とともに、潮騒の音や潮のかおり、あるいは海の青さをよみがえらせてくれるから、時に取材のために書きとめた日記やメモ以上の存在。本や雑誌の原稿に向かうとき、それらを手に取り、構想を練ることもしばしば。

もちろん旅の途中、それを拾った日の夜は、決まって浜辺の民宿の卓に広げて、地酒をちびちびとやりながら、ためつすがめつ。
白いサンゴによく映えるのは、べにいろの貝がらや、茶碗の唐草文様、透き通るギヤマンの青い輝き。
宝物を得た海賊のような気分・・・龍宮へ行った浦島太郎の思い・・・ほろ酔いの中で、様々な場面が幾重にも展開し、まるで千夜一夜のごとく物語はつむぎだされていく。

それがなんとも楽しくて、やめられなくて、海へ出かけ続けている。

写真はわたしのコレクションのうち、石垣島(沖縄県)、甑島(鹿児島県)、丹後半島(京都府)の漂着物コラージュ。左上オレンジの浮きは、中国から流れ着いたもの。その右上の茶色いのはココナツの殻片。写真左下のサンゴは石垣島から。右上のオウムガイは丹後から。茶碗のかけらは、どれも波に洗われるうちに角がとれて、すべすべ、つるつるで手にやさしくよくなじむ。中央のサンゴの上の青いギヤマン(ガラス片)は、甑島の白砂の上で燦然と輝いていた。
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-11 14:05 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(2)
漂着物学会
海岸を歩くと、意外な宝物を見つけることがある。

貝殻、流木、木の実、茶碗のかけら、中国語やハングル文字の書かれたライターや浮き、
時にはメッセージボトルや、まれにウミガメ、クジラ、漂着船・・・。

それはまったく、趣味の世界のことだろうと思っていたら、何と
それを学問にしてしまった人たちがいる。

その漂着物学会ではホームページを作成、公開(クリック)していて、なかなか面白い。

海岸で漂着物を探すことは、ビーチ・コーミングというらしい。「髪に櫛をかけるように海岸を歩く」という意味になろうか。

漂着物学会のホームページでは、WEB版の漂着物事典でこれまでどんな漂着物が見つかったのか、まるで図鑑をみるように紹介されていて、メッセージボトルについては3例紹介されている。
中でもアメリカのブライアン君が流した瓶については、その顛末が学校の教科書にものったそうだ。(→どなたか、その教科書のことをご存知の方はいらっしゃいませんかね?)
WEB漂着物事典の漂着瓶についてはこちらをクリック


わたしはメッセージ・ボトルに関連してさらに情報を求め、漂着物学会に問い合わせをしてみた。

*これまで、どのようなメッセージボトルが漂着したのか?
*ロシアからのものも多いのか?
*メッセージ・ボトルの発信者を突き止めることに成功した例は?

するとさっそく学会の大渕達治氏からお返事をいただき、メーリングリストを通じて、何かを知っている人から情報を寄せていただくよう呼びかけていただいた。
そのメッセージはこちらをクリック

どんな情報が集まるか、少しドキドキする。
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-10 11:08 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
漂着ボトルの旅路
1本の漂着ボトルをもとに考えを深めてみると、日本海の知られざる一面がみえてくるようであった。

この海では、北からの流れと南からの流れが互いにぶつかりあい、せめぎあっている。
それは予想以上にダイナミックなものだ。

たとえばこれまでみてきた東西に伝わる鬼について。
秋田の人はナマハゲを北からの漂着ロシア人と関連づけて考えた。
ところが長崎では、はるか南方、中国・福建の海賊が正体だと見た。
ともに仮説ではあるが、ともに鬼を異人と見て、自分たちが見つめるそれぞれ海の方向の異人を鬼に仕立てている。
しかし東西で異なるはずの伝説は、同じモチーフなのだ。
ということは、やはり、鬼ひとつながめてみても、日本海では北と南からの要素がいりじまじり、そしてそれらがひとつに解け合っているのだということがわかる。

北と南が重なって、ひとつのものになるところ、わたしはそのプロセスや現場にこそ「日本」あるいは日本の「本質」というものを見出せるような気がしてならない。

海流がダイナミックに交差する日本海。
その荒波を乗り越えて日本に漂着した1本のボトルは、ボトル以上の存在ではないのか?
それでは、漂着ボトルはどのような旅路をへて、丹後半島にたどりついたのであろう?
ロシアから流されたと仮定して、その道筋を考えてみた。

b0062963_12283595.jpg


ボトルはおそらく海流に乗って日本海を東西に行きつ戻りつしたのにちがいない。
まるで日本が生まれ、育まれた揺籃のごとくに。


世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-09 12:33 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
鬼とココナッツ
福見の鬼について、久賀島(長崎県)からさっそく追加情報が届いた。
地元の方から伝説を聞き取り中のわたしのスナップショットから、最近の福見の様子まで、たくさんの写真が久賀島公式ページで公開された。
鬼取材をした福見の様子はここをクリック

さて、秋田のナマハゲと、五島・久賀島の鬼伝説。
東西互いに、遠く離れたところに伝わるコケコッコー型鬼伝説だが、
もう少し突っ込んで見ていくと、違いもある。
それは、「鬼の正体」に関する解釈。

秋田のナマハゲは、諸説ある中で、漂流したロシア人にルーツがある、ということはすでに見たとおりだ。
それでは五島・久賀島はどうか?
面白いことに、鬼とは「海賊」のこととあり、伝説が伝わる福見はその昔、もともとの「福建」から改名した地名であるという。ということは、その鬼こそ、中国、福建から渡って来た中国の海賊であるということになろうか?

ここで海流を見なければならない。沖縄から南西諸島を通って北上してくる海流は、九州の南で二手に分かれる。一方は太平洋岸をなめるように東へ走り、もう一方は東シナ海を北上して、日本海へと入り込む。

b0062963_13273369.jpg


この図からもわかるとおり、海流は中国の福建をかすめるように通っている。
久賀島の鬼は、海賊であり、福建(福見)であるというが、この対馬海流はその伝説の正当性を無言のうちに裏付けているようでもある。

確かにこの対馬暖流、メッセージボトルが打上げられた丹後半島の箱石浜には、ココナッツの実まで押し流してきた。そこはココナッツとは無縁の冷涼な日本海。(写真:南海から日本海・箱石浜に漂着したココナッツ。竹田正義さん提供)

b0062963_13292759.jpg




されば、鬼もまたココナツと同様に南方からやって来たものだろうか?


b0062963_13322425.jpg


謎は深まっていく。いやァ、これはたいしたナゾだ!



世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-08 13:41 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(3)
コケコッコー型鬼伝説のゆくえ
長崎県、五島列島。
まるで青い山々が碧海に散りばめられたように点在している群島。
そのひとつに久賀島がある。
久賀と書くが、「くが」とは読まず、「ひさか」と発音する。
現在島民は約600人。

b0062963_13334525.jpg


かつてあの空海(弘法大師)も、修行のため唐の都、長安に出かけた際、
遣唐使船で久賀島に立ち寄ったようだが、歴史が教えるように、そこは昔から海上交通の要衝として栄えた。

わたしが島を訪れたのは、現在調査中の沈んだ島伝説を調べるためだった。
出かけてみると、民俗の豊かさは今なお色濃く生き生きとして、福見という集落では、昔から伝わるこんな鬼伝説を教えられた。

「この久賀島に砦を築かせてもらうぞ」
やって来た鬼からそう脅迫された恵剣寺の住職は、こわごわながらそれを条件つきで許してしまう。その条件とは「明朝、一番鶏が鳴くまでに完成できるならば・・・」というもの。まさか鬼とはいえ、一晩で城砦を築くことなどできないだろう。住職は一縷の望みをそこに託したのだ。
ところが鬼は暗闇の中、ものすごい勢いで石を運んできた。まさに祈る思いで読経を続けていた住職だったが、石を満載した船が近くに迫ってきたことを知ると愕然とする。
そして「このままでは・・・」と、思わず「コケコッコー」と大声で叫んだ。
すると鬼たちは約束のことを思い出し、切り出した石を海中に捨てて去っていった。
福見沖の海底には今でもそのときの切り石がたくさん落ちているという。

b0062963_13351469.jpg



実に、興味深いではないか。
秋田のナマハゲと、長崎にある久賀島の鬼伝説。ともにコケコッコー型鬼伝説とでもいうべき、そのモチーフはピタリと一致している。
日本の東と西に残る2つの伝説は、いったい何をわれわれに語りかけているのだろう?

(写真: 海の波間に山のスカイラインが重なるようにおおいかぶさる、この絶景が久賀島の鬼伝説を生んだのか?)

久賀島に伝わるコケコッコー型鬼伝説のページ

久賀島の公式ページ

世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-07 13:05 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
ナマハゲを追う
ナマハゲ漂流ロシア人説、まことしやかなその説を確かめるために、
わたしは一路、秋田県男鹿半島へと向かった。

b0062963_13303387.jpg


険しい表情をした岩浜が続く男鹿半島は、その景観さえもが伝説に彩られているかのようだ。

ナマハゲの伝承地もいくつかあるが、その中のひとつ赤神神社へと出かけてみることにした。

b0062963_1391474.jpg


山の中腹にある神社からさらに上へ、999段の石段がのびている。
その上には5つの社殿が立ち並ぶ、五社堂がある。

b0062963_13103767.jpg


そこに伝わるのはこんな話だ。

鬼たちの乱暴に困り果てた人々は、ある日、話し合いの末、鬼とのこんな賭けに出る。
「山の上にある赤神神社の五社堂まで、1000段の階段を作ってくれ。もし一晩のうち、一番鳥が鳴く前にできたならば、望みどおり毎年、娘をひとりずつ差し上げる。
しかしできなければ、二度と村には姿を現さないでほしい」
鬼とはいえ、一晩のうちに1000段の階段を作ることなどできないだろう・・・そう思っていた村人たちだったが、階段がたちまちできあがっていく様子を見て、不安になり、アマノジャクに相談した。するとアマノジャクは、あと1段で完成というその間際に、「コケコッコウ!」と泣き真似をした。
それに気づいた鬼たちは、驚き、また怒り狂って姿を消し、以後人々の前に姿を現さなくなった。村人たちは、鬼を祀り、それがナマハゲの起源となった。
五社堂までの階段が999段なのには、こんな由来があるという。

ナマハゲ、ロシア人説を求めて、999段の階段を登ってみたわたしだったが、そこでこの伝説に出くわすと驚きのまま、そこに棒立ちとなってしまった。
「こんなことがあるものか・・・」
というのも、わたしはこれと全くおなじモチーフの鬼の話を別の場所で聞かされたことがあったのである。しかもそれは、ロシアとは全く逆方向、かつて訪れた長崎県五島列島のひとつ、久賀島であった。

赤神神社の公式ホームページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-06 13:18 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(1)