物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:浦島太郎プロジェクト( 29 )
講演会のお知らせ
 浦島伝承地のひとつ、愛知県知多郡武豊町で講演会をします。武豊町に取材で訪れたのは2003年12月。古くから浦島太郎伝説が伝わっているだけでなく、知里付神社には「開けずの箱」なども残っていて興味深い。取材の成果は拙著『浦島太郎はどこへ行ったのか』をお読みいただくとして、講演では武豊町に取材に行かなければたどり着けなかった、浦島のヒミツを話してみたい。講演タイトルは「探検の魅力」。時には危険な目に遭い、変な食べ物さえ出てくる旅のどこがおもしろいのかーー。自分はイヤだけど、話なら聞いてみたいという方、お近くにお住まいの方はぜひご参加下さい。要予約です。

b0062963_14285548.png


武豊町立図書館(こちらをクリック)
[PR]
by born_to_explore | 2016-10-08 14:31 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)
イラストレーターの堀千里さんを訪ねる
b0062963_18434536.jpg

今日は秋田市在住のイラストレーター、堀千里さんをおたずねした。お願いしていたイラストがついに完成したからであった。

はじめて堀さんのイラストをみたとき、わたしは木版画のような民芸調の素朴さ、描かれる人物の表情の天真爛漫さに心惹かれてしまった。

ちょうどこれからあちこちで講演活動を本格的に行なっていこうと思っていたので、さっそく堀さんに浦島太郎をベースとした講演用のイラストをお願いしにでかけた。

実際にお会いすると、堀さんはやはり物語がお好きとあって、まるでそこに花咲じいさんがやってきたみたいに話にも花が咲いた。

東京、京都と仕事で転々としたこの一週間のわたしだったが、堀さんから各地のホテル宛にイラストラフのFAXを入れていただき、ようやく完成。。

民芸調の天真爛漫さに加えて、彩色が素晴らしく、思わず絵物語の世界に引き込まれてしまった。イラストレーターもパソコンで絵を描く時代。しかし手描きを続ける堀さんのイラストレーションには、わたしが旅してきた物語の息吹が確かに感じられる。
講演ではわたしも物語が持つ手触り感を伝えていきたい。

これからわたしが各地の学校等で行なう講演には堀千里さんのオリジナル・イラストレーションが登場します。
[PR]
by born_to_explore | 2005-10-31 18:46 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(2)
浦島太郎展
b0062963_9375533.jpg「横浜で浦島太郎展が開催中!」と聞き、さっそく出かけてきた。これは横浜市歴史博物館の開館10周年を記念するもので、横浜のうらしまさんを始め、全国から絵本や人形などを集めて、ヴィジュアル的に浦島太郎の歴史的な背景を見ることができる企画。中でもこのブログでも紹介した横浜市慶運寺の亀乗浦島観音立像は十二年に一度、子の年のみにご開帳されるありがたい観音像で、今回は初めての博物館での公開ということになる。わたしも初めての対面で、じつに感慨深かった。また浦島太郎展では、横浜に伝わる浦島太郎伝説をもとに絵本を作成、販売している。図録も充実しているので、お近くの皆さんはぜひ。浦島太郎が少し旅できます。

b0062963_9382638.jpg
横浜を軸とした浦島太郎の展示会を楽しみつつも、いつか全国の浦島太郎伝承地を結んで展開する「髙橋大輔の浦島太郎インスタレーション(装置)」ができたらいいなあと思っている。TV番組化などを起点に、プロデューサー、クリエイター、絵本作家、イラストレーター、作曲家とのコラボレーション、展示会、古典芸能「うらしま」の公演、講演、むかしがたり、ツアーなどで「昔話浦島太郎」をまさに五感で体感できるようなアート&サイエンス・コンポジッション(学問と芸術の複合)。「物語を旅する」ことをいかに表現して一人でも多くの人と共有するか・・・探検家としては、そんな様々なアーティストやミュージアム・キュレーターとのコラボレーションの実現も将来の夢として、頭の片隅に置きながら旅を続けているのです。


よこはまの浦島太郎展のホームページ(こちらをクリック!)
[PR]
by born_to_explore | 2005-10-29 09:38 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(3)
ウミガメの人びと
b0062963_9395542.jpg
浦島太郎を旅すると、浦島ワールドが開けてくる。わたしは、そこでウミガメの人びとに出会った。大阪の枚方市には日本ウミガメ協議会(ここをクリック!)というNPO法人がある。会長は亀崎直樹先生。浦島を旅したら、日本ウミガメ協議会の存在を知り、亀崎先生と出会う。こんなことが現実にあっていいものか!正直そう思った。

浦島太郎を追跡して亀崎先生と旅を始めたころ、わたしはそれまで十三年間働き続けた広告会社を辞めて、探検家の道を歩み始めた。電車の中でそんなことを語ると、亀崎先生もまたかつてはサラリーマンとして働き、ウミガメ研究を成就させるために会社を辞めたのだということを知った。

もともとは浦島のウミガメ追跡のために飛び入りで訪ねていったのだが、見ず知らずのわたしをそっと受け入れてくれた亀崎先生にもそんなバックグラウンドがあったことを知って胸が少し熱くなった。

「社会からみたら、ウミガメをやっているのは少人数。でも探検家も少ないなあ」と言って亀崎先生は笑う。

しかし先生が代表を勤める日本ウミガメ協議会の研究は世界に通じている。ウミガメのことで世界各地を飛び回り、学会で発表し、アメリカのスミソニアン博物館とは共同で研究書を出版したり・・・。

自分のフィールドを信じて、世界に飛び出そう!

亀崎先生との出会いは、わたしにとって勇気100倍だった。

(写真:ウミガメ協議会にはユニークな日本の逸材が集まってくる。左から現代の浦島伝承地でウミガメを助けた竹田さん、探検家、亀崎直樹先生、そして南米コロンビアからの帰国子女で、当地のジャングル体験から自然派を自他共に認め、ラテンの陽気さも併せ持つ水野さん)
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-31 09:48 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(3)
浦島太郎に会いました!
香川県にも浦島太郎の伝承地がある。
瀬戸内海にはりだす三崎半島の詫間町である。

ここには浦島太郎の墓をはじめ、様々な伝承地が残されているのだが、何といってもユニークなのは実在の浦島太郎氏がいることである。
日本各地に浦島伝承地多くあれども、実在の浦島太郎と出会えるのはココだけである。

讃岐うどんの里には、浦島太郎がいる!なんともそれだけで楽しい気分となるではないか!

うどんをすすりつつ出かけてみたのはまだ寒いころだったが、訪ねていくとあごひげをたくわえ、髷を結ったその人は、分厚い名刺入れから、すっと1枚に抜いてわたしにくれた。

b0062963_1354836.jpg


それには「第3代目 浦島太郎 山田要」と書かれていた。

詫間町の文化大使というようなことになるらしいが、現実の浦島太郎はかなり忙しい。小学校などへ出かけてお話を披露するにとどまらず、海外にまででかけて浦島太郎を顕彰するのだという。

山田氏の後を継いで第4代浦島太郎になりたいという人が詫間町にはすでに何人かいるとのこと。

余生は浦島太郎になりたい、と願う方にはチャンスです。

(写真:左が第三代目、浦島太郎氏。玉手箱も見せてもらった。香川にうどんを食べに行く人はゼヒ浦島太郎にも会いに行こう!)
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-11 13:58 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(5)
浦嶋神社究極のご利益グッズ
b0062963_13403945.jpg浦嶋ファン、垂涎の浦嶋神社ご利益グッズ。

最終回はわたしが極めつけと思える逸品を紹介。

神社は民俗の宝庫である。

失われつつある地方の文化や習俗は、神社に吹きだまるように保存されてきた。

日進月歩、先へと進むことばかりを考えがちな日常の中で、ふと訪れた神社でみつけた1つの道具。

そこにわたしは土地の人びとが伝え、守り、そして育んできたものがあることを知る。

その土地にしかない、その道具。そこに人間の確かな存在感を見る思いがする。

人のぬくもりのようなものを感じる。

浦嶋神社で出会ったアンバリはまさにその一つだった。

アンバリは、網針のこと。海から帰った漁師がアンバリを使って漁網の補修、製作仕立てを行なうための道具のことである。

もちろん網針は丹後だけのものではない。しかし竹製の実物がいまだに製作され、さらには神社から豊漁祈願の願掛けがされたものは
ここ浦嶋神社だけにしかないのではないか。

漁師たちに豊漁をもたらす漁網、そして目立つことなくそっと豊漁を支えるその1本の網針。

そこに豊漁の根源を見失うことなく見据え願掛けの対象とする浦嶋神社。

そんなものと人、土地とが重なり合う接点にであったとき、旅をしてきてよかったな、と思うのである。

(写真:丹後のアンバリ。浦嶋さんの海上安全豊漁祈願。1本の何の変哲もない道具に大きな願いが込められている。そこが素敵だ)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-05 13:42 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)
浦嶋神社ご利益グッズ4

b0062963_13184427.jpg

浦嶋ファン垂涎の、浦嶋神社ご利益グッズ。

神への誓いは時として、酒を介して立てられる。

そして年一度収穫される米を醸した清酒を注ぐ器もまた、神聖なる神器とみなされてきた。

日本でよく見るのは三々九度の杯だろう。神前婚の儀式として、その杯が果たす役割は人の一生にかかわる。

もちろん古来、洋の東西を問わず、酒杯は聖杯とも考えられてきた。

特に名高いのがホーリー・グレイル。
イエス・キリストが最後の晩餐に用い、のちに十字架の下でキリストの血を受けたその伝説的な杯は、中世、円卓の騎士が捜し当てることを悲願としたが叶わぬまま、現在でも失われたまま。インディー・ジョーンズの『ラスト・クルーセイド』で観たことがおありの方もいるだろう。

その伝説の杯をめぐる探索は探検家の好奇心にも火を灯すものだが、
浦嶋さんの杯で酒を呑み龍宮を探し出す旅の計画を練ることも同じくらいスリリングなことだ。

b0062963_1318931.jpg


(写真:浦嶋神社の神聖なるお猪口。酒をみたし、ぐっとやれば、底に描かれた神亀が姿をあらわす。ほろ酔い気分で龍宮に思いをはせて呑み続けたら、ついには酔八仙に仲間入りしてしまった)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-04 13:24 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)
浦嶋神社ご利益グッズ3
b0062963_1323953.jpg浦嶋ファン垂涎の、浦嶋神社ご利益グッズ 第3弾。

ご利益グッズの王道あるいは定番、といえば何といっても、御札をおいて他にはなかろう。

この護符には災いを防いでくれるまじないと開運をもたらす招福の二つの神通力が託されている。

そのオールマイティぶりには、なんとも惚れぼれとさせられる。この威光の前では、やはり携帯用のお守りが果たす役割は小さく見える。考えてみれば携帯用お守りは、「学業成就」とか「安産祈願」「えんむずび」など特定の機能を果たすだけのものではないか。やはり授かりたい神徳は全てを網羅していたいものである。

というわけで、神社では迷うことなく、淀むことなく、バシッと1枚、御札を手にいれ、晴朗なる胸の懐にしまって帰路につきたい。

ちなみに浦嶋大神のご神徳は、縁結神、長寿神、魚業神、航海神、農業神、牛馬神、養蚕神である。



旅によし、豊年満作、大漁豊漁、着る物にも困らず、長寿、縁結と、これだけそろえば、人生もまた楽し。

(写真:浦嶋神社の御札。見よ、中央にまします浦嶋大神のりりしさを!)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-03 13:29 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)
浦嶋神社ご利益グッズ2
浦嶋ファン垂涎の、浦嶋神社ご利益グッズ。

絵馬に続いては、浦嶋神社の神亀。

神亀と書いて「じんき」と呼ぶ。

b0062963_1323485.jpg


浦嶋伝説といわず、亀は昔から神と考えられてきた。

鶴は千年、亀は萬年のたとえのごとく、長寿の象徴と考えられている亀。

特に、尾の部分に毛が伸びている亀は、蓑亀(みのがめ)と呼ばれている。

蓑亀はコケや藻が甲羅に付着した亀で、それが翁のひげを連想させることからも長寿のシンボリズムととらえられたのだろう。

ところで昔話『浦島太郎』のうち、玉手箱を開けた浦島が老人なるところで結末とはならない話をご存知だろうか?

その後日談によれば、浦島が鶴になって蓬莱山に飛んでいき、亀である乙姫と永遠に結ばれた、という。この話は室町時代ごろの『御伽草子』にのっているほど古いもの。

おめでたい鶴亀はそのころにまでさかのぼることができるのだろう。

(写真:浦嶋神社で入手可能な神亀。その美しいフォルムと霊験あらたかさに一目ぼれし、迷わず入手。じつにおめでたい)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-01 13:04 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)
浦嶋神社ご利益グッズ1
b0062963_1348761.jpg


浦嶋ファン垂涎の、浦嶋神社ご利益お守りの数々を紹介しよう。

まずは神社参拝に欠かせないものといえば絵馬。

この「絵馬」だが、馬は神の乗り物と考えられ、もともとは神社に白馬の神馬がつながれていたりした。

それが次第に簡略化されて板に描いた馬の絵となった。

そしてそれはやがて神に願いを届けるためのいわば通信手段となったのである。

浦嶋神社の絵馬にもいくつかあるが、何といっても定番は御神宝 玉手箱絵馬。

願いを玉手箱にしっかりとしまい、その開帳とともに神の到来と夢の実現を期すのである。

じつにめでたい浦島ならではの絵馬ではないか!

(写真:浦嶋神社に奉納されている亀甲文櫛笥(きっこうもんくしげ)をあしらった絵馬。本来は願い事を書いたら神社境内の絵馬所に納めるのだが、あまりの神々しさに思わず持ち帰り、自宅観賞用と相成ったのであった)
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-30 13:50 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)