物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:日本のアトランティス( 10 )
届けられた一通の手紙から

 2年前、長崎へ出かけた。ちょっとした集まりがあり、そこで講演をしたり、地元紙「長崎新聞」のインタビューに応えたりした。インタビューでは長崎での追跡調査について少し語った。沈んだとされる高麗島(こちらをクリック!)について、ほとんどの人はそれを伝説と捉えているし、現に長崎近海で島が沈んだという科学的な証拠もない。それでもわたしは日本のアトランティスのようなその話に底なしの魅力を感じている。いかなる伝説にも事実となった種があるはずだ、謎めいたその核心に迫ってみたい・・・。とはいえ現実的に、新聞のインタビューの場合それはあくまでも個人的な夢とか思いに過ぎない。
b0062963_1452547.jpg ところが後日新聞を読んだある人がわたしに宛てて手紙を送ってきてくれた。そこには高麗島が沈んだときに長崎県に逃げてきた人がおり、その人が建てたお墓が現存しているということが書かれていた。そして機会があればぜひ見て欲しい・・・。
 なかなか実現できなかったのだが、11月、長崎へ出かけることになった。長崎県立長崎明誠高等学校での講演。現代の高校生が地元に伝わる伝説をどう受け止めるのか、問題提起しつつ、2年前の手紙を追跡してみたい。

沈んだとされる高麗島についての以前の記事(こちらをクリック!)
[PR]
by born_to_explore | 2006-10-18 14:08 | 日本のアトランティス | Comments(4)
オーケストラが伝説を奏でるとき
b0062963_14281875.jpg伝説は音楽でどこまで表現できるか。

京都在住の作曲家、平野一郎氏がついに丹後半島沖に沈んだ楽園、凡海郷(おおしあまのさと)をモチーフとしたオーケストラ曲を完成した。

平野さんとは、冠島の雄嶋参りでいっしょになった。わたしはもともとクラッシック音楽はよく聞くほうだが、それまで作曲家に出会ったことはなかったので、伝説に取材して曲を作ろうとしている平野氏との出会いは印象的でもあった。

特別にお送りいただいた『かぎろひの島』CD(写真)をさっそく聞く。

ダイナミックな景観が時空を超えて目前に展開するスケール感のある構成で、そこに雄嶋参りの太鼓や笛の旋律、波のうねる様が重なり合い、伝説の不可思議さ、あるいは謎めいた島影を水平線に見つめるときの興奮や不安といった人の感情の機微までもが美しく編みこまれている。

「伝説と祭礼に触発され、水底に沈んだ世界の残照を探ろうとした」と自筆コメントが添えられているように、西洋音楽で日本古来の伝説や民俗の断片、あるいは歴史の奥深さを追跡する平野さんの活動はユニークである。

しかしこの曲が第27回日本交響楽振興財団作曲賞最上位入選・日本財団特別奨励賞を受賞したことからもわかるとおり、新たな境地はここについに開かれたのである。

平野氏の作品は、来る9月11日(日)1530~開演 神戸新聞松方ホールにて行なわれる堤聡子ピアノリサイタルで『水底の星』が初演される。神出鬼没なわたしだが、もしその時期、その辺にいるようであれば聞きに出かけてみたいと思っている。
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-18 14:32 | 日本のアトランティス | Comments(0)
秘祭、ナゾは解けた!
普段は立ち入り禁止の無人島。

しかし年に一度、大漁を祈願して渡ることが許されている祭りの中身は、大盤振る舞いの酒宴。

いったいこれはどういうことだろうか・・・?

島からもどり、上陸していたわずか数時間のことを思い起こすにつれ、素朴な疑問は深まっていく。

あれはピクニックだったのだろうか・・・祭儀も祈祷もそこそこに直会(なおらい)へと移ったそのイメージからすれば、そう見えないこともない。
しかしどんな祭りにも「意味」というものがある。そして奇態と映る神事の行為は何かを真似たものであることも、他の多くの祭事を見ると明らかだ。
b0062963_10373594.jpg
わたしは手がかりを求めて、舞鶴市郷土資料館を訪ねた。するとそこで「雄嶋参り」にまつわる資料を検索することができた。

もともとここにある神社の名前は「老人嶋(おいとじま)神社」。

なぜ老人なのか?その縁起を調べてみると、伝説では冠島と沓島の守護神は十一面観音。

そして何と、それに脇待しているのが浦島太郎とある!

また冠島は「常世嶋」とも呼ばれていて、雄嶋参りとは年に一度の常世嶋参りでもあった。

雄嶋参りには他にもいろいろな神、伝説が複雑にからんでいるために、解釈も一筋縄では行かない面がある。

しかし、老人、浦島太郎、常世、そして酒宴と来れば、そこに秘められているものがあぶりだされて見えてくるようではないか。

年に一度、常世にわたり、食べきれない料理を前に酒宴を行い、そして帰還する。

この祭りには浦島太郎の体験を真似ることにより、神界とのつながりを深め、幸多かれと願う、祈りがこめられているのではないか?

雄嶋参りをめぐる様々なものは1本の線上に浮上し、そしてついに、わたしは謎が解けていくのを目の当たりにした。

それは伝説と民俗の接点を、自らの旅によって見出した瞬間でもあった。

(写真:冠島と遠くに浮かぶ沓島。常世嶋とも考えられ、浦島太郎の疑似体験祭儀の舞台となるこの島は、やはりかつては楽園の一部だったに違いない)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-11 10:42 | 日本のアトランティス | Comments(0)
無人島酔夢伝
失われた楽園伝説に彩られる冠島。

年に一度という雄島参りに参加したものの、伝説の無人島は一大酒宴の舞台と化した。

まさに酒池魚肉林のごとく、人びとは酒を酌み交わし、魚を食らい、歌も歌わず、踊りも踊らずひたすら呑んだ。

無人島の秘祭を見に一念発起して島に渡ったわたしであったが、そこはさすがに無人島。

一度渡ったが最後、そうおいそれとは逃げられるものではないのもまた無人島であった。

こうなれば、わたしもその秘祭の掟に従うまでである。

と、男らしく腰をすえようと決心しかけたとき、宴はいきなり終了。

人びとは帰り支度をはじめ、船に乗り込み始めた。

わたしも慌てて船に飛び乗る。

ドンドンドン、ゴンゴンゴン。再び太鼓が打ち鳴らされ、そして人びとは無言のまま島を後にしたのである。

しかしその音色もいつしか力ないものになり、やがて波間に消えていってしまった。

b0062963_1185393.jpg

気がつけば、太鼓奏者は舳先でぐったり。太鼓の横で太鼓のように寝ていたのである。

秘祭とは、無人島酔夢伝のことであった。

(写真:太鼓をたたくうち、最後は自らも太鼓と化してしまうというこれが秘祭の秘儀なるや。けだし祭りの奥義か!?)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-10 11:11 | 日本のアトランティス | Comments(0)
そして秘祭は始まった
b0062963_1338222.jpg
禁断の冠島。年に一度の祭りに参加する漁師たちは、参拝者が全員そろったことを確認すると、おもむろに老人嶋神社へと向かった。そしておのおのが赤い幟を神社に奉納し、一拝。

ついに秘祭は始まったのだ!と興奮抑えきれず、わたしは固唾をのんで、事態を見守った。

いったい、ここからどんなことが繰り広げられるのか?

ここは失われた楽園伝説が語り継がれてきた無人島。
そのミステリアスなシチュエーション自体すでに奇祭の様相を帯びているではないか!

わたしはカメラのファインダー越しに熱い視線を向けた。

ところが、である。一拝、とともに祭儀はあっさりと終了。

皆は神社を後にして、テントが張られた石浜に戻り始めた。

そして誰が何かを宣言するでもなく、カンパイの音頭があるでもなく、酒宴はいきなり、出し抜けに、始まったのである。

いや、酒宴というのは正確ではないだろう。祭儀にかかわるゆえに、それは直会(なおらい)と呼ばねばならない。

しかし、祈祷もそこそこにはじまるそれを直会と言っていいものか・・・と呆然としていると、周囲から、ビールが渡される、魚の煮つけが回される、刺身の皿がやってくる、魚を豪快にぶつ切りにして作ったみそ汁がなみなみと椀に注がれて配られる。それにあたふたとしていたら、酒をもっと行け!つけものは!刺身をもっと食わんかい!汁はまだぎょうさんあるでえ・・・。

いったいこれは・・・などと疑問をさしはさむ暇もなく、わたしは、イカ刺を口にふくみ、汁をのみ、ビールをすすり、煮つけにかぶりつき、つけものをボリボリとほおばった。

気がつけば、無人島で、それらはわたしをめぐってぐるぐると回転していたのであった。


(写真:赤い幟が老人嶋神社に奉納される。祭りの始まりか、思いきや、それはまさに佳境であったのである。じつに奇態なる奇祭!)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-09 13:42 | 日本のアトランティス | Comments(0)
伝説島の秘祭
b0062963_13122625.jpgついに禁断の冠島に上陸を果たした。

海岸線には石浜が続くが、平坦なところは少なく、内陸に入るといきなり山が天に向かってそそり立っている。

海に張り出した山という感じ。ここが海に沈んだ伝説の楽園の残欠部分(かつての山か?)というのもうなずけるような地形。

果たしてこの禁断の島に渡って執り行われる秘祭とはいかなるものだろうか?

好奇心が揺さぶられるまま、わたしは上陸した一行の様子を脇で見ていた。

彼らはまじないの道具をどこから持ち出すでもなく、線香をたくでもない。

ましてや神衣に着替えるわけでもなければ(人びとの服装はまちまちでネクタイ姿の人がいたかと思うと、ジャージをはいたおじさんもいた)、はたまたそうかと思えば太鼓を再びたたきならしてシャーマンのように気勢を上げる風でもない。

神聖な祭りを感じさせる行為とは裏腹に、彼らは浜にいきなりテントをはり、そして火をおこして料理を始めたのである。

祭りか、さもあらずんば、ピクニックか・・・。

禁断の島の秘祭をめぐり、ナゾはさらに深まっていく。

(写真:上陸すると、人びとは口数少なげに粛々と、事にあたりはじめた。テントや料理、そして酒も並べられる。それらは秘祭を秘匿するための隠れ蓑か?はたまたそれが秘祭の赤裸々なまでの正体というものか?まったくわからんまま、わたしは呆然とシャッターを切った)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-08 13:16 | 日本のアトランティス | Comments(0)
ドドドンドーンと、禁断の島へ
b0062963_12584660.jpg立ち入り禁止の無人島、冠島と沓島。

海没楽園伝説を探るためには何としてでも上陸せねばならない。

と、思っていたら、例外があった。

冠島には神社があり、年に一度ほど、近隣の漁師たちが豊漁祈願のお参りのために渡るという。

伝統文化として守り続けられてきたこのお祭り参加こそが、島に渡ってみる数少ないチャンス。

わたしは管理をしている京都府舞鶴市にお願いをした。

そしてついに許可を得ることに成功し、禁断の島へ渡ることが可能となった。

大漁旗が潮風に大きくはためき、勇壮な太鼓の音は波とともに水面を渡っていく。

爽快、痛快、ドンドンドーン!と、いざ出発。

(写真:冠島にある老人嶋神社へ雄嶋参りに出かける船にもぐりこんだ)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-07 13:00 | 日本のアトランティス | Comments(0)
失われた楽園
b0062963_1316483.gif
丹後の海には失われた楽園伝説が伝わっている。

ここにはかつて豊かに栄えた海人族(かいじんぞく)の楽園があった。

その名は「凡海郷」(おおしあまのさと)。

しかし大宝元年(701)三月、三日三晩続いた地震により海没してしまった、伝説はそう伝える。



そのときわずかに残ったのが、現在、海域にぽつんと浮かぶようにして存在している冠(かんむり)島と沓(くつ)島。

2つの島は凡海郷の残欠だというのである。

果たして楽園は本当に海に沈んでしまったのだろうか?

その残欠ともいわれる2つの島は現在、無人島。しかも立ち入り禁止地区。

伝説を追いかけてみたいわたしにとって大きな壁が立ちはだかる。

世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-06 13:18 | 日本のアトランティス | Comments(2)
久賀島を知っていますか?
b0062963_126555.jpg
それは、九州の西の沖合い、滄海に浮ぶ五島列島のひとつ。
ここを訪れたのは、ある一つの伝説がきっかけだった。

高麗島伝説。

かつて久賀島の沖合いには高麗島と呼ばれる豊かな島があった。そこには奇妙な言い伝えがあり、島のお地蔵さんの顔が赤くなったとき、海没してしまうという。それを聞いたあるものがいたずらに地蔵の顔を赤く塗ると、それを見た信心深い人たちだけが島から避難した。いたずら者はそれをみて愉快になった。ところが島は本当に海の底に沈んでしまった。
 
この伝説を有名にしたのは柳田國男。『島の人生』に採録されたその話はいまだ、久賀島に暮らしている人たちにも知られ、その不思議さとロマンが相まって光彩を放ち続けている。

興味深いのは久賀島の沖合いに、高麗曽根という浅瀬があり、潮が引く日時ともなれば、海底は深さは4mまでになり、船の上からでも見ることができる。そしてそんな環境ゆえに魚がたくさんとれる漁場であり、かつて漁師が網をかけるとそこから陶器の破片が引き揚げられたり、所によっては神社の柱が見えた、という報告もあった。

この伝説にもきっと、種があるに違いない。
日本のアトランティスとでも言える、この伝説を追いかけて、旅を続けている。
写真は久賀島に残る高麗地蔵。首が長いのが特徴で、沈んだ高麗島から逃げてきた人が運んできたという。島にはこの他にも、島から逃げてきた人の末裔、高麗島で焼かれたという高麗焼が秘蔵されている。

4月23日 21:00~22:00にBS日本の「島旅」で久賀島が紹介されることになったようです。
ぜひご覧ください。

久賀島公式ホームページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-21 01:33 | 日本のアトランティス | Comments(4)
COMING SOON 日本のアトランティス
日本のアトランティスを追え

海の底に沈んでしまった島。
あの伝説に名高いアトランティスと似たような話が、西日本を中心に伝わっています。
かの柳田國男が記録したその伝説をもとに、旅へと出かけます。
荒唐無稽だと、誰もが相手にしなかったその伝説をたどっていくと、
そこには興味深い、島が実在した痕跡がいくつも残されています。
海にロマンを求めるプロジェクト。ご期待ください。

髙橋大輔
[PR]
by born_to_explore | 2004-12-27 08:59 | 日本のアトランティス | Comments(1)