物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:メディア( 171 )
秋田での講演会
b0062963_2239138.jpg

今日は秋田で講演会。
なかなか梅雨が明けない秋田ですが、気分はもう探検の夏全開!
満場御礼の大入りで、多くの方が足を運んでくれました。
ご来場のみなさま、ありがとうございました。

講演会は普通、依頼があるとその日に出かけていって、何かをしゃべって終わりというのがパターンなのですが、秋田市立中央図書館明徳館での講演は、告知から、会場装飾までが丁寧な手作りで、主催者と講演者、それに参加者の距離を感じさせないいいイベントでした。講演というのはつまりは”ライブ”であって、良くも悪くも生ものであり、一期一会なのですが、その三者の、気持ちが重なり合ったところに、価値創造がうまれるものだと感じました。

一般の部が終わって次は、子供の部。
8月3日 10:30~11:30

浦島太郎は本当にいた!だなんて、言い出す探検家に、いったい子供たちはどんな反応をしめすのでしょう・・・。

講演者のわたしは、いまから興味深々だったりします。

参加は無料!詳細はこちらから

秋田市立中央図書館明徳館のページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-30 22:41 | メディア | Comments(6)
東京講演決定
b0062963_021220.jpg
一般の方が参加できる東京での講演会が決定しました。(50名限定 予約制)

現在『自遊人』に連載中の旅は、JTBのツアー「地球シンフォニー」をベースとしたものですが、今回のわたしの講演は、その旅行説明会の一部で実施されます。

交通網の発達でこれまでの世界旅行は、地球体感へと変りつつあります。
今回はそんな地球体感という新しい旅の魅力に迫ります。
写真、映像などを駆使した一時間。いっしょに地球をひとめぐりしませんか!?

開催日:9月3日(土)1400-1600
会場: JTBワールドバケーションズ(東京都品川区上大崎)
申し込み等詳しくは現在発売中の『自遊人 9月号』をご覧ください。

(写真:グリーンランドの氷海をゆく。遠くに見えるのは巨大な氷山)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-30 00:04 | メディア | Comments(0)
『浦島太郎はどこへ行ったのか』 カバーデザイン完成
b0062963_13325732.jpg

8月後半に刊行となる『浦島太郎はどこへ行ったのか』(新潮社)のカバーデザインができあがってきた。

海岸でウミガメの背に乗るわたしと、その背後に見える龍宮城。

表紙は兵庫県豊岡市にある城崎マリンワールドへ、ウミガメを追跡のために出かけたときのカット。

7月30日と8月3日に開催の秋田市立中央図書館明徳館での講演会のポスターにも採用された。

なかなか人気がある写真。

本のカバーというのは、本の内容を象徴し、どんな本かをズバリと言い当てることが期待されている。

わたしの本はもちろん、ノンフィクションであり、旅であり、探検であるから、本のカバーは自分自身の旅のイチオシ・カットがメインとなる。本を書く側としては、自分が書いた原稿を読んでもらって、それがどんな風に一枚のビジュアルで表現されてくるか、というのは大変楽しみな瞬間であるのだが、不安な瞬間でもある。しかし新潮社の装丁室はさすがに達人ぞろい。波の紋様の微妙なニュアンスを追加することで、亀に乗ったわたしがどこへ出かけたのかを暗示することに成功した。

微妙ながら、この波がとても重要なのです。

(写真:『浦島太郎はどこへ行ったのか』カバーデザイン。背には長崎市にある崇福寺の龍宮門、裏表紙には浦嶋神社で演じられた翁三番叟が。いずれも浦島太郎の秘密を解く重要な鍵)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-20 13:40 | メディア | Comments(2)
雑誌原稿の校正をする
b0062963_14283754.jpg雑誌『自遊人』に連載をしているが、7月26日発売号の校正がでてきたので、東京・銀座で打合せをした。

今回の原稿のテーマは「グリーンランド」の後編。現在発売中の前編では植村直己の軌跡をグリーンランドに追いかけた時のことを書いたのだが、後編ではヴァイキングに焦点を当ててみた。ところが海の荒くれ者とグリーンランドのかかわりを追いかけてみたら、氷山にぶつかって沈んだタイタニック号の事件とのつながりが急浮上してきて思わぬ発見をしてしまった。

わたしの場合、旅のルポルタージュは旅する前にテーマを決めるところからはじまる。たとえば場所がグリーンランドと決まったら、グリーンランドを最も面白くさせるものを探してみる。人が面白いと感じるのは、もちろんいろいろな感じ方はあるけれど、すでに知っていることと知らないことが、劇的に結びつけられたときに心が動くという傾向があると思う。その辺を自分なりに分析してみた上で、わたしは小説は書かないのだけれど、文章を書くときにはストーリー・テリングを心がけている。

グリーンランド、ヴァイキング、タイタニック・・・それらが1本の線で結びつくような旅はそれ自体最高の旅だと思うし、その感動はストーリー・テリングにより伝わりやすくなるものではあるまいか。と、理想だけはあくまでも高く掲げている。

校正が終わったら、あとは本屋に並ぶのを待つのみ。ここが最後のがんばり時なのである。

(写真:『自遊人』次号の校正作業。自分が書いた文章に、写真、広告がレイアウトされて出てくる最終段階。筆者はここで全体のページ構成を見たうえで、文章を再読し、手直しする)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-17 14:30 | メディア | Comments(0)
浦島太郎はどこへ行ったのか
新潮社2005年8月の出版ラインアップが出揃い、拙作『浦島太郎はどこへ行ったのか』もウェブサイトで公表された。

前作『ロビンソン・クルーソーを探して』から6年。構想3年、追跡や検証の旅に2年、執筆に1年と、時間をじっくりとかけた2冊目もついに完成間近に迫った。

本を書く動機というのは人によっていろいろあるけれど、わたしの場合は「こんな本があったら読みたい」という書き手というよりは、まず一読者としての欲求が大きいように思う。

浦島太郎については、なぜ亀が登場するのか?龍宮城はどこにあったのか?そしてどうして玉手箱を開いておじいさんになってしまうのか?そんな疑問を解き明かしてくれる本があったら読んでみたいという欲求からスタートしている。

しかしそれら素朴な疑問も、調査を始めてみると難題中の難題。

それを解くために、日本の歴史を最初から読み直し、旅も日本国内ばかりか、水平線を越えて海の彼方にまで及ぶスケールの大きなものとなっていった。

ところがある時点で、それまでばらばらだと思えたことが1本の線上に浮上してきて、ついには亀の問題も、龍宮城も、玉手箱も、謎は一気に解けてしまったのだ。

『浦島太郎はどこへ行ったのか』は浦島伝説に秘められている謎解きへと読者の皆さんを誘い、ともに旅していく、トラヴェル・クエスト(探求の旅)・シリーズ。物語を旅するわたしの真骨頂発揮本。


新潮社8月の新刊のページへ(クリック)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-16 16:14 | メディア | Comments(0)
探検の作り方、教えます
b0062963_7205146.jpg夏は探検の季節。

海へ、山へ、探検へ出かける人も多いだろう。

探検とは、その名の通り「探し出す」こと。

だから夏は発見のシーズンでもある。

ガイドブックに沿った観光地めぐりも楽しいが、ガイドブックに乗っていないものを好奇心のおもむくまま追跡し、発見する喜びはさらに大きい。

ちょっと発想を変えるだけで、普通の旅を探検にすることができる。




そしてそのきっかけは、案外身近に転がっているものである。

ぶらっと週末に訪れた近所の図書館で、何気なく手に取った一冊の本。

探検家の多くは、自分を旅に向かわせた一冊の本というものを持っている。

ではその一冊の本が、どう探検に結びつくのか・・・?

7月末と8月初旬、児童・生徒向けと、学生・大人向けにそれぞれ1回ずつ、秋田市立図書館明徳館で講演会をとの声がかかった。

そこで夏の探検シーズンにあわせ、探検の作り方をたっぷり余すところなく紹介しようと思っている。もちろん探検に使う持ち物なども一挙公開。どんな道具で、いかなる難局を乗り切ってきたのか、普段あまり目にすることのない究極のサバイバル・エクイップメントも登場。

この夏ここからどんな発見が生まれるんだろう。

真夏の夢は無限大。



参加は無料ですが登録が必要とのことです。詳細はこちらから!

秋田市立中央図書館明徳館のページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-12 07:31 | メディア | Comments(2)
夏休みの探検特集
夏は探検!

ということで、おなじみ学研『学習と科学』
今年の夏の増刊号『話のびっくり箱』では、探検を特集。

依頼を受けて、子供向けに「探検家ものがたり」髙橋大輔ヴァージョンを書き下ろした。

b0062963_1491434.jpg


多くの人が「お話」のことだと思い込んでいたロビンソン・クルーソーの漂流。
誰もが一度は憧れたその無人島漂流、実在のモデルを追跡したわたしの旅も今年で13年目となる。『ロビンソン漂流記』を読んだタカハシ少年が、いかにして大人になり、子供のころの夢を実現したか・・・。そして今、どんなことを感じているのか・・・。執筆を振り返ってみると、子供向けの本だからこそ書けたこともあったなあ。

写真あり、イラストあり、地図あり、で実に楽しいページに仕上がった。探検本はやはりこんなワクワク感が大切。

夏こそ探検!とお考えの大人の皆さんにも起爆剤的におすすめの1冊です。アドレナリン、チビッと放出されるハズ。

購入について(下記電話かインターネットのみ。書店販売は無しとのこと)
フリーダイヤル 0120-114-154
学研のホームページ(オンライン・ショッピング)

(写真:『話のびっくり箱』(2005年上 5・6高学年)学研 (c)学研)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-12 07:30 | メディア | Comments(0)
植村直己直筆サイン本とともに
b0062963_23553953.jpg


4月に取材へ出かけたグリーンランド。
その時のことを綴った原稿が、雑誌『自遊人』(7月号)に掲載された。
掲載に合わせて、旅の裏側と秘蔵写真をちょっとだけ紹介。




この連載シリーズでは毎回、探検家の足跡を追いかけている。
「ツアー」といえば気軽な旅がイメージされるので、ハードな「探検」とは無縁のように思える。ところがそのツアーでも、テーマの立て方によっては、充分探検の醍醐味を味わうことができるのではないか?そう思うところがあり、JTBの秘境ツアーに参加して、探検家の軌跡の1カットを切り取るような旅をした。

今回から2回連載のグリーンランド編。
「グリーンランドといえば、まずは植村さんではないか・・・」
と思案しつつ、出発前、神田の古本屋をぶらぶらしていたら、偶然にも植村直己直筆サイン入りの『北極圏一万二千キロ』(文藝春秋)をとある古書店の本棚に見つけた。まるで「これを持って、出かけよ」と植村さんからポンと背中でも押されたような旅のはじまりだった。

b0062963_2358249.jpg


グリーンランドでそれを水先案内としながら、現在の風景の中に、かれが見た風景を探し求めた。透き通るような青い世界を行き・・・

b0062963_23592358.jpg


さらに植村さんの犬ぞり旅行を支えたイヌイット犬、なんともかわいらしい子孫たちとも対面を果たしたのだった。

b0062963_0061.jpg

b0062963_00441.jpg


JTBの地球交響曲
雑誌『自遊人』のページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-05-30 00:07 | メディア | Comments(2)
探検ができるまで (チリでのインタヴュー)
b0062963_21235461.jpg


世界に探検の活動の幅を広げていく中で、ことさら、ラテンアメリカには摩訶不思議、かつ容易には解きがたい謎が多いように思う。
そんなこともあり、チリのロビンソン・クルーソーばかりではなく、謎を求めてブラジルやカリブなどにも探検の舞台を求めて出かけているが、そんな折、地球の反対側でがんばっているさまざまな日本人、日系人と出会う。
何となくノスタルジーを感じつつ、心のぬくもりさえ感じさせるその出会いは、南米に出かけるときの楽しみであったりする。
今年の3月、チリのサンチャゴ滞在中、日本チリ商工会議所で講演をする機会があったが
それに先立って、サンチャゴ市内の日本料理店でホームページ用のインタヴューも行なわれた。ついにそのときの様子がアップされたので、このブログでも紹介します。
ここでは探検ができるまでの裏事情やこれからの探検について語っています。
 
日本チリ商工会議所ホームページのインタビュー記事

(写真:日本チリ商工会議所での講演会の様子。短い告知期間だったようですが多くの方にお集まりいただきました。)
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-14 21:28 | メディア | Comments(0)
自遊人のカムチャツカ
探検家が見た風景、に興味がある。

苦しい旅の中で、探検家が山や川、あるいは氷河や砂漠を前にどのような思いであったのか。

たとえば、マルコ・ポーロ。多くの人が名前を知っているこの偉大な探検家について、記録を読むことはできても、なかなか彼が見た風景のなかに立ってみることはできない。黄金郷ジパング伝説に心を奪われて旅に出た彼はどんな風景を前に、どんな思いだったのだろうか?
あるいは、コロンブス。アメリカ発見のその瞬間、その興奮は、記録で読むだけではわからない。しかし、その探検の現場に立ってみることで、探検家の偉大な瞬間、感動を共有できるような気がする。そしてそれは、旅が可能にする。

探検家の見た風景をテーマに、今年1月から雑誌『自遊人』(株式会社カラット)で連載を始めている。

JTB主催の珠玉のツアー(地球交響曲)のデスティネーションを舞台として、その圧倒的な大自然の中で探検家にどんなドラマが生まれ、そしてどんな思いであったのか。

3月号と5月号は2話構成でロシアのカムャツカをめぐる探検家の物語について書いた。
ベーリング海峡でその名が知られるベーリングと江戸時代の漂流民、大黒屋光太夫。
時代を違えた日本と欧米の旅人は、カムチャツカでいったい何を見たのか?
その風景には、驚くべき物語があった。

ドラマのある風景に出会いにいく、そんな旅があってもいい。


自遊人

JTBの地球交響曲
[PR]
by born_to_explore | 2005-03-31 14:41 | メディア | Comments(2)