物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
(イリジウム通信)謎の石碑
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_624527.jpg


ロビンソン・クルーソー島の歴史はいまだ多くの部分が謎に包まれている。
内陸の山の中には大きな1つの石があり、そこには昔の人が刻んだ文字や絵が残されている。知られざる島の歴史の一端を理解できる手がかりがそこにあるのではないか・・・何度かその場所を訪れていたわたしはそう感じていた。

人々にピエドラ・コン・レトラ(スペイン語で「文字のある石」の意味)として知られる大きな石。
それは山道を歩くこと約30分、かつてセルカークが無人島生活を送ったときに登った見張り台(ミラドール)までの道沿いにある。

今回、日本で習いたてほやほやのテクニックを駆使して、その謎の石碑の拓本とりに挑戦してみることにした。
拓本というのは画仙紙を石碑の上に敷いて、水を吹きかけながら、レリーフを浮き上がらせ、その上から墨を染みこませたタンポでたたいて写し取る。
わたしが島に持ち込んだ紙のサイズは特大版。これは拓本の師匠、大石一久先生からいただいたものだ。先生はこれで足りるだろうか、と心配されていたが、石碑はそれよりもわずかながら大きく、紙を継ぎ足してようやくカバーできた。
初心者のわたしにとってはいきなりの難題。とても一人ではできず、同行していたスコットランド国立博物館のコールドウェル博士にも手伝ってもらう。

格闘すること2時間。ようやく石の碑文が見えてきた。そこにはアルファベットで、「コロノ ペドロ・アレドンド デ 1866」と名前と年号が刻まれていた。コロノというのは「入植者」という意味。その名前の上には大きな魚が小さな魚を呑みこもうとしている絵と、陸地に立つ椰子の木が大きく描かれていた。果たしてこれは何を意味するのか?入植者の一人、ペドロ・アレドンドは1866年にその絵にあるような情景をこの島で見た、その記録であろうか?

村に戻って人々に話を聞いてみると、とある老人が別の場所にもペドロ・アレドンドの名前が彫られた石があったことを思い出した。
それは今は出かける人も少ない山の中にあるという。しかし調べてみるとその場所はかつてパイオニアたちがミラドールまで登るときに通った古道沿いであった。

今は完全にブラック・ベリーの繁みの中に姿を消したその石を求めて、わたしは一行と共にブッシュナイフを手にでかけていくことにしようと考えている。
果たして・・・もうひとつの石は見つかるかどうか?そしてそこには何が書かれているのか?

そこにはパイオニア・ルートをめぐるいまだ知られざる島の歴史が隠されている・・・そんなにおいを感じている。

b0062963_6105490.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2005-01-31 06:03 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(5)
拓本のトレーニング(2)
第一回目の拓本トレーニングは成功!
墨の濃淡で浮き上がり方が微妙に異なるために、記録として写し取るだけではなく、表現できるところが何ともおもしろい。結構、これはこれで癖になってしまいそうな感じがする。

左からクレマチス、カトレア、菊、そして下段の竹。植物が持つ雰囲気を墨の濃淡で変えてみたら、かなり奥深い墨芸になるのではないか・・・・・と感心する。
次は野外の石造物か、円形のものに挑戦してみよう。
b0062963_14172448.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2005-01-27 14:17 | 探検家の日記 | Comments(2)
(イリジウム通信)セルカークの足跡を求めて
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_23322232.jpg


1704年から1709年までの4年4ヶ月間、スコットランドの船乗り(海賊)アレクサンダー・セルカークはたった一人きりで無人島で生き抜いた。
しかし彼の島での足跡は依然として謎に包まれている。いったい彼はどこに生活の拠点を設けていたのか・・・?

ひとつの手がかりは、ミラドールと呼ばれる高台。標高565mのその地点には鋭角な岩が天を突くように屹立し、一見してとても容易にはたどりつくことができないのではないか、という印象を与える。しかし古くから道が通じていて、そこに立つと島の北東側と南西側が見渡せる。セルカークはここに立って、救いの船を待った。現在、セルカークの見張り台と呼ばれているこの高台こそが、セルカークの足跡を唯一確認できるポイントである。

わたしの興味は、さらにその先にある。今回の探検はそれを確かめるためのものだ。

ミラドールまで通じている現在の道は1960年に完成したもので、島を訪れる全ての人はその新しく整備された道を登っていく。唯一の村、サン・フアン・バウチスタ(人口500人あまり)から1時間半の行程。

しかしこの道ができるまでは、人々は別の道を使って山に入った。それは通称、「パイオニア・ルート」と呼ばれ、ミラドールにまで通じていた。

セルカークがミラドールに登るときに通った道はパイオニア・ルートであった。

その道を徹底検証することで、セルカークの知られざる無人島生活に迫ることができるのではないか・・・。

するとその道沿いに、古人が残した石碑がいくつか存在しているという情報をつかんだ。

b0062963_2344096.jpg


写真:ミラドールに立つ(上)ミラドールから島の南西側を眺める(下)
[PR]
by born_to_explore | 2005-01-23 23:34 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(7)
(イリジウム通信)海賊の墓
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_1145221.jpg


さまざまな伝説とロマンに彩られたロビンソン・クルーソー島の歴史のなかで、17世紀から19世紀にかけてここを拠点としていた海賊はもっとも印象的な存在。『ロビンソン漂流記』のモデルとなったアレクサンダー・セルカークももとはといえば海賊だった。そこで島と海賊とのつながりを改めて調査してみたら、今回新たに「海賊の墓」があることがわかった。

さっそく出かけてみると、現在の警察署の敷地内に石が積み上げられていて、それが昔から海賊の墓であると言い伝えられているという。そこに一体誰が埋葬されているのか、今となっては名前も時代もわからないが、後世の人が置いた十字架に人々の海賊に対する畏敬の念を感じた。

ロビンソン・クルーソー島では今もなお海賊の存在を身近に感じることができる。
[PR]
by born_to_explore | 2005-01-18 11:05 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(3)
上陸!ロビンソン・クルーソー島
日本駐在スタッフの助川です。

現在、南米、チリの沖合い約670kmのロビンソン・クルーソー島を探検中!

世界地図ここは便利→MSN Encarta

b0062963_15532073.gif
b0062963_15543098.gif
b0062963_15544781.gif

[PR]
by born_to_explore | 2005-01-17 16:05 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
(イリジウム通信)ロビンソン・クルーソー島到着
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)


b0062963_6132271.jpg


南米、チリの沖合い約670kmのロビンソン・クルーソー島に到着。

ダニエル・デフォーの小説『ロビンソン・クルーソー漂流記』のモデルとなったスコットランドの船乗り、アレクサンダー・セルカークが1704年から09年までの4年4ヶ月間実際に無人島生活をおくった島としてこの名がつけられた。

昔から海賊が拠点としていた島であり、現在でも彼らが隠したとされる宝などさまざまな伝説に彩られている。

島は絶海の孤島に浮かんでいる。小型のセスナ機で3時間がかりでチリの首都サンチャゴから飛んだ。風が強いと欠航になるが、何とか上陸。

これから約1~2ヶ月の滞在の間、島の各地をいっしょに探検しましょう。
[PR]
by born_to_explore | 2005-01-16 06:13 | 探検家の日記 | Comments(21)
拓本のトレーニング
拓本のトレーニングを開始する。

拓本とは石や金属、木に彫り込まれたレリーフを墨を使って写し取るテクニック。画仙紙に水をしみ込ませながら、浮き出た凹凸に墨を落としていく。

お盆とか家族が使っている手鏡の裏側の彫刻を拓本してみた。

すでに九州で大石先生から手順を学んでいたので、手当たり次第に拓本をとっていく。
b0062963_1485137.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2005-01-13 14:09 | 探検家の日記 | Comments(6)
古代インカの遺跡から人骨が・・・
b0062963_1927207.jpg


チリの考古学者が、発掘現場に招待してくれた。
サンチャゴから南に約40キロメートル、チャンパと呼ばれる地区の道路工事中に地下から古代遺跡が発見された。工事を一時中断して発掘を始めると、階段状の遺跡が見えてきた、という。

そして遺跡について説明を聞いているわずか30分の間に、何と、その周辺から人間の頭蓋骨や腕の骨が姿を現した。

時代は今から3000年ほど前のインカ時代で、被葬者は推定では若い女性。それが誰の墓なのか、どんな人生を送っていたのか、詳細の解明はこれからであるが、考古学者たちの努力が報われ、また最も興奮するその瞬間に運良く立ち会うことができた。

考古学者がわれわれにもたらすそんな発見の偉大さと尊厳さに改めて感動した。

b0062963_1928247.jpg


(写真:上は発掘現場。右側の男性の手前に人の頭蓋骨、女性の手前には腕の骨が横たわっている。下はそのクローズアップ。頭蓋骨が縦にひび割れているのがわかる)
[PR]
by born_to_explore | 2005-01-09 19:33 | 探検家の日記 | Comments(2)
サンタ・ルシアの丘
他の南米の国々と同じようにチリもまた、国を創建したのは探検家だった。

スペインから黄金境(エル・ドラード)を求めてやってきたコンキサタドーレスと呼ばれる征服者たち。その中のひとり、インカ帝国の征服者として知られるフランシスコ・ピサロの部下ペドロ・デ・バルディビアが1541年、現地のインディオたちとの戦闘の後、サンティアゴを建設した。その時に作った砦が今でもサンチャゴ市内に残っている。

b0062963_19142740.jpg時代はめぐり、高層ビルが立ち並んでいるが、その向こうに横たわる山並は往時と変わらない。かつての探検家が見た風景に思いをはせつつ、そのサンタ・ルシアの丘に立った。
(写真:サンタ・ルシアの丘よりサンチャゴ市を遠望)
[PR]
by born_to_explore | 2005-01-09 19:15 | 探検家の日記 | Comments(0)
12時間前の世界に到着
b0062963_1795624.jpg

いよいよ探検への出発。
飛行機が離陸したときには、思わず武者震いした。この先にいったい何があるのかわからない、それを確かめる旅が始まった・・・これまでも感じてきたはずのそんな思いに今回は雷が落ちたような実感があった。

1月5日の夕方に成田を出て、日本時間の6日の夕方にチリの首都サンチャゴに無事到着。24時間がかりで、地球の反対側に到着。時計の針も日本からちょうど12時間遅れのために日本の昼の12時がこちらの24時。本当に地球の裏側であることを実感。さらに、猛烈な暑さ。何もかもが反対の国はここにあったのだ、と思ったりした。
(写真:成田空港にて。出発便の掲示板がカタカタと変わるその前に立つと、異国の地への思いが無性にくすぐられる)
[PR]
by born_to_explore | 2005-01-07 11:38 | 探検家の日記 | Comments(5)