物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
グリーンランドの氷海をゆく (グリーンランド最終回)
b0062963_23341448.jpg

イルリサットは氷山の町。
町は海に臨み、そこには無数の氷山が散らばっている。
船に乗り、その氷海へと繰り出してみた。
時折、風は冷たく頬を打ち、うねりと共に船は大きく左右にかたむく。
船の揺らぎとは裏腹に、氷山は微動だにする気配さえない。
それだけ、ここの氷山は大きく、近づくと海面から天をつくようにそそり立っている。
氷山の一角、とはいうが、目前に迫るその氷塊は見えているのはほんの十分の一。

船で行くこと約一時間、フィヨルドの対岸にあるイリマナック村に着いた。
人口九十五人の小さな町。

b0062963_23351625.jpg


迎えてくれたのは地元の子供たち。その笑顔にどこか遠いところで出会った。
誰かの面影を感じる。グリーンランドに住むイヌイットはわれわれ日本人と同じ血をひいているのだ。
自分の奥底に眠っている、いつとも知れぬ遠い時代の記憶が呼び起こさせる、そんな出会いだった。

b0062963_23361169.jpg


村でアザラシの肉をご馳走になり、再び船でイルリサットへと戻った。
西に大きく傾いた太陽は次第に焼けはじめ、気がつけば氷風の向こうには
氷の峰々を背にした落日、旅の終わり、黄昏時が静かに迫っていた。
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-27 23:39 | 探検家の日記 | Comments(1)
グリーンランドで白熊を食う
b0062963_23285948.jpgグリーンランドで、白熊を食った。
その肉はしまっていて、味は淡白。脂身のないその肉に凶暴さ、さえひしひしと伝わってきた。
グリーンランドの食卓には白熊以外にも厳寒の大地に生きる様々の野獣の肉が登場する。
長い毛で覆われたジャコウウシ、トナカイ、あるいはアザラシや鯨。
ジャコウウシは、牛肉よりは幾分硬く、その風味は野性味に富む。
トナカイには独特の臭みがあり、アザラシは泥臭さがあるが煮込むとやわらかくなる。
そして鯨の皮とその皮下脂肪はナマでいく。それをかじっているとじわっと脂肪分が口いっぱいに広がり、寒さの中でも身体がぽかぽかと暖かい。一度食べつけると、病みつきとなり、それ無しではどことなく口寂しい感じさえする。
魚も、サーモン、ナマズ、オヒョウなどがマリネ、スモーク、フライ、ソテーで出された。
どれも氷海にすむ魚だけあって、脂が乗りに乗っている。
近海ではエビも蟹もたくさん取れる。蟹足にいたっては鉛筆立てのようにどんぶりに豪快に押し込められて出てきた。

このようにグリーンランドでは食材は豊富。ただしここで口にできるのは、家畜化された肉、養殖された魚ではなく、すべて野生のもの。その辺にいる動物を何でも食べること。それがここの流儀。

写真:北極圏の町イルリサット、ヴィード・フォーク・ホテルの名物料理、グリーンランド・ビュフェ。オードブルは白熊からオヒョウ、蟹足までとグリーンランドの全てがここに集結した。
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-25 23:30 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信) グリーンランドの犬ぞり
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、北極圏のグリーンランドから宇宙経由で送信しています)

グリーンランドでは、今でも集落間を結ぶ道がない。そのため、猟に出るときの交通手段としては犬ぞりが使われている。



犬ぞりは極北の各地で活躍しているが、現在では観光客を相手にしたもの、あるいは犬ぞりレースで勝つためのスポーツ、という色合いが年々濃くなってきている。

大きく一括りでエスキモー犬(イヌイット犬)と呼ばれる犬だが、アラスカやシベリア、カラフト、北極圏カナダにいる犬に比べてグリーンランドのエスキモー犬は、本来のここでの使役から、スピード・レースにはあまり向かず、むしろ重い荷物を運ぶことに長けている、という特徴がある。

犬はマイナス30度にもなる真冬でも外につながれ、決して部屋の中で飼われることは無い。
この大地にたくましく生きる犬を見ていると、愛玩化がさらに進んでいる日本の犬とのギャップを大きく感じる。そしてそのギャップは果たして犬だけのことにしてしまっていいのだろうか・・・極北の大地でふと日本の生活のことを思ったりした。
b0062963_2131114.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2005-04-24 20:49 | 探検家の日記 | Comments(4)
グリーンランドをさらに北へ
b0062963_23255595.jpg


グリーンランド 北緯69度のイルリサット(ヤコブスハウン)に到着。
町の名前である「イルリサット」は、グリーンランド語(イヌイットの言葉)で氷山。
ここでの暮らしは、氷山と共にある。
季節はすでに、白夜が迫ってきているために、夜でも薄暗い。

地図中のヤコブスハウンはイルリサットのデンマーク名。町の創建者の名前。

b0062963_23185151.gif
b0062963_23192925.gif


世界地図ここは便利→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-23 23:14 | 探検家の日記 | Comments(0)
グリーンランドの氷床ウォーク
日本から10時間がかりでデンマークの首都コペンハーゲンに飛び、1泊、
そこからさらに4時間半のフライトでグリーンランドのカンゲルススアーク
kangerlussuaqに到着した。

b0062963_4324274.gif


b0062963_4212754.gif



4月のグリーンランドは、相当寒い、と言われて来たが、着いてみれば気温は-5℃。
抜けるような青空のもと、太陽が照り、雪どけ水が、路上にあふれ流れている。


グリーンランドに来てまず思ったのは、空気が澄み渡っていること。
深呼吸すると心までが透明になっていくような爽快感がたまらない。
さっそく、氷床ウォークに出かけた。

b0062963_4231575.jpg


日差しを浴びた万年氷は、青く自然発光し、こんな景色がまだ地球上にあったのだ、
という感動に、しばし時が経つのも忘れた。この氷は数万年前からここにあり、
数万年後の今日、わたしが来るのを待っていた。悠久の時を重ねつつ、遠い地球の
その場所にたたずみ続ける氷との邂逅。

地球と出会った、そんな気がした。

世界地図ここは便利→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-22 04:23 | 探検家の日記 | Comments(0)
久賀島を知っていますか?
b0062963_126555.jpg
それは、九州の西の沖合い、滄海に浮ぶ五島列島のひとつ。
ここを訪れたのは、ある一つの伝説がきっかけだった。

高麗島伝説。

かつて久賀島の沖合いには高麗島と呼ばれる豊かな島があった。そこには奇妙な言い伝えがあり、島のお地蔵さんの顔が赤くなったとき、海没してしまうという。それを聞いたあるものがいたずらに地蔵の顔を赤く塗ると、それを見た信心深い人たちだけが島から避難した。いたずら者はそれをみて愉快になった。ところが島は本当に海の底に沈んでしまった。
 
この伝説を有名にしたのは柳田國男。『島の人生』に採録されたその話はいまだ、久賀島に暮らしている人たちにも知られ、その不思議さとロマンが相まって光彩を放ち続けている。

興味深いのは久賀島の沖合いに、高麗曽根という浅瀬があり、潮が引く日時ともなれば、海底は深さは4mまでになり、船の上からでも見ることができる。そしてそんな環境ゆえに魚がたくさんとれる漁場であり、かつて漁師が網をかけるとそこから陶器の破片が引き揚げられたり、所によっては神社の柱が見えた、という報告もあった。

この伝説にもきっと、種があるに違いない。
日本のアトランティスとでも言える、この伝説を追いかけて、旅を続けている。
写真は久賀島に残る高麗地蔵。首が長いのが特徴で、沈んだ高麗島から逃げてきた人が運んできたという。島にはこの他にも、島から逃げてきた人の末裔、高麗島で焼かれたという高麗焼が秘蔵されている。

4月23日 21:00~22:00にBS日本の「島旅」で久賀島が紹介されることになったようです。
ぜひご覧ください。

久賀島公式ホームページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-21 01:33 | 日本のアトランティス | Comments(4)
グリーンランドへ
b0062963_6572956.jpg

(地図1)

今日、4月20日から28日までの8日間、グリーランドへ出かける。
グリーンランドは地図(1)で見る通り北極圏に位置している世界最大の島。
その陸地のほとんどは、氷床といって、厚い万年氷におおわれている。
そこはデンマーク領。日本から一路、首都コペンハーゲンに入り、
そこで飛行機を乗り換える。主にグリーンランドの西岸、地図(2)の
カナダとの境をなすデーヴィス湾(Davis Strait)近くに滞在。

b0062963_658572.jpg

(地図2)

今回のグリーンランドは、雑誌『自遊人』に連載中の企画取材ために訪れる。
そこはJTBのツアー『地球交響曲』のデスティネーションのひとつ。
世界へ旅に出ると、思いがけなく、かつてそこを訪れた探検家の足跡にでくわすことがある。
物語を旅する、という自身の探検のテーマとは別に、そんな場面に出くわすと、わたしは
しばし歩みを止めて、探検家が見た風景に釘付けとなった。
そこにはドラマがある。生死をかけた探検家、冒険家の息吹が伝わってくる。
彼らを、その土地に誘ったのは何だったのか?
グリーンランドでもそんな探検家たちの足跡をを追いかけて、探検とは何かを問うていく。

そしてそれとは別に、このブログでは、グリーンランドのさまざまな表情をレポートして
行きたいと思っている。通信状況次第によっては、ロビンソン・クルーソー島で大活躍した
イリジウムを再度投入し、極北からの宇宙交信を再び敢行。

交信がうまくいけば、10数時間後、またお会いしましょう!

参加するグリーンランド取材ツアーの日程表

自遊人

JTBの地球交響曲

世界地図ここは便利→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-20 07:02 | 探検家の日記 | Comments(2)
探検用カツ丼
探検を始めてもう20年近くになるが、遠征の前に一度たりとも欠かさず行なってきた事がある。それだけ続けていると、もはやそれ無しで探検にでることは考えられないけれど、そのおかげで、たとえ危険な目に遭うことはあっても、決して命を落とすことは無い、という最強のジンクスを生み出してもいる。
わたしにとって、その探検出発前の儀式は、カツ丼を食べること。
「勝つ」という語呂にも助けられて、勝ちとは言えないような最悪の事態が起こっても、
負けずに帰って来られる、というご利益がある。
たしかに、カツ丼を食べて出かけていったわたしは、これまで、アフリカではあらぬ罪を着せられて逮捕されもし、砂漠の原住民から軟禁を受け、あろうことか、南米アマゾンのジャングルのど真ん中では両足を骨折して、這うしか他に前進する手段が他に無い、という絶対絶命の事態にまで陥った。

それでも、今ピンピンして探検を続けていられるのは、やはりカツ丼に負うところが大きかったと妄信的かつひそかに、カツ丼を食べ続けている。
これまで縁起を担いで、あちこちのそば屋、トンカツ屋、ラーメン屋でカツ丼を食べ歩いてきたが、ここ数年、東京は銀座にある梅林のスペシャル・カツ丼を食べている。

b0062963_2344097.jpg


さすがにスペシャル、と銘打っているだけあって、カツ丼の上にのっけられたエキストラの卵1個がなんとも輝かしい。卵を箸でつぶすと、半熟の黄身がどんぶりの下の白米に落ちていき、「玉子ご飯」となる。そこにじっくり煮込んで仕込まれたカツ煮のたれが交じり合い、カツ丼と特性だし汁の「玉子ご飯」を同時に食べる幸福感に満たされる。そして、どこにでも行ったろか、と気分も高揚してくる。

今日もさっそく、1杯たいらげた。
そして明日からは、グリーンランドへ向けての旅が始まる。
現地からの情報では、北極圏にある当地はまだ冬のさなかにあり、相当寒いという。
しかし、カツ丼を食べたわたしの行く手を阻むものは、もはや何も無いのだ。


銀座梅林について
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-19 23:07 | 探検について | Comments(11)
横浜の浦島観音
b0062963_8491532.jpg

横浜の浦島伝説によれば、浦島太郎の父が相模三浦(現在の神奈川県)の出身で、
公務により丹後に転勤となり、そこで誕生したのが長男太郎だった。
浦島太郎が龍宮から帰ってくると、そこで彼ははからずも時間が三百年もたって
しまっていることを知り、愕然とする。

太郎は父の墓が故郷にあると知り、出かけていく。
京都から横浜まで400キロの道のり。
一説によれば、途中で玉手箱を開いてしまったその場所がのちに「箱根」と呼ばれるように
なったともいう。

横浜に戻ってきた浦島太郎は、父の墓を探すが、なかなか見つからない。
ところがそのとき、不思議なことがおこった。
背負っていた観音像が徐々に重くなり、小高い丘にたどりつくと、もはや運べないぐらい
になってしまった。その観音像は玉手箱といっしょに龍宮からもらってきたものだったが、
太郎は観音様の暗示により、そこがかつて父の墓があった場所であることを悟る。
そしてその地に浦島寺観福寿寺を建て、観音様が安置された。現在の横浜市の浦島丘であり、近くには浦島小学校や浦島中学校がある。

ところが江戸末期から明治時代の初めに、その観福寿寺は火災により炎上してしまう。
危機一髪のところで浦島観音像は近くの慶運寺に難を逃れ、以後、慶運寺が浦島寺として
観音像安置の聖地となった。

伝説にまつわるいくつもの奇跡。横浜の浦島伝説を調べていくと、不思議な偶然がいくつも
重なり、これを根も葉もない荒唐無稽な話、と一言で片付けてしまっていいものだろうかと感じる。そこで、古文書をあれこれ紐解いていく。するとかつて浦島を名乗る人たちがこの地に確かにいたことがわかった。

横浜の浦島太郎、その実像をもとめて、追跡は続く。
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-17 08:51 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(4)
探検ができるまで (チリでのインタヴュー)
b0062963_21235461.jpg


世界に探検の活動の幅を広げていく中で、ことさら、ラテンアメリカには摩訶不思議、かつ容易には解きがたい謎が多いように思う。
そんなこともあり、チリのロビンソン・クルーソーばかりではなく、謎を求めてブラジルやカリブなどにも探検の舞台を求めて出かけているが、そんな折、地球の反対側でがんばっているさまざまな日本人、日系人と出会う。
何となくノスタルジーを感じつつ、心のぬくもりさえ感じさせるその出会いは、南米に出かけるときの楽しみであったりする。
今年の3月、チリのサンチャゴ滞在中、日本チリ商工会議所で講演をする機会があったが
それに先立って、サンチャゴ市内の日本料理店でホームページ用のインタヴューも行なわれた。ついにそのときの様子がアップされたので、このブログでも紹介します。
ここでは探検ができるまでの裏事情やこれからの探検について語っています。
 
日本チリ商工会議所ホームページのインタビュー記事

(写真:日本チリ商工会議所での講演会の様子。短い告知期間だったようですが多くの方にお集まりいただきました。)
[PR]
by born_to_explore | 2005-04-14 21:28 | メディア | Comments(0)