物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
鬼とココナッツ
福見の鬼について、久賀島(長崎県)からさっそく追加情報が届いた。
地元の方から伝説を聞き取り中のわたしのスナップショットから、最近の福見の様子まで、たくさんの写真が久賀島公式ページで公開された。
鬼取材をした福見の様子はここをクリック

さて、秋田のナマハゲと、五島・久賀島の鬼伝説。
東西互いに、遠く離れたところに伝わるコケコッコー型鬼伝説だが、
もう少し突っ込んで見ていくと、違いもある。
それは、「鬼の正体」に関する解釈。

秋田のナマハゲは、諸説ある中で、漂流したロシア人にルーツがある、ということはすでに見たとおりだ。
それでは五島・久賀島はどうか?
面白いことに、鬼とは「海賊」のこととあり、伝説が伝わる福見はその昔、もともとの「福建」から改名した地名であるという。ということは、その鬼こそ、中国、福建から渡って来た中国の海賊であるということになろうか?

ここで海流を見なければならない。沖縄から南西諸島を通って北上してくる海流は、九州の南で二手に分かれる。一方は太平洋岸をなめるように東へ走り、もう一方は東シナ海を北上して、日本海へと入り込む。

b0062963_13273369.jpg


この図からもわかるとおり、海流は中国の福建をかすめるように通っている。
久賀島の鬼は、海賊であり、福建(福見)であるというが、この対馬海流はその伝説の正当性を無言のうちに裏付けているようでもある。

確かにこの対馬暖流、メッセージボトルが打上げられた丹後半島の箱石浜には、ココナッツの実まで押し流してきた。そこはココナッツとは無縁の冷涼な日本海。(写真:南海から日本海・箱石浜に漂着したココナッツ。竹田正義さん提供)

b0062963_13292759.jpg




されば、鬼もまたココナツと同様に南方からやって来たものだろうか?


b0062963_13322425.jpg


謎は深まっていく。いやァ、これはたいしたナゾだ!



世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-08 13:41 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(3)
コケコッコー型鬼伝説のゆくえ
長崎県、五島列島。
まるで青い山々が碧海に散りばめられたように点在している群島。
そのひとつに久賀島がある。
久賀と書くが、「くが」とは読まず、「ひさか」と発音する。
現在島民は約600人。

b0062963_13334525.jpg


かつてあの空海(弘法大師)も、修行のため唐の都、長安に出かけた際、
遣唐使船で久賀島に立ち寄ったようだが、歴史が教えるように、そこは昔から海上交通の要衝として栄えた。

わたしが島を訪れたのは、現在調査中の沈んだ島伝説を調べるためだった。
出かけてみると、民俗の豊かさは今なお色濃く生き生きとして、福見という集落では、昔から伝わるこんな鬼伝説を教えられた。

「この久賀島に砦を築かせてもらうぞ」
やって来た鬼からそう脅迫された恵剣寺の住職は、こわごわながらそれを条件つきで許してしまう。その条件とは「明朝、一番鶏が鳴くまでに完成できるならば・・・」というもの。まさか鬼とはいえ、一晩で城砦を築くことなどできないだろう。住職は一縷の望みをそこに託したのだ。
ところが鬼は暗闇の中、ものすごい勢いで石を運んできた。まさに祈る思いで読経を続けていた住職だったが、石を満載した船が近くに迫ってきたことを知ると愕然とする。
そして「このままでは・・・」と、思わず「コケコッコー」と大声で叫んだ。
すると鬼たちは約束のことを思い出し、切り出した石を海中に捨てて去っていった。
福見沖の海底には今でもそのときの切り石がたくさん落ちているという。

b0062963_13351469.jpg



実に、興味深いではないか。
秋田のナマハゲと、長崎にある久賀島の鬼伝説。ともにコケコッコー型鬼伝説とでもいうべき、そのモチーフはピタリと一致している。
日本の東と西に残る2つの伝説は、いったい何をわれわれに語りかけているのだろう?

(写真: 海の波間に山のスカイラインが重なるようにおおいかぶさる、この絶景が久賀島の鬼伝説を生んだのか?)

久賀島に伝わるコケコッコー型鬼伝説のページ

久賀島の公式ページ

世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-07 13:05 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
ナマハゲを追う
ナマハゲ漂流ロシア人説、まことしやかなその説を確かめるために、
わたしは一路、秋田県男鹿半島へと向かった。

b0062963_13303387.jpg


険しい表情をした岩浜が続く男鹿半島は、その景観さえもが伝説に彩られているかのようだ。

ナマハゲの伝承地もいくつかあるが、その中のひとつ赤神神社へと出かけてみることにした。

b0062963_1391474.jpg


山の中腹にある神社からさらに上へ、999段の石段がのびている。
その上には5つの社殿が立ち並ぶ、五社堂がある。

b0062963_13103767.jpg


そこに伝わるのはこんな話だ。

鬼たちの乱暴に困り果てた人々は、ある日、話し合いの末、鬼とのこんな賭けに出る。
「山の上にある赤神神社の五社堂まで、1000段の階段を作ってくれ。もし一晩のうち、一番鳥が鳴く前にできたならば、望みどおり毎年、娘をひとりずつ差し上げる。
しかしできなければ、二度と村には姿を現さないでほしい」
鬼とはいえ、一晩のうちに1000段の階段を作ることなどできないだろう・・・そう思っていた村人たちだったが、階段がたちまちできあがっていく様子を見て、不安になり、アマノジャクに相談した。するとアマノジャクは、あと1段で完成というその間際に、「コケコッコウ!」と泣き真似をした。
それに気づいた鬼たちは、驚き、また怒り狂って姿を消し、以後人々の前に姿を現さなくなった。村人たちは、鬼を祀り、それがナマハゲの起源となった。
五社堂までの階段が999段なのには、こんな由来があるという。

ナマハゲ、ロシア人説を求めて、999段の階段を登ってみたわたしだったが、そこでこの伝説に出くわすと驚きのまま、そこに棒立ちとなってしまった。
「こんなことがあるものか・・・」
というのも、わたしはこれと全くおなじモチーフの鬼の話を別の場所で聞かされたことがあったのである。しかもそれは、ロシアとは全く逆方向、かつて訪れた長崎県五島列島のひとつ、久賀島であった。

赤神神社の公式ホームページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-06 13:18 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(1)
漂着ボトルとナマハゲの関係
b0062963_13513864.jpg


カリフォルニアからの返事が来るまでのあいだ、今回の漂着ボトルについて、もう少し考えを深めてみることにしよう。

ロシア語のメッセージは、どのようにして日本海沿岸の丹後半島(京都府)に漂着したのだろうか?地図を開いてみよう。すると日本海を北から南へと流れる海流の存在に気づく。
リマン海流。極東ロシアからのメッセージ・ボトルを運んできたのはこの海流に違いない。

b0062963_13491363.jpg


そして北からの海流を見ていると、リマン海流によって運ばれてきたのはメッセージ・ボトルだけではないことがわかる。
秋田県男鹿半島のナマハゲ。ナマハゲといえば毎年、大晦日、各家々に「ウォー、ウォー」とうなり声をあげながらやってくる何とも恐ろしい存在。
これまでのところ、その正体はおろか、ルーツさえつきとめられていないが、説のひとつに「漂着ロシア人説」というのがある。
日本海沿岸にロシア人が漂着した、という記録は歴史の中にも何度も見られる。
大きな体躯のその人たちは助けてくれと大声で叫んだが、言葉を解す人は誰もいないまま、その恐ろしげな様子は人びとのトラウマとなり、ナマハゲに転じていった、というものである。
見たところナマハゲは鬼だが、ロシア人との初めての遭遇は鬼との出会いのように人びとに鮮烈な印象を与えた、という。

漂着ロシア人がナマハゲになったというこの説は、にわかには承服しがたいような気もする。
が、しかし今回ロシアから漂着したボトルは、人間の理性さえ越えた1つの現実を確かに突きつけてくるのである。

すべては、リマン海流のなせる業か・・・。

(写真: 秋田県男鹿半島のナマハゲ像。そのルーツはリマン海流に流されてきたロシア人か?)

ナマハゲについて知りたい方はこちらがおすすめ

世界地図→MSN Encarta
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-05 13:57 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
漂着ボトル追跡 カリフォルニアのワイナリーからの返答
b0062963_1044124.jpg


日本海に漂着したメッセージ入りのボトル。
”レッドウッド・ワイナリー”というブランド名から、
それはカリフォルニア・ワインだったことが見えてきた。

そして瓶の出所を求めるわたしの問いかけに、6月4日、アメリカからこんなメッセージが届いた。

Hello Daisuke,
I have heard of the name but when I looked through all of our winery
information I couldn't find it. It is Redwood Winery and it's possible that
it's a brand owned by a winery with a different name. I'll continue to ask
around and maybe next week I'll have found out who it is for you.
Kind regards,
Darlene Severn

こんにちわ ダイスケ
私自身、そのブランド名には聞き覚えがあります。しかしここレッドウッド・ヴァリー・セラーズの全情報にあたってみたものの、そのワインを見つけることはできませんでした。
「レッドウッド ワイナリー」というワイン名はおそらくワイナリーの名前とは違うのでしょう。
周囲の知り合いにもっと聞いてみますので、たぶん来週にはそれがどこのワインかお伝えできることでしょう。
草々
ダーリン セヴァン

カリフォルニアの青い空のもと、果てしなく広がるぶどう畑。
ダーリンさんからのメールを読むうち、そんな光景が脳裏に思い起こされてきた。
彼女からの情報を待つことにしよう。

(写真:アメリカに送ったボトルのクローズアップ写真。残ったラベルには「REDWOOD WINERY」と見える。提供は竹田正義さん)
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-04 10:04 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
漂着したボトルの追跡
ビンにメッセージを詰めて送ってきたのは、ロシア人。しかもどうやら船舶関係者だったことが前回までの調査でわかった。

しかし面白いことに、ボトルの発見者、竹田正義さんから届いた情報をよく見てみると、ワインボトルとコルクには、”Redwood Winery"とその出所が書かれていることがわかった。

b0062963_10333794.jpg


「レッドウッド・ワイン醸造所」。わたしは英語で書かれたその醸造所をインターネットで検索してみることにした。
するといくつかのヒットがあり、それはアメリカ、カリフォルニアにあるワイン醸造所であることがわかった。
ロシアから流されたと思しきビンは、もとをたどればアメリカのワインだったのである!

いくつかあるサイトをさらに見ていくと、わたしは最終的にレッドウッド・ヴァリー・セラーズのホームページにたどりついた。
そこはその地域の醸造所を取りまとめている醸造所組合的な存在であるようだ。

さっそくわたしは、そこに向けて6月2日、こんなメッセージを送った。


Dear Sir,
Last year, we found a messgae in a bottle on the Japanese beach.
The message was written in Russian but we found the bottle was of "redwood winery".
Today I found your home page and would like to ask you confirming the wine is yours or not.
Here I would like to attach a picture for your view.
Thank you.
Daisuke Takahashi
Japan.

拝啓 
昨年、日本の海岸にメッセージが入ったボトルが届きました。
それはロシア語でしたが、ボトルは「レッドウッド・ワイナリ」とありました。
ホームページを拝見し、そのビンがそちらのものであるかどうか、お尋ねしたく思っております。
参考までに写真を添付します。
よろしくお願いします。
高橋大輔 
ジャパン

果たして反応やいかに!


メッセージを送ったレッドウッド・ヴァリー・セラーズのホームページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-02 10:36 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
漂着メッセージを解読する
海の向こうから流れ着いた1本のボトル。
コルクでしっかりと封がされたそのなかには、
どこかの誰かが送ってきたメッセージが入っていた。

紙の表側に書かれているはロシア文字とグラフ。
さっそく目に付くところからロシア語辞典を引いてみる。

Temпepatypa пoдorpeBa ToплиBa
(温度)       (余熱)     (燃料)

Mapka  MaЭyra
(表)   (重油精製後の残滓)

なんとなく、この表が何を意味するのか、おぼろげにわかってきた。

しかし、問題はその裏だ。なぐりがきされたような筆跡はとても読めない・・・。

ロシアにいる誰か・・・と思っていたらブログにもよくメッセージをくれる扇谷孝子さんが
ウラジオストック(当時)にいることを思い出した。さっそくコピーを送り、解読を依頼した。
そして身近にいるロシア人に見てもらったところ、この表は船舶関係のものであるという。
謎めいて見えたグラフにはこんなタイトルがつけられていた。

「ボイラー及びディーゼル燃料の余熱温度による粘性の変化」

なるほど。これでこのメッセージを書いた人は船舶関係と縁がありそうだ。

それでは裏。
ロシアの扇谷さんから届いた翻訳は、SOSとはおよそ異なるこんなメッセージだった。

b0062963_151492.jpg


Привет пацаны! 

Мы хотим, чтоб наши
дети имели
багатых родителей!


「やあみんな!

子供たちの親が
みんな裕福でありますように!」

さしあたり、危急を告げるSOS信号ではなさそうだ。
しかし暗号めいている感じは拭いきれない。

メッセージもさることながら、よく見るとボトルそのものに追跡のもうひとつの手がかりが残されていることがわかった。なんとそのボトルは、ロシアのものではなかったのである。
[PR]
by born_to_explore | 2005-06-01 01:10 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)