物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
梅原猛氏 推薦!
本にはなからず帯がついている。
帯を作り上げるのはその本に関わった編集者。
それがどんな本であるかを簡潔にまとめ、時には推薦者からのお墨付きも取り付けてその小さなスペースに集約させる。もちろん本屋に並んだときに、それが面白そうな本かどうかを判断される最初の試金石的な存在ゆえに本の重要な顔でもある。。

8月25日刊行(予定)の『浦島太郎はどこへ行ったのか』の帯コメントが新潮社の編集者から届けられたので紹介しよう。

(表表紙にかかる帯)
昔話の主人公は、実在していた!
丹後、対馬、長崎、中国・山東省から遼寧省、讃岐、鹿児島、沖縄まで
――謎を追って得られた新発見とは? 

(裏表紙にかかる帯)
浦島太郎を神界へ誘う亀の正体とは? 
龍宮城はどこにあったのか? 
玉手箱にはなにが入っていたのか? 
――などなど、ウラシマの疑問が次々と解かれる!

この「ウラシマの疑問が次々と解かれる!」というところが、この本の一番の売りだろうか。

そして大変ありがたいことに、この本の推薦者として、梅原猛氏から「推薦!」と太鼓判を押していただけることになった。

わたしはこれまで梅原氏の本を何冊も夢中になって読んできた。世の中の「常識」に対して疑問を投げかけてみるという発想や姿勢に、大きな影響を受け、それがわたしの探検のバックグラウンドの一部をなしている。

「浦島太郎は実在していた!」世の中の常識からすれば、全く相手にされないようなこの仮説を信じ続けて旅ができたのは、梅原先生の著作から得た勇気を持ち続けられたからこそのことであった。

そして一読者として敬愛していた先生から、推薦がいただけることは大変光栄なことです。
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-31 14:29 | メディア | Comments(5)
秋田での講演会
b0062963_2239138.jpg

今日は秋田で講演会。
なかなか梅雨が明けない秋田ですが、気分はもう探検の夏全開!
満場御礼の大入りで、多くの方が足を運んでくれました。
ご来場のみなさま、ありがとうございました。

講演会は普通、依頼があるとその日に出かけていって、何かをしゃべって終わりというのがパターンなのですが、秋田市立中央図書館明徳館での講演は、告知から、会場装飾までが丁寧な手作りで、主催者と講演者、それに参加者の距離を感じさせないいいイベントでした。講演というのはつまりは”ライブ”であって、良くも悪くも生ものであり、一期一会なのですが、その三者の、気持ちが重なり合ったところに、価値創造がうまれるものだと感じました。

一般の部が終わって次は、子供の部。
8月3日 10:30~11:30

浦島太郎は本当にいた!だなんて、言い出す探検家に、いったい子供たちはどんな反応をしめすのでしょう・・・。

講演者のわたしは、いまから興味深々だったりします。

参加は無料!詳細はこちらから

秋田市立中央図書館明徳館のページ
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-30 22:41 | メディア | Comments(6)
東京講演決定
b0062963_021220.jpg
一般の方が参加できる東京での講演会が決定しました。(50名限定 予約制)

現在『自遊人』に連載中の旅は、JTBのツアー「地球シンフォニー」をベースとしたものですが、今回のわたしの講演は、その旅行説明会の一部で実施されます。

交通網の発達でこれまでの世界旅行は、地球体感へと変りつつあります。
今回はそんな地球体感という新しい旅の魅力に迫ります。
写真、映像などを駆使した一時間。いっしょに地球をひとめぐりしませんか!?

開催日:9月3日(土)1400-1600
会場: JTBワールドバケーションズ(東京都品川区上大崎)
申し込み等詳しくは現在発売中の『自遊人 9月号』をご覧ください。

(写真:グリーンランドの氷海をゆく。遠くに見えるのは巨大な氷山)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-30 00:04 | メディア | Comments(0)
ジンギスカン
b0062963_1063756.jpgここは北海道。もちろん来たからには、ジンギスカン!

しかも今年は特に、全国的にジンギスカンが大人気。

秘密は「太らない」「ヘルシー」そして「安い!」と、良いことずくめであるからには、やはりここは一つドーンとジンギスカン。

北大の図書館で一日中、本の虫をしていたわたしは、夕方の閉室とともにいざ出陣。向かったのは近くの「ジンギスカン 義経」

義経といえば、今NHK大河ドラマで放映中の源義経のことであるが、ジンギスカン・・・義経・・・北海道とくれば、そこに「伝説」の匂いを感じないわけにはいかない。
義経は歴史上の人物であるが、その悲劇的な運命から数々の伝説で彩られている。なかでも「北行伝説」。兄、源頼朝から追われる身となった義経は、北へ逃避行し、奥州平泉から、現在の青森、そしてついには北海道に渡ったという。
そしてそれだけでは済まず、大陸へと足を踏み込んで各部族を平定し、ついには成吉思汗(ジンギズカン)になったというのだ。(ビックリ!)そして伝説では、兄と鎌倉幕府への恨みをはたすために大軍で押し寄せてきたのが、元寇、つまりモンゴル軍の襲来だという。元寇といえば、対馬から北九州を舞台とした戦乱が思い浮かぶが、それと相前後して、彼らは北へも攻め入って、北海道の北にあるサハリンへと上陸し、南進を図った。

と、またもや前書きが少々熱くなったが、そんなバックグラウンドもあり、「ジンギスカン 義経」という店名は、まことにロマンにあふれている。食も進みそうではないか!とばかり、いざ、中へ。

まずは席につくなり本場の出来立てビール、サッポロの冷たくキンキンにグラスまで冷えた生ビールをぐっとやる。

b0062963_1073238.jpgジンギスカンとは、鉄兜をイメージさせる鍋の下でガンガン火を焚き、熱くなったらその上に、羊肉をのせてジュウジュウいわせながら食べる。羊肉はさすがに北海道、肉がピカピカと光り輝いていた。それを鉄鍋にのせると、その兜から炎とともに音が立つ。

ジンギスカンはそのジュウジュウいう音もいっしょに食べることが肝心。皿に取ったままさめてしまったものには目も当てられない。そもそもジンギスカンは焼肉とは違い、肉にははじめから特製のアマダレが漬け込まれている。

だからこそ鉄鍋から一気に、口に持っていって、音とともに焼きたてをほおばるのがイイのだ。それなくして、ジンギスカンはない、とわたしは思っている。

そうして肉を何皿か平らげると、(わたしは無我夢中、無我の境地のうちに4皿いった!)肉汁が兜型の鍋のそこのくぼみに落ち、そこに置いた野菜、玉ねぎやジャガイモ、かぼちゃ、モヤシなどにいい具合でうまみが染み込んでいる。

その野菜類とさらに焼き足した肉を白いご飯に乗っけて食べる。タレと肉汁がしみた野菜が絶妙!これでメシが何杯もイケル。

気がつけばわたしは牛若丸のように豪快に食べていた・・・新たなる北の伝説の始まりか・・・?
b0062963_1084770.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2005-07-28 10:14 | 探検家の日記 | Comments(4)
スープカレーしました
カレーライスか、はたまたライスカレーか?

 この永遠のナゾを帰納法的にも演繹法的にも解決できた人はこの地球上には誰もまだいないが、それを解く鍵は世界の文化人類学を縦横に駆使する博覧強記に加え、スパイスを丸呑みするほどの健啖家である必要がある。その上で日本文化を他との十分な比較考証の上に理解、吟味したところに、解決の糸口がある、ことはそれほどの大問題だ!とわたしはひそかに考えているのだが、この哲学的ともいえる問題に解決の目処もたたないうちに、札幌ではすでに、カレースープか、はたまたスープカレーか、という、これまた深遠にして幽遠なるナゾが勃発している。
b0062963_9214217.jpg
 と、前書きが長くなったが、もはや札幌の新名物といえば、そのスープカレー。あまりにも有名なスープカレーの専門店ピカンティが北大近くにあると聞き、さっそくスープカレーしに出かけた。

ここではスープの種類(カレー味のスープといっても9種類ある)を選んだら、メインの具材を8種類から選び、辛さを5段階から決め、そして27種類からお好みのトッピングを追加して、完成させる。

店員のアドヴァイスをもとに、わたしは

スープは「開闢」(かいびゃく)・・・純和風カレーの絶妙な味

メイン具材は「沖縄風豚の角煮」・・・こってりと煮込んで味がよくしみこんだいわゆる豚トロ

辛さのレベルは 5段階中の2 (このレベルは知覚の扉と名前がついていた。ちなみに5段階中の最辛は「アガリ」)

それにトッピングは「温泉たまご」b0062963_9295024.jpg

としてみた。

トッピングには「ひきわり納豆」「チーズフォンデュ入りもち」「アボガド」「にがり寄せ生揚げ豆腐」などおよそこれまでのカレーの常識をくつがえすような品々が並んでいる。

スープカレーはさすがに札幌だけあって、本家味噌ラーメンをほうふつとさせるどんぶりにスープが注がれ、そこに揚げたり、焼いたり、茹でたりした温野菜がドーンと乗って大変ヘルシーでもある。さらに和風味のカレースープと豚の角煮、温泉たまごが渾然一体となり、これまでになかった舌福が見事にかもし出される。
b0062963_9233735.jpg
スープカレーにつくのは、サフランライス。それをスープに浸しながらほおばり、和風味のカレースープがからまる肉や、おつゆがたっぷりしみこんだナスは絶妙!

このようにライスをスープに浸しながら、豊富な具材とともに食べるから「スープカレー」

しかしライスを口にほおばって、スープを飲むという、「カレースープ」としても相当イケル。

スープカレーか、はたまたカレースープか? 

スプーンひとさじのライスを最初に口にもっていくか、スープに持っていくか? そのビミョウなラインで流派は大きく真っ二つにわかれるのである。
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-27 09:34 | 探検家の日記 | Comments(0)
大志は抱いているか
b0062963_8533371.jpg札幌にやって来た。

本を読むための旅。

一冊の本を手に取ると、それが二冊、三冊と連鎖していく。

そしてその果てには、必ず手に入らない本というのが出てくる。

そしてそれを見ない限りは、先へ進めないということがおきてくる。

もちろんそれらは手稿だったり、手書きの地図だったりすることも多い。

世の中の本というのは「売れる」から刷られるので、そういう商業的な目的に
当てはまらない原稿は「アンパブリッシュド・マニュスクリプト」つまり、
未出版(発表)原稿と呼ばれる。むろん、その中に未曾有の価値のあるものは星の数ほどある。

今回はそんな手稿をみるために、北海道大学へきた。

千歳空港から、北大に駆けつけ、猪突猛進、イノシシのごとくそのまま図書館へ。

閉館まで過ごして外に出ると、外はもうほの暗かった。

さわやかな風と鳥の鳴き声に、ふと、北海道に来たことを実感する。

北大構内で、クラーク博士の胸像と対面した。

ボーイズ・ビー・アンビシャス!

少年よ、大志を抱け!

大志を抱けるうちは、少年の心を失わないのではあるまいか・・・もやは壮年となったわたしではあるが、探検家にはどうしても少年の心が必要不可欠なのである。

ならば、大志を抱き続けよう、と大志を抱いたのであった。
b0062963_8542792.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2005-07-26 08:57 | 探検について | Comments(0)
バタフライ
普段、欠かさずに行なっているトレーニングのひとつは水泳。

とにかく水に入り、1時間ほど足を地面につけることなく泳ぎ続ける。

水泳は基本的に四泳法あるが、これまでバタフライがいちばん問題だった。

キックから、プル、リカバリーのタイミングがよくなくて、25m泳ぐとへとへと。

そこで7月をバタフライ向上強化月間に設定し、毎日試行錯誤の繰り返しをしてきた。

何か挑戦するものがあるというのは、日々の暮らしの中では張り合いがあり、とても大切なこと。

しかも、頭を使ってする挑戦と体を使ってする挑戦のバランスが、とても重要だと思う。

わたしは学校に通ってテストを受けて・・・というように人から「教えられる」のがどちらかというと苦手。

水泳も例外ではなく、「やりたい」と思ったら、自分のペースでやらないと気がすまないし、体もついていかない。

そこでお手本となる泳法をインターネットで検索したら、動画でとてもいいサイトがあった。

それをパソコンに取り込んで、何度も自分の動きと比較しながら、イメージトレーニングをする。そして水に入る。このプロセスが楽しい。

毎日、すこしずつ何かが改善されていく。

このサイトの動画でバタフライを攻略!(クリック)

これは水泳に限らないことだけれど、何かをマスターするというのは、自分の体を使って発見することではないかと思う。

ようやく、無駄な力がかからずに、25m以上泳ぐカタチを発見できた。

バタフライをこれまでわたしは「豪快」な泳ぎだと思っていたが、実際には「リズミカル」なものだった。

今後は、距離を伸ばしていく。目標はもちろんトビウオのように泳ぐこと!?
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-25 07:41 | 探検家の日記 | Comments(2)
探検家クラブ(米・ニューヨーク本部) メンバーシップカード(裏)
b0062963_894548.jpg海外に出るとき、命の次に大切なものはパスポートだと言われる。

わたしが探検に出かけるとき、パスポートのように肌身はなさず持ち歩くのが探検家クラブのメンバーシップカード。

それには訳がある。それはカードの裏面に記載されたこの一言にある。

The Explorers Club
- Founded 1904-
The individual whose name appears on this card is an elected member of The Explorers Club. In the name of exploration,
please grant all possible assistance and protection to the bearer.
Sir Edmund Hillary, KBE
Honorary Chairman

探検家クラブ
-創立1904年-
このカードに名前が記載された個人は探検家クラブが選抜したメンバーです。探検の名において、この所持者に可能な限りの協力と保護扶助が与えられますようお願いいたします。
サー・エドモンド・ヒラリー
名誉会長

世界最高峰エヴェレスト山の初登頂を果たしたエドモンド・ヒラリー卿のサインとともに、世界中の関係諸機関に「探検の名において」と要請されたこの一文。
カード所持者が行なう全ての探検活動は、探検家クラブから支持を受けたものとなる。

さらにそれだけではない。これは装備品の一つでもあるのだ。
そこにはセンチメートルとインチを測るものさしがついている。
探検家は一つの道具をどう二つ、三つ分の道具として活用できるかに真価が問われる。

もはやこれなしに探検に出かけることは考えられない。
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-24 08:14 | 探検について | Comments(6)
探検家クラブ(米・ニューヨーク本部) メンバーシップカード (表)
探検家クラブはニューヨーク、マンハッタンにある。

受付以外は、メンバーズ・オンリーで、1階にはラウンジ、そしてエクスプローラーズ・バーというのもある。
b0062963_13332913.jpg
出かけていくとバーでは、ビーフ・ジャーキーとバーボンのショットで歓迎を受ける。

おつまみにはポップコーンが出てくることもあるが、ここでは酒はバーボンが正統派。



足元の鉄棒に、片足をひっかけて、ショットグラスをぐいっとあおる。

ラウンジには会員が世界各地から持ち込んできた民族舞踊の仮面やビックゲーム・ハンティングのトロフィーであふれている。

またホールに出ると、そこには古びた地球儀が置かれていて、あのコンティキ号漂流で有名なトール・ヘイエルダール氏が探検計画を立案するために使った一品。と、そこここに転がっているのは、いわくつき、伝説に彩られた品々ばかり。

探検家クラブのメンバーになると、メンバーシップカードが送られてきて、それを見せればニューヨークのクラブハウスで自由に過ごすことができる。そこには地図もたくさんあるし、探検本はここでしか読めないような貴重なコレクションも多い。そしてむろん、わたしもニューヨークのそこに探検拠点をもって、自分だけにしかできない探検計画立案に没頭するのである。

疲れたら、バーで一杯。お腹が減ったら、外に出ればそこはニューヨーク。エスニックから、分厚くジューシーなステーキを食べさせてくれる店まで不自由はない。

(写真: わたしのメンバーシップカード、表面。そして裏面にはさらに心憎い仕掛けが施されているのだが、それについては次回語ることにしよう)
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-22 13:48 | 探検について | Comments(0)
海賊旗 ジョリー・ロジャー
b0062963_1411191.jpg
(写真:でました!世界に名だたるジョリー・ロジャー!)


海賊旗は、俗にジョリー・ロジャーと呼ばれる。

もともとは17世紀中ごろのフランスのバッカニア(私略船海賊探検家)バーソロミュー・ロバーツのエンブレムに由来している。

彼のニックネームは"Le Jolie Rogue" といい、海賊旗もそこに起源がある。

黒地に髑髏のマーク。明らかに「死」を暗示するこの旗が「ジョリー」(ご機嫌な)と呼ばれているのにはことさら恐怖心をあおられる。

しかしなぜかこの旗に、不思議と冒険心がくすぐられるのも確かだ。

海賊、財宝、秘密の地図、水平線、無人島、見果てぬ夢、1枚の旗から実にいろいろな言葉が連鎖していく。

こんな旗、めったにない。

もはや過去の産物と化したジョリー・ロジャーだが、世界標準時、経度0度が通ることで知られるイギリスのグリニッジの海洋航海用具商、ノーティカリアでレプリカ旗を購入することができる。

さすがは名だたる海賊を輩出したイギリスだけあって、現在でもこの店では、ラム酒のボトルから、ランプ、船員用の衣装、伝統的なものから最新鋭のデジタル化された航海計測器まであらゆるものがそろう。

わたしもグリニッジに出かけたときは必ず立ち寄る店だが、財布をもって行くととんでもないことになる。

まるで海賊の仕業かと思うくらい、店を出るときは財布が極端に軽くなってしまう。

ノーティカリアのホームページを見る場合はこちらをクリック
[PR]
by born_to_explore | 2005-07-21 14:16 | 探検家の日記 | Comments(0)