物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ウミガメの人びと
b0062963_9395542.jpg
浦島太郎を旅すると、浦島ワールドが開けてくる。わたしは、そこでウミガメの人びとに出会った。大阪の枚方市には日本ウミガメ協議会(ここをクリック!)というNPO法人がある。会長は亀崎直樹先生。浦島を旅したら、日本ウミガメ協議会の存在を知り、亀崎先生と出会う。こんなことが現実にあっていいものか!正直そう思った。

浦島太郎を追跡して亀崎先生と旅を始めたころ、わたしはそれまで十三年間働き続けた広告会社を辞めて、探検家の道を歩み始めた。電車の中でそんなことを語ると、亀崎先生もまたかつてはサラリーマンとして働き、ウミガメ研究を成就させるために会社を辞めたのだということを知った。

もともとは浦島のウミガメ追跡のために飛び入りで訪ねていったのだが、見ず知らずのわたしをそっと受け入れてくれた亀崎先生にもそんなバックグラウンドがあったことを知って胸が少し熱くなった。

「社会からみたら、ウミガメをやっているのは少人数。でも探検家も少ないなあ」と言って亀崎先生は笑う。

しかし先生が代表を勤める日本ウミガメ協議会の研究は世界に通じている。ウミガメのことで世界各地を飛び回り、学会で発表し、アメリカのスミソニアン博物館とは共同で研究書を出版したり・・・。

自分のフィールドを信じて、世界に飛び出そう!

亀崎先生との出会いは、わたしにとって勇気100倍だった。

(写真:ウミガメ協議会にはユニークな日本の逸材が集まってくる。左から現代の浦島伝承地でウミガメを助けた竹田さん、探検家、亀崎直樹先生、そして南米コロンビアからの帰国子女で、当地のジャングル体験から自然派を自他共に認め、ラテンの陽気さも併せ持つ水野さん)
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-31 09:48 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(3)
表紙の裏舞台
b0062963_9285641.jpg『浦島太郎はどこへ行ったのか』(新潮社)
何といってもまずはこの表紙のカバー写真に目を惹かれる方も多いのではないかと思う。
カメの背に乗った浦島は一路、龍宮へ。何やらきらびやかな御殿が見えてくる。そんな浦島の感動を追跡した著者は、カメの背に乗り、空と海が重なり合う水平線を見つめる。

この写真が撮影されたのは、兵庫県豊岡市にある水族館、城崎マリンワールド。(ここをクリック!)大きな石造のカメのオブジェが海辺に横たわり、その背後には龍宮が再現された後ヶ島が浮かんでいる。はじめてここに立ったとき、わたしは直感的に「表紙だ!」とピンときてしまった。

そこで三度目の訪問のとき、同行していたウミガメ学徒の石原孝さんにお願いして撮影をすることになった。まずは石原さんにウミガメの背に座ってもらって、わたしがデジカメで撮影。撮りたい構図を伝え、打ち合わせの後、スチールカメラでおよそ70カットほど一気に連写していただいた。

b0062963_9303696.jpgこの日はウミガメに発信機を取り付けた追跡調査を行なうために駆けつけた日本ウミガメ協議会(ここをクリック!)の島さん、助手として参加の石原さん(現在東京大学の大学院でウミガメを学んでいる)とともに城崎マリンワールドで職員(当時)の竹田さんと合流。





浦島太郎を旅すると、ウミガメ関係者と出会い、浦島ワールドはどんどん開けていった。

だからこのカットは、そんな現場の空気感まで凝縮された貴重な一枚でもある。

(写真下:左から島さん、竹田さん、探検家、石原さん)
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-30 09:37 | メディア | Comments(2)
NHK 朝の5分間
今日は少し早起きした。

b0062963_953330.jpg新聞朝刊のTV欄には、07:30から「”浦島太郎”の伝説・検証の試み」と紹介。

NHKの朝の全国ニュース「おはよう日本」の中の、東北地域向けローカル枠(東北6県)で約5分ほどのレポート。

浦島太郎のモデルとなった浦嶋子の航海。その航路はウミガメの生息域、回遊域にも重なるところがある。

b0062963_9154281.jpgそれが昨年日本ウミガメ協議会、城崎マリンワールドの理解・協力をいただいて実施したウミガメ追跡の結果や京都府の浦嶋神社の史料をもとに紹介。

映像の力は、自分が旅先で見てきたものやことが、自分の肉声とともに伝えられること。またレポーターや編集者の視点により、よりわかりやすく短時間で伝えられること。

b0062963_972053.jpg最近ではメディアの多様化でデジカメ(ブログ制作)、スチールカメラ(雑誌や印刷物)、ビデオカメラ(TV)と探検装備は重くなる一方で、実際、悩みの種でもあるのだが、

やはり今日のニュースを見て、ビデオは欠かせない!と荷物が重くなる事をいとわない決意を固めた。

(写真:(上)秋田さきがけ、朝刊TV欄。Gコードもついていた (中)地図はウミガメ追跡のひとコマ。日本ウミガメ協議会、城崎マリンワールドとともに行なった実験 (下)NHKおはよう東北の番組から)
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-29 09:11 | メディア | Comments(0)
スコットランド行きの航空券
b0062963_22184684.jpg9月早々にスコットランドへ飛ぶことになった。

スターアライアンスで、日本からスコットランドのエジンバラまでの航空券を買ったら、さっそく全日空から航空券が送られてきた。

今回で英国行きは何度目になるのだろう。英国には毎年1回は出かけている。

大体は調べ物とか、探検計画の実現のための滞在がほとんどなのだけれど、今回の滞在は少し様子が異なっていて、要は物を取りに行くだけ。

2005年1月ロビンソン・クルーソー島で発掘した出土物を、これまで分析が行なわれていたスコットランド国立博物館から回収してくる、というのが最大の任務。

運送が早く、安全になったこの世の中で、それでもわたしが人間宅急便のようにそれをとりに行くのはわけがある。

それらは世界で1つしかないものであり、無くしたら最後だから。世の中にはこんな旅もあるのだ。

いかにも、探検家的な旅。

わたしがエクスペディション・リーダー(探検隊長)を勤めたロビンソン・クルーソー島での発掘調査。その出土物をスコットランドから無事日本にもってきたら、次は無事に本国チリに送り届ける、という仕事も待っている。

こんなことも探検隊長の仕事なのだ。
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-28 22:22 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ネコのつぶやき
テレビ朝日系列の「あしたまにあ~な」は、あしたまねこという名前のネコが登場して、新しい情報をネコのつぶやきとともに紹介する番組。

『浦島太郎はどこへ行ったのか』(新潮社)も、ねこのつぶやきとともに8月24日に紹介された。

このつぶやきが、世の中をどこかナナメから見ているようなネコっぽくて、なかなか味があった。(ここをクリック!)

人間ばかりか、ネコも龍宮城や玉手箱の秘密に興味津々だったのか!? 知らなかった・・・。
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-27 11:32 | メディア | Comments(2)
NHK秋田でスタジオ収録
NHK秋田のテレビこまち(17:10~18:00)LIVE番組出演のはずが、台風11号が接近したため急遽、今日は収録となった。

b0062963_225089.jpg
リビングルームをイメージしたスタジオ・セットでは、番組のキャラクターこまちちゃん人形が「物語を旅する」という番組テーマを掲げて待っていた。



b0062963_22541030.jpg
テレビこまちの進行をつとめるのは小山径さんと森坂悠紀さん。どちらもソフトでやわらかい印象。話していて「癒されている自分」に気がつき、思わず2人のファンになった。




b0062963_2373364.jpg
本番前のリハーサルは2回。照明や立ち位置などを決めながら構成のながれを皆で確認していく。デスクの新里氏の指示に聞き入る四人の女性スタッフ。照明、カメラ、進行・・・番組のクオリティ(質感)をつくっているのはカメラの背後にいる彼女たち。




b0062963_2384855.jpg

収録後、スタッフで記念撮影。現在のところ番組放映は9月8日(木)17:10~。
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-25 23:13 | メディア | Comments(2)
『浦島太郎はどこへ行ったのか』 本日発売!
b0062963_8262048.jpg

『浦島太郎はどこへ行ったのか』(新潮社)髙橋大輔著は、いよいよ今日発売。

発売日、まずわたしがしたことは、自室の本棚に自分が書いた本をそっと立てたことだった。

これまで浦嶋伝説に関する本を読み、あちこちへと旅に出て浦島太郎を追跡してきたのだが、既刊の本を読めば読むほど、浦島の謎は大きくふくらむばかりであった。

浦島が出会った亀や龍宮の場所、玉手箱の秘密、そして浦島太郎の正体。それら素朴な疑問の答えは既刊の本には書いていなかった。

だからこそ、それを解くのは自分だ、自分しかいないのだと運命的なテーマとの出会いを感じた。

そして浦島伝説について書かれた本がズラリと並ぶ本棚に、自分の本を加えるとしたらこんなものを書きたい、こんな本が必要なのだ!・・・そんなイメージかつ決意を胸に調査、取材、旅、構想を繰り返し、執筆、完成!

だから本の発売日は、わたしにとっては自室の書棚、既刊の浦島の本の中に自分の本を立てることができる、ついにやって来たその時なのだ。
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-25 08:27 | メディア | Comments(3)
コーヒーカップ
b0062963_21192376.jpg一日のうち、あれこれと考え事をするときには、コーヒーが欠かせない。

しかし想像力をさらに飛躍させたり、誰も考えつかないことを思いつきたい時には、コーヒーカップも一役買う。

数年間、愛用のこのコーヒーカップ。くっきりとした黄色、そしてデザインのユニークさ。このカップでコーヒーを飲むと、いろんなアイディアがポンポンと弾むように出てくるから不思議。あくまでも書斎専用。

しかし紅茶を飲むときには、このカップは使えない。これで紅茶を飲むと、思考もどこかチグハグとなる。湯飲みでビールを飲むようなもの。

コーヒーは思考に効き、紅茶は感情に作用する、という気がする。だからかもしれないが、紅茶を飲むときは、主張のない白くしかも薄いカップが一番いい。色つきのカップでは、紅茶の香りを心底楽しめないようでもある。

カップは、コレゾ!というものを見つけたら、買う。しかしこの黄色いコーヒーカップを使い始めて以後、これを越えるような、ピンとくるカップにはお目にかかっていない。

ということで、今日もこれで一杯、至福のコーヒー。茶菓子には奄美の黒糖をかじったりするのも、なかなかオツなものだ。
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-24 21:23 | 探検家の日記 | Comments(1)
NHKのニュース収録
b0062963_236484.jpg「おはよう東北」NHK東北6県ネット・ニュースの収録(8月29日(月)放送予定)を行なった。

浦島太郎を追いかける旅とは? 物語を旅するとは?というわたしの探検のコンセプトやその成果、今後の夢などを語った。

企画・構成から打合せ、撮影、編集まで一貫して一人のディレクターが担当。実際に放映されるのは5分ていどだが、収録には数時間かかるし、その前の打合せも入れると、放映されるのは本当に氷山の一角。

わたしも広告会社に十三年勤務していたので、15秒のTVCMを3日がかりで撮影したことがあった。文章も映像も、短くなればなるほどむずかしい。そして原稿用紙の枚数や映像の尺数に反比例して、それに要する時間は長くなる。

そこが苦しいところだが、しかしカメラかついで颯爽とやってきたNHKの冨田さんは、そんな苦労を微塵も感じさせない。同世代の女性からも賛同や共感を得るカッコよさがあるナと思う。
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-23 23:09 | メディア | Comments(2)
ポジ・セレクト
b0062963_22412868.jpg


ロビンソン・クルーソー島での探検成果を発表するための準備に追われている。

今日は『ナショナル・ジオグラフィック日本版』10月号に掲載するためのポジ(スライド・フィルム)を確認した。

南米チリのロビンソン・クルーソー島には、果てしなく青い空と海がある。

探検のシーンが映しこまれている1コマ、1コマをじっとみていたら、探検というのは青い空と海の中に自分の存在価値を探し出していく人間の営みのことをいうのではないか・・・とふと感じた。

ロビンソン・クルーソー島の探検から帰国して5ヶ月。そろそろまたあの空と海が恋しくなってきた。

しかし、探検家にとっては、あの青い空と海の中で、いったいどんな体験をしたのか、何を発見したのか、それを報告することも大きな仕事のひとつ。

35mmのポジに映しこまれた空と海をまえに、これまでのこと、これからのことが、交錯する。
[PR]
by born_to_explore | 2005-08-22 22:43 | 探検家の日記 | Comments(0)