物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ナショナル・ジオグラフィック 取材ノート
ロビンソン・クルーソーの住居を探し当てたナショナル・ジオグラフィックの探検。
探検隊を率いたわたしにとって、毎日は興奮と不安の連続。
そんな探検の日常をナショナル・ジオグラフィック日本版のホームページで少しだけ紹介しました。最高の経験、最悪の体験、そして最も奇妙な思い出。
探検の取材ノートから、喜怒哀楽を感じ取ってください。
取材ノートはここをクリック!
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-29 22:32 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
財宝発見の報道
9月26日、チリから「ロビンソン・クルーソー島で史上類を見ないぐらいの財宝が発見された」というニュースが配信された。

このニュースは日本ではあまり報道されていないようだが、英国ではBBCも興味を示しており、一部ではロビンソン・クルーソーの住居を発見した探検家が財宝も発見した
という混同や混乱を招いている。しかし実際のところ、ロビンソン・クルーソーの住居発見に関わったナショナル・ジオグラフィックの探検チームは科学的調査であり、
いわゆる今回の報道の「宝探し」とは関係ないことをあらかじめお断りしておく。

さてこの財宝発見の報道だが、私自身のチリでのネットワークに確認したところ、正確なところ、発見されたとはいうものの財宝はまだ発掘されてはいないようだ。
金属探知機が強烈な反応を示したことにより、財宝であることが確実である、という発表。

b0062963_2139257.jpg海賊の拠点であっただけに、これまでにもロビンソン・クルーソー島では宝探しが行なわれてきたが、それは地面に巨大な穴を開けただけであった。
ちなみに今年1月の探検中に、わたしがその場所を訪れた時は、まだ人々が穴を掘り続けていた。(写真参照)

今回、金属探知機が反応したというのは、そことはまた別の地域である。
正直、財宝が発見されるまでは何ともいえないが、発表した人は自信満々。それは1715年ごろ、スペインの海賊が運んだインカの財宝、金貨、銀貨など日本円にして1兆1000億円はあるとのこと。

そんなものが発見されたらとんでもないことになる。チリからの情報を待ちつつ、当ブログでも随時紹介していきたい。

(チリにいらっしゃる方で、情報を得た方はどんなものでも構いませんので教えてください!)
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-28 21:41 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(5)
体感!世界同時発表
おかげさまで9月15日の記者会見(ロビンソン・クルーソー住居発見)の反響はとても大きく、先週はあちこちから問い合わせや質問、インタヴューなどが殺到して、ほとんど一日中携帯電話に話しかけているという日もあったのだが、それには世界同時発表だったこともある。

早朝にチリからファックスが届いたり、深夜にスコットランドからインタヴューの申し込みがあったり、昼過ぎに少しウトウトしていたら、香港の新聞社から携帯に直接電話がかかってきたりと、完全に夜討ち、朝駆け状態。しかもジャーナリストは皆、時間に追われているので、その時、その場で情報を取らなければならないので、「あとで」というわけにもいかない。

ニュースは世界を駆け巡り、ロンドンの「ザ・タイムズ」、アメリカの「ヘラルド・トリビューン」さらにはチリ、オーストラリア、果てはインドまで。

しかしさすがに欧米でも土日は休みになるので、この土、日は電話もなくファックスもなく、少しゆっくりして酒を飲みに出かけた。

それでもインターネットの時代だからこそ、やりとりはとてもスムーズ。自分がいる場所が世界と直接つながるオフィスになる、オフィスにしえる、そんなツールとしてのラップトップの物凄さを改めて実感。世界同時発表で、わたしは慢性的な寝不足を体験した。これはやはり、猛烈で異常な体験だった。
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-25 22:25 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
これがわたしの号!
b0062963_11251120.jpg
ナショナル・ジオグラフィック英語版、10月号が届いた。ついにロビンソン・クルーソーの発見がニュース・セクションの「GEOGRAPHICA」で報告された。

これがわたしの号!

ここには前回、紹介した木に登って撮影した写真が掲載されている。ページを開いて、写真を眺めていると、いろいろな思い出が去来した。たった一枚の写真。しかしこの一枚にはわたしの13年間がすべて凝縮されている。そんな中身の濃い2ページ。筆を執ってくれたのは、「ナショナル・ジオグラフィック」誌シニア・エディターのピーター・ミラー氏。氏は本誌で「探検」を担当する編集部のトップ。ワシントンDCで、電子メールで、じっくりとインタヴューした内容が、短いながらも誌的に表現されている。

思えばはじめは憧れだった。雲の上の存在だった。
そんなナショナル・ジオグラフィックに自分の撮った写真が載る日が来るとは・・・。
夢は大きく描くもの、そしてどんなに見果てぬものでも夢は実現できるもの。
探検し、発見して、それをナショナル・ジオグラフィックを通じて世界に伝える。
世界の第一線の探検家が夢を形にするそのプロセス。イバラの道には違いないけれど、わたしもそこを歩ききったら、そのイバラにはやがて美しい花が咲くことを知った。

英語版の2ページでは読み足りないと感じられる方には、ナショナル・ジオグラフィック日本版(9月30日発売)が4ページを割いてくれました。そこには発見の時の様子を私自身が書いたので、併せてご覧ください。また今後、新たに本(続編)も書いていこうと思っています。
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-24 11:29 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(5)
ナショナル・ジオグラフィックからの指令
b0062963_0254544.jpg
ロビンソン・クルーソー島での探検。
2005年1月~2月の2ヶ月間の探検期間中、リーダーであったわたしにワシントンDCのナショナル・ジオグラフィックから「遺跡と海、そして山、それらを一枚絵で写真におさめて欲しい」と要望があった。しかし現場をよく調べてみると、それに応えるには木に登るしか他に方法はない。木登りは得意ではなかった。しかし木に登らなければ、自分の発見や実在したロビンソン・クルーソーが見た風景を世界に伝えることはできない・・・。そこで意を決して5メートルの樹上へ。どうにかフィルムにおさめて報告すると、本誌編集部は「ナショナル・ジオグラフィックの写真は光がいかにゴージャスであるか、どうか。だから朝昼晩、あらゆる機会をとらえて撮り続けて欲しい」 以後、わたしの木登り生活が始まった。朝、昼、晩と時間を変えて山中の遺跡へ出かけては、木に登って写真を撮り続けた。おかげでどうにか木登りは得意になった。編集部の厳しい審査を経て写真は本誌を飾ることができたので、報われる思いがしている。

(ストーリーは9月30日発売の『ナショナル・ジオグラフィック』10月号に掲載)
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-21 00:27 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
佐賀に遊ぶ
東京でロビンソン・クルーソーの記者会見に臨んだ後、佐賀県に飛んだ。


b0062963_8251576.jpg吉野ヶ里遺跡。発掘した遺跡をどのように保存展示しているか、それを見て考えるためには格好の場所。古代に思いをはせつつも、わたしはロビンソン・クルーソーの住居跡をどのようにしたら一般公開できるか・・・そのことを考えていた。


b0062963_8255757.jpg九州にもいよいよ秋の到来。色づき始めた楓の葉に初秋の風情を感じた。


b0062963_8262721.jpg佐賀県の名物は・・・と聞いたら、いかシュウマイ、貝汁定食と答えが返ってきた。やわらかいイカの切り身がふんだんにまぶされたシュウマイと、アサリが大どんぶりに盛られた貝汁に舌鼓。


b0062963_827560.jpg佐賀県立九州陶磁文化館は圧巻。陶器、磁器がズラリと並べられていて、有田焼、唐津焼、伊万里焼・・・ここが日本有数の陶磁器の中心地であることを知る。


佐賀県の秋は、ココロを少し贅沢にしてくれた。
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-20 08:30 | 探検家の日記 | Comments(2)
天声人語と春秋
一昨日発表したロビンソン・クルーソーの住居発見の報道が、本日9月17日、新聞朝刊の時評にも採用された。
朝日新聞の「天声人語」と日本経済新聞の「春秋」。

全地球的な規模で、時代の大きな転換期にある現在、ロビンソン・クルーソーが語りかけてくる意味についての一考察。
ぜひ各紙を直接お手にとって、お読みいただきたい。

今回発見した実在したロビンソン・クルーソーの遺跡が、現代のわれわれに何を語りかけているか?
皆さんならどう、考えますか?
今後、各マスコミのインタヴューで、一探検家としてわたしもそのことについて述べていきたいと思っております。
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-17 14:14 | メディア | Comments(8)
チームワークの勝利
b0062963_11595663.jpg
ロビンソン・クルーソーの住居発見、おかげさまで全国紙、地方紙、テレビ、ラジオ等で報じられ、多くの方々からの反響をいただきました。
その中に、世界的名作の主人公の実在した住居跡発見をしたのが日本人だった事に対する賛辞をお寄せいただき、私自身、これまでの13年間が報われたようにも感じました。

それを受けて共同でプロジェクトに臨んできた英国、チリ、アメリカの探検隊のメンバーや関係者にも連絡し、日本の皆様から寄せられた言葉や気持ちを伝えました。
言葉も習慣も、考え方も異なる、しかし各分野では第一人者が集い、進めた今回の探検。
大発見は国際理解、協力、友好のたまものでした。振り返れば何度か、ストレスを感じたり、相手に疑いの視線を向けようとしたこともありました。
チリにも、スコットランドにも、何度も出かけていたわたしでしたが、そんなときはその国々をわかったつもりでいた自分の至らなさも見えてきました。

そんなことを乗り越え、互いの絆を深めた今回の探検は国際チームワークの勝利だったのです。

(写真:発掘に成功したロビンソン・クルーソーの焚き火跡(変色した円形のくぼみ)前に立つ探検隊メンバー。旗はニューヨークの探検家クラブ旗)
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-17 12:03 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
わずか16ミリの大発見
b0062963_12351977.jpg
ロビンソン・クルーソーの住居確定の決め手になったのが、出土した航海道具だった。
海図の上で距離をはかるためのディバイダ(割りコンパス)。
そのわずが16ミリのピン先が出た時、信じられないような気分だった。
こんなちっぽけなものだが、特殊な航海用の道具であったために、記録を通じての検証が可能になって発見につながった。
この出土に恵まれたのは、幸運の一語につきる。
篩にかけて見つけられたのだが、あと少しでも篩の目が大きければ、永遠に見つかることもなかった。地面を2メートル掘り進む間、10センチごとに土に篩をかけた。そんな気が遠くなるような地道な作業、気が緩んだら見落としてしまうかもしれなかった。

13年間探し求め続けてきたものが、ついに確認できたその瞬間、うれしいというよりも、夢を見ているのではないか・・・と思った。
そう思わせるほど、それはあまりにも小さく、また存在価値は計り知れないほど大きかった。
こんなこと、あるものなのだなあ。注いできた情熱もさることながら、最後はこの幸運に感謝!

(写真:17世紀の英国製割りコンパスと出土したその先端。形状、サイズが一致した。スコットランドにて)
[PR]
by born_to_explore | 2005-09-16 12:36 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(17)
記者会見
b0062963_0103758.jpg
本日1430~文部科学省にて、ロビンソン・クルーソーの住居発見の報告を記者クラブにて行ないました。
テレビ、新聞はじめ多くの方にお集まりいただきました。
ありがとうございました。

ナショナル・ジオグラフィックから日本版編集長の佐伯さん、芳尾さん、チリ大使館から公使のマウリシオ・レオーネ氏、長岡絵里子さんとともに、ロビンソン・クルーソーの住居跡発表を無事行なうことができました。

思い返せば私、高橋大輔としては13年がかり、二十代の青春のひとコマを賭けるどころか、30代後半までの人生を賭しての一探検でした。

これまで見守っていただいた多くの方々に感謝しつつ、また新たな発見へ向けて一探検家として地道に、たゆまず歩んでいきたいと思っております。

b0062963_02017.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2005-09-16 00:11 | メディア | Comments(10)