物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
(イリジウム通信)まだ旅の途中ですが・・・
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

まもなくイリジウムでの通話可能時間が終了となります。旅の途中ではありますが、通信手段に制限があるため、ここで一度アムールからのイリジウム通信を終了しなければなりません。船では制限された中での電源確保もなかなか大変。一度大自然に出かけると、普段使っているエネルギーの大切さが身にしみます。
また日本に帰国したら、通信を再開します。では、みなさん!
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-30 10:44 | 探検家の日記 | Comments(6)
(イリジウム通信)アムールにアイヌがいた!
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

アムール川の旅もいよいよ折り返し地点。到着した小さな村ブラバではアイヌの末裔と出会った。北海道から、日本から遠く離れたこの土地でまさか、アイヌの血をひく一族と出会えるとは驚きだ。

クイサリと名乗るその一族は、長い旅の果てにここを安住の地と決めた。ここはウリチ族の土地。少数民族のアイヌとウリチの混血クイサリの存在は北方交流史のなかでは往時を偲ばせる存在としてとても印象的であり、またドラマチックですらある。そしてわれわれ日本人は忘れかけた北方民族との交流の上に今があることを知らねばならないと感じた。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-29 09:41 | 探検家の日記 | Comments(2)
(イリジウム通信)ガソリン確保が大変
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

アムール川を行くわれわれにとってガソリンの確保は大変な仕事。とくにここにはガソリンスタンドはないので、村々で探し歩き、つてを頼りにしながら、何とか手に入れ、少しずつ進む。ソフィスクでは偶然仲良くなった人を昼食に誘い、ウオッカで歓待しながら、ガソリン入手にこぎつけた。ガソリンが見つからないと、われわれは立ち往生を余儀なくされる。その間、わたしは同行のルドミラ婆さんと料理を作る。

今日はサーモンの身をひき肉にして、ジャガイモ、キャベツ、唐辛子、にんじんなどといっしょにこねて、サーモンハンバーグを作った。炭火に鉄板を敷き、そこに油をたらして、こんがりと狐色になるまで焼くと、これぞ炭火鉄板焼きサーモン・ハンバーグのできあがり。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-28 09:16 | 探検家の日記 | Comments(4)
(イリジウム通信)岩絵に大いなるドラマが
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

アムール川流域のカリノフカ村に岩絵があるというので上陸して見てみた。

するとここにある岩絵は、北海道にある謎の洞窟線刻と同じモチーフ。船に人が乗っているデザインのこの絵は「漁」「航海」「旅」のシンボリズムである。

なぜ北海道とアムールのこの場所に同じデザインの岩絵が残るのか?特に北海道ではそれがアイヌの人々の手によるものではないことで謎の存在であるだけに、その接点に大いなるドラマを垣間見るような気になるのである。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-27 10:43 | 探検家の日記 | Comments(2)
(イリジウム通信)秋鮭がのぼってきた
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

アムール川では今がサーモン漁の最盛期。特に昔から伝統的に鮭漁を行なっている現地人、ナナイ族やウリチ族の村では家族総出で河原にでる。

そんな一家からとれたての秋鮭を買った。1メートルほどの大きさのオスで1匹300円。イクラ入りだともっと高くなる。それをさっそく船で捌き、料理することにした。

いつものように流木を拾って火を焚き、その上に鉄板を乗っけて、ジュウジュウいうまで焼く。焚き木として使った木から出る白煙は爽快で、それにしょうゆをチビとたらしてほおばった。これはもう最高!醤油は中国の黒龍江省産。アムールは中国とロシアの国境を走っていて、中国では黒龍江と呼ぶ。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-26 09:04 | 探検家の日記 | Comments(4)
(イリジウム通信)突然の雷鳴
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

アムール川はすでに秋の気配。しかしそれでもまだ暑くなる日もある。気温がぐっと上がった夕方、遠くで雷が鳴りだした。まるで熱帯のスコールを思わせるような雰囲気。すると驚くべきことに蚊が大量発生して、大変なことになった。外での作業を切り上げ、船室へ。やがて雨が降り始め、稲妻と雷が襲ってきた。

見上げれば180度の空、そして足もとには大河。稲妻は水平線と平行に走り、また遠いどこかの地面に落雷した。そして次の瞬間は天が裂けてしまうのではないかと思えるくらいの雷鳴が・・・。そうして2時間、まるで雷神にとってアムールは遊び場であるかのようだ。
それにしても嵐の前にどうして蚊が大量発生したのか。彼らには予知能力があるのかも知れない。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-25 09:05 | 探検家の日記 | Comments(6)
(イリジウム通信)動かぬ証拠を発見
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

今回の旅のひとつの目的は江戸時代の探検家間宮林蔵が訪れたデレンを探し出すことだ。
満州仮府とも言われるデレンは今からおよそ200年前中国人が現地人からいわゆる朝貢を受けるために設けた公的な建物。ここにはさまざまは北方民族が集まって、いわば交易拠点のような活況を呈していた。
林蔵は北方探検の最後にここにたどり着いた。しかしいまもってその場所は不明のまま。今回のわれわれの目的のひとつは彼が残したいくつかの記録を頼りにその位置を探し出してみようという試み。最大の候補地がノボイリノフカ。様々なできごとを乗り越えてようやくノボイリノフカに到着したわれわれは村人への聞き取りや、繁みの中への探検を行なった。そしてついに付近で、中国製の古い、大きな水瓶の破片を発見した。これはここにかつてデレンがあった可能性を示す動かぬ証拠だ。交易所そのものの遺跡はロシア人が住み始めて開発が進み、崩壊してしまったものとも考えられる。繁みの中で蚊の大群と戦いながらわたしが探し出した遺跡は15世紀ごろの北方民族の村の遺跡であった。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-23 10:08 | 探検家の日記 | Comments(4)
(イリジウム通信)水面に映る北斗七星
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

夜空を見上げるとき、大概どこかに人口の光がある。そのため星空を完全に楽しむことができない。しかし今日は完全な闇夜、満天の星空の下、一夜を過ごした。

しかもアムールではとても凄い夜を体験した。なんと星の光がアムールの水面に落ちて輝いている。川の水が揺れるたびに光はきらきらと輝いた。光は空と川から燦然と輝く。北斗七星もアムールに落ちていた。これは凄い!こんなのを見たのははじめてだ。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-22 14:40 | 探検家の日記 | Comments(8)
(イリジウム通信)アムールのお風呂
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

アムールの旅では風呂に入ることは難しい。しかしどうにか今日、バケツの水を焚き火で沸かし、アムール川の水で温度を調節しながらお風呂に入った。風呂といっても超簡易シャワー。それでも身体を洗うと心までリフレッシュできる。
接岸できる時は流木を拾って焚き火をする。普段はそれでパンケーキを焼いたり、ロシア名物のボルシチを作ったりといった調理用。だから風呂を沸かすというのはとても贅沢なこと。

風呂から上がると、アムールの川風が妙に爽快で気持ちよかった。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-20 11:20 | 探検家の日記 | Comments(4)
(イリジウム通信)見えない砂州に乗り上げて立ち往生
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、ロシアのシベリア、アムール川から宇宙経由で送信しています)

ガツン!という衝撃で、棚にあったものが床に転げ落ちた。まるで地震のときのよう。気がつけばわれわれの船は見えない砂州の浅瀬に乗り上げて身動きがとれなくなってしまった。

川底はわずかに20センチメートル。エンジンをふかして、後進しようとした。しかしもがけばもがくほど、船は砂の中に埋れてしまう。もはやシャベルを持って川に入り、船底の砂を払うしかない・・・。アムール川は大河だ。岸から対岸を見られる地点は少ない。しかしそれでも川は川。所々に砂州が広がっていて、通行がとても困難な場所がある。そして危険を察知することができない。われわれはその一箇所で図らずも、砂州につかまってしまったのだ。
このまま誰もいない川で船が動かなくなったら・・・と不安が頭の中をかすめる。しかし必死になって2時間。どうにか脱出に成功した!ふう!ほっと一安心。
[PR]
by born_to_explore | 2006-09-19 08:19 | 探検家の日記 | Comments(2)