物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
もの凄い、この迫力
b0062963_15191486.jpg

サポ滝の裏を通り抜けると、もの凄い光景が待っていた。轟音と水しぶきを前に、ただ唖然。

雨季のギアナ高地はあちこちに滝が出現する。しかもそれらのスケールやパワーはもはや滝と言うよりは大洪水を目の当たりにしたようで呆然自失。

ベネズエラから帰国ました。これから整理できた順に写真をすこしずつアップしていきます。ギアナ高地の感動をお伝えしたいと思います。
[PR]
by born_to_explore | 2007-07-30 15:23 | 探検家の日記 | Comments(6)
巨大滝の裏側を通る

b0062963_22105988.jpg
巨大な滝の裏側を通る道があった。カメラを持てるのはここまで。水着になり、ゴーグルをつけ、まさにプールに入るようにして歩いていく。轟音の中、横殴りの強い水を浴びて、全身びしょぬれになる。滝といえば日本では水に打たれる行者を思い出すが、滝の裏側はまさに無の空洞。そこを通りぬけた時、信じられない光景がわたしを待っていた。
[PR]
by born_to_explore | 2007-07-28 22:11 | 探検家の日記 | Comments(6)
トランジット
b0062963_228312.jpg
日本出発。約11時間のフライトの後、中継地であるダラスに到着。ここで6時間つぶし、さらに6時間ほどのフライト。南米ベネズエラへ長い道のり。空港はショッピングモールのよう。長時間いると、いつのまにか自分が今どこにいるのかもわからなくなる。
[PR]
by born_to_explore | 2007-07-22 04:07 | 探検家の日記 | Comments(4)
一日一泳
b0062963_161617.jpg

いよいよベネズエラ行きが今週末に迫り、準備のため東京へ。旅先でもできる限り一日一泳が理想。ということで、今日は中央区総合スポーツセンターで一時間泳いだ。透明度がぴかいち!
[PR]
by born_to_explore | 2007-07-18 16:01 | 探検家の日記 | Comments(4)
マラリア対策をスタート
b0062963_17391563.jpg 世界のあちこちへ出かけるたび、仙台検疫所に相談して予防接種を打っていたら、いつの間にか職員の方がわたしにとっては「かかりつけ」のような存在になった。今回も相談するとベネズエラはマラリアの発生地とのこと。マラリアは予防接種ではなく、予防薬を飲む。旅に出る1週間前からとのことなので今日がちょうど飲み始め。ベネズエラには数日ほどしかいないのだが、その後、4週間飲み続ける必要があるため、8月末まで毎週土曜日はマラリア薬の日。
[PR]
by born_to_explore | 2007-07-14 17:40 | 探検家の日記 | Comments(3)
コナン・ドイルと探検家の接点を求めて
 南米の秘境、ギアナ高地と聞けば、多くの人はコナン・ドイルのSF小説『失われた世界』を思い出すに違いない。名探偵シャーロック・ホームズ・シリーズで知られるドイルだが、彼はミステリーばかりか、サイエンス・フィクションの名手でもあった。確かに『失われた世界』の舞台はギアナ高地だ。しかしドイルがインスピレーションを得て小説を書くことになった、実在する探検家のことはあまりよく知られていない。今回の旅でわたしはその辺へと切り込んでみたいと思っている。
 ベネズエラ行きを前にさっそくその探検家のレポートを米国の古書店から入手。空輸してもらった。1885年刊の史料には詳細な地図が添付されており、探検家のルートが赤線で示されていた。これぞまさに同時代に生きたドイルも手にしたであろう地図。
b0062963_235610100.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2007-07-10 23:58 | 探検家の日記 | Comments(6)
秘境ギアナ高地へ
 今月下旬、南米の秘境ギアナ高地へ出かけることになった。
 連載中の雑誌『自遊人』のJTB企画、次なる旅先はベネズエラのギアナ高地に決定!ジャングルの中にそびえるテーブル型マウンテンと落差1000メートル近くもある世界最大の滝エンジェル・フォールでおなじみ、まさに探検家を魅了し続けてきた秘境だ。さっそく旅の準備をスタート!
b0062963_21175029.jpg

写真はグーグル・アースより。衛星画像でもジャングルに屹立するテーブル・マウンテンの様子がわかる。
[PR]
by born_to_explore | 2007-07-06 21:21 | メディア | Comments(3)
いきなり氷点下30度
b0062963_20475647.jpg すでにお知らせした中日新聞(東京新聞他含む)夕刊での連載、探検ルポルタージュ『探検家のセブン・スターズ』が無事にスタート。冒頭からいきなり氷点下30度の世界。担当の編集局文化部からは毎日のようにモニター原稿やゲラがFAXで届き、時折電話での確認もある。
 
 連載は9月下旬までの68回、ほぼ毎日。暑い夏の3カ月間ですが、紙面では寒い北の大地を一気に駆け抜けるような手に汗握るトラベル・ストーリーにしたいと張り切っています。どうかよろしくお願いいたします。
[PR]
by born_to_explore | 2007-07-05 20:54 | メディア | Comments(6)
探検付きディナー
先日東京、赤坂にあるアークヒルズクラブで講演を行った。
物語を旅するというタイトルで、ロビンソン・クルーソーと浦島太郎の追跡を紹介させていただいた。一時間の講演の後はシャンパンでかるく喉を潤した後、皆さんとディナーを楽しむ。食事の終盤に現れたシェフMIKABE氏は探検家に合わせて料理も冒険をしてみたと説明。冒険は食べるという日々の営みにも発見をもたらす。いろいろな講演会で喋る機会があるけれど、旅のロマン話を前座としてディナーを楽しむというのはスピーカーのわたしにとっても新鮮な体験だった。それでも探検が成熟している欧米では珍しくはない。日本でこれから探検ディナーを広めてみたら面白いのではと思った。そんなディナーなら、来てみたくないですか?
b0062963_12481061.jpg

(写真: 当日のメニュー。フルコースのディナーと探検家の講演。この組み合わせにも冒険が・・・)
[PR]
by born_to_explore | 2007-07-01 13:02 | 探検家の日記 | Comments(8)