物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
オホーツクの海をさらに北へ
b0062963_17453058.jpg

 今年夏、中日新聞夕刊で連載した探検ルポ。
 間宮林蔵の探検を追跡した「探検家の北斗七星」が来年、中央公論新社より出版されることになり、追加取材のため北海道にやって来た。林蔵の足跡を追いかけて旅を続ける。遠軽町でレンタカーを借り、オホーツク海沿岸をめざし、一路北へ。
 気温は氷点下。身を切るような寒さだ。しかしまだ雪は多くない。オホーツクの空と海はただ果てしなく青い。
 
[PR]
by born_to_explore | 2007-11-24 17:56 | 探検家の日記 | Comments(7)
テーブルの上の花束
b0062963_13463859.jpg 
  昨日は秋田県大仙市協和へ出かけた。そして大仙市立大沢郷小学校、大仙市立双葉小学校、大仙市立西仙北西中学校、3校の合同講演会「スペシャルマスター!!夢講座」の講師として1時間ほど講演をした。集まったのは児童、生徒の皆さん、保護者、教職員の方々約300人。夢に向かうことの興奮や面白さ、苦労、局面、局面での選択など、これまでの体験をもとに夢について感じるところを話した。
 講演終了後、花束をもらった。家に戻ってテーブルに飾る。花を見ていると、ステージの上から見えていた子供たちの顔が脳裏に浮かんでくる。いろいろな花があるように、それぞれ夢をかなえて個性的な花を咲かせて欲しい。そして自分もさらに夢に向かおうと決意。
[PR]
by born_to_explore | 2007-11-19 13:53 | 探検家の日記 | Comments(8)
学術論文
2005年に発掘調査で明らかとなった実在したロビンソン・クルーソーの住居跡。あれから2年となるが、ついにこのほど学術論文がまとまった。チリ、英国、日本、3カ国から専門家が集まった国際調査。論文も各国のメンバーとの共同執筆。原稿はスコットランドのコールドウェル博士が書き、それを電子メールで何度もやりとりしながら皆で精査した。発掘で得たものが歴史的文献とどう照合するのか?住居跡がセルカークのものであるとする根拠を科学的アプローチで論じた。
 現地調査に13年、そして論文完成までさらに2年。気がついてみれば光陰矢のごとし。しかし15年前は雲を掴む夢物語のように感じてはいても本当にこうなるとは思わなかった。
 今なおこのリサーチからわたしはじつに様々なものを学んでいる。夢、人との出会い、そして力を合わせてともに進むこと。結果はどうあれ、とにかく世界の人たちと情熱を共有できる時間を過ごせたことは幸せなこと。人生の中のすばらしい体験のひとつだ。
 論文は近く英国の"Post-Medieval Archaeology"誌に掲載、発表される。
 ここからどんなロビンソン・クルーソー・プロジェクトが展開していくのか。旅はまだ続く。
b0062963_15572122.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2007-11-14 16:06 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(8)
ガサエビがやって来た!
b0062963_2128494.jpg

秋田県の金浦漁港で水揚げされたガサエビがガサゴソと大挙してやってきた。
ガサエビは殻をむけば甘エビに似た雰囲気だが、とにかく味が濃い。その濃厚なコクと甘さは食通を唸らせるスカンピ(あかざエビ)をも彷彿とさせる。イタリア料理などには欠かせないスカンピだが、これはそれに勝るとも劣らない。さて、大挙してお出ましとあらば、こちらにも考えがある。オイルでカラリと揚げ、キンキンに冷えたシェリー酒、ごぞんじティオペペを合わせようではないか。辛口冷え冷えシェリーにエビの甘さ、互いに拮抗しあう味はいつしか舌の上で昇華し、超絶のハーモニーを作り出す。思わず、Buono!(ボーノ、おいしい)
b0062963_2129347.jpg

[PR]
by born_to_explore | 2007-11-10 21:40 | 探検家の日記 | Comments(5)
Welcome to a hunting world!
b0062963_14273117.jpg
2007年の鴨猟。日の出とともに、いざ出陣!風は西から北よりに変わり、鴨が大挙してやって来る。
猟場のわれわれは水面にデコイを浮かべ待ち構える。デコイはいわば鴨の姿をしたおとり。上空の鴨が仲間だとと思って飛来するはず…。しかし鴨はそう鈍感ではない。人間と鴨との知恵比べ。
やがて遠雷とともに、天気は大荒れ。土砂降りの雨に見舞われた。稲妻が天を駆けると、光にビクッとした鴨が慌てて飛び上がる。雨に打たれながらじっとしていた猟師は、時来たれりとばかり、ドンと発砲。
悪天候こそチャンス。雨の中で、猟について学び、鴨の習性を知った。そうして自然の中に居ることはとても幸せ。
[PR]
by born_to_explore | 2007-11-03 14:32 | 探検家の日記 | Comments(4)