物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
探検家という名の赤ワイン
b0062963_12223411.gif 今日はクリスマス・イブ。「エクスプローラー」。その名も探検家というチリワインで乾杯することにする。
 コンチャ・イ・トロは世界中にファンがいるチリ最大のワイナリー。ぶどう品種のカルメネールはもともとはフランス・ボルドー地方で広く分布した品種。それが19世紀チリに渡ってチリワインとなるのだが、いつしか本国フランスでは害虫の被害で壊滅的となり、チリで生き残ることになった。フルボディの赤、2006年モノ。
 それはそうと、名前と鳥のマークに心惹かれるわたし。チリ産というのも因縁を感じる。探検のことを考えつつ、杯を重ねれば、やがて鳥のようにどこかに飛んでいける気分となるだろうか。メリー・クリスマス!
[PR]
by born_to_explore | 2007-12-24 12:24 | 探検家の日記 | Comments(6)
奇跡のキノコ 森のダイヤ
b0062963_12404165.gif先日北海道へ出かけたとき、お土産にカバノアナタケをいただいた。カバノアナタケは主に白樺に自生するキノコ。アミノ酸などのミネラルが豊富で、古来アイヌの人たちの間で薬効キノコとして珍重されてきたという。奇跡のキノコとか森のダイヤといわれているようだが、煮出してお茶代わりに飲むと健康にとてもいいらしい。中国では漢方にあたるだろうが、これは薬草の類とは違い、くせがなく飲みやすい。一度はまると、真剣に白樺の幹を見て歩くようになるとか。次回、わたしも北海道で白樺ばかり見て歩くことになるかもしれない。
[PR]
by born_to_explore | 2007-12-23 12:41 | 探検家の日記 | Comments(2)
サンタクロースからの手紙
b0062963_822823.gif
フィンランドのサンタクロースから手紙が届いた。温暖化でサンタのふるさとにも様々な影響があるようだ。極北の雪がとけたら、やがてサンタクロースもいなくなってしまうかもしれない。手紙といっしょにカレンダーが同封されていた。
[PR]
by born_to_explore | 2007-12-20 08:22 | 探検家の日記 | Comments(4)
モアイ作りに挑戦
b0062963_4444897.jpg

数多くのモアイを見て回った後は、ミニチュアのモアイ作りに挑戦。実際に彫ってみると、どのようにモアイが作られたかがよくわかる。
[PR]
by born_to_explore | 2007-12-10 04:44 | 探検家の日記 | Comments(8)
モアイをgps で
b0062963_4252120.jpg

モアイの正体を探る旅。毎日モアイ、モアイ、モアイ。どこの誰だかわからなくならないように、gps で位置確認。タハイのモアイは...
南緯27度08分
西経109度25分
標高14m
[PR]
by born_to_explore | 2007-12-09 04:25 | 探検家の日記 | Comments(5)
モアイ
b0062963_104392.jpg

無事イースター島に到着。さっそく島内各地のモアイを見て歩く。風が気持ちいい。イースター島からでも携帯電話でブログが更新できるというのは驚いた!
[PR]
by born_to_explore | 2007-12-08 10:04 | 探検家の日記 | Comments(4)
イースター島へ行ってきます
 連載中の『自遊人』最新号が発売された。前回に引き続き、ヴェネズエラの旅の話。世界最高落差のエンジェル・フォールへ。そのスケールにさぞかし驚くかと思いきや、意外にも正反対の印象。やはり行ってみなければ、何もわからない。雑誌をぜひお読みください。
 次回の行き先も決定し、今週からイースター島へ。環境が整えば、現地から衛星携帯でリアルタイム報告をします。
[PR]
by born_to_explore | 2007-12-03 11:07 | メディア | Comments(7)
林蔵の妻子の謎を追う
b0062963_11542737.jpg「間宮林蔵は生涯にわたって妻帯をせず、独身だった」
詳しいことがわからない林蔵の生涯。若い頃に祝言をあげたもののその後すぐ死去したとされる女性や晩年の内妻の存在などは別にしても、これまで曖昧なままそう信じられてきた。しかし北海道には今も林蔵の血をひくという人たちがいる。それによると彼はアイヌ女性アシメノコを見初め、子を授かった。今回はその末裔の方々にお会いして、林蔵の妻子の謎に迫った。研究者にも会い、家系図を手に入れる。それは知られざる林蔵の系譜だ。そこには北へ出かけた探検家のもうひとつの物語がある。いったいどんな人生のドラマがあったのか。思いを馳せつつ、冬の北海道から帰路についた。
[PR]
by born_to_explore | 2007-12-01 11:56 | 探検家の日記 | Comments(6)