物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
(イリジウム通信)マグロの刺身とココナツミルク
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムで送信しています)

日本人ばかりか、ポリネシアでも刺身は皆の好物。野菜などと一緒にココナツミルクであえ、レモンをきゅっと絞って食べる。ココナツミルクというと日本ではどうしても「お菓子」「デザート」「甘いもの」というイメージだが、ポリネシアでは刺身もココナツミルクで食べる。一度食べつけると、癖になる。日本の鮨屋で出しても、ウケルと思うのだが。
[PR]
by born_to_explore | 2008-02-22 09:42 | 探検家の日記 | Comments(4)
(イリジウム通信)滝のような雨
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムで送信しています)

タヒチがあるソサエティ諸島は今が雨季。毎日スコールがやってくる。
雨季といっても梅雨のように一日中雨が降り続くというわけではない。ザッと一雨来るというぐらい。ところがそれがまた滝のように降る。全てが水浸し。天から誰かが水をこぼしたみたい。いや、例えるなら水道の蛇口。ジャーッと流れてきて、それは誰かが栓をひねったようにキュッと一気にやむ。本当にそんな音が聞こえてきそうだ。雨上がりは草木からポタポタと雫が垂れ、陽光が当たるときらきら輝いて美しい。
[PR]
by born_to_explore | 2008-02-19 01:56 | 探検家の日記 | Comments(1)
(イリジウム通信)屋台でバナナを買う
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムで送信しています)

ポリネシアでは、マンゴーやパイナップル、バナナなどフルーツ屋の屋台が道端に店を出している。バナナは15本ほどの一山で、およそ250円。珍しくもないし、屋台で買うとなると「叩き売り」を思い出すためか、これまであまり手が出なかった。しかしそんなわたしは損をしていた。なんとポリネシアのバナナはとてもうまい。甘すぎない、ほんのりとした酸味がある。パクパクいける。日本で見るバナナはフィリピン産やエクアドル産などいくつかあるが、皆、甘すぎる。なぜなのか?本来のバナナのうまさをここに来てようやく知ったという感じ。
[PR]
by born_to_explore | 2008-02-16 14:05 | 探検家の日記 | Comments(2)
(イリジウム通信)マルケサス語
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムで送信しています)

タヒチから飛行機で北東に3時間のマルケサス諸島。ここではタヒチ語が通じず、マルケサス語となる。英語はほとんど通じない。せめてフランス語。しかしできればマルケサス語を話さなければならない。探検家は言葉の面でも現地に適応しなければ・・・ということで、さっそくマルケサス語をスタート。やってみると発音が日本語と似ていてとっつきやすい。「飲む」は「イヌ」。「食べ物」は「カイカイ」、「水」は「バイ」。食べ物は「貝々」。「水を飲む」は「by犬」とおぼえておこう。
[PR]
by born_to_explore | 2008-02-13 16:06 | 探検家の日記 | Comments(2)
(イリジウム通信)究極の焼きそばロール
フランス領だけあってタヒチではフランス料理が充実。移り住んだ中国人がたくさんいるので中華もうまい。そんなタヒチの市場で昼食に何気なく買ったのは焼きそばロール。じつはそれが究極。焼きたてのバゲットをザックリと割って、中国人が中華鍋で作った特製五目焼きそばをはみ出さんばかりにはさみこんだもの。パンも本物なら、焼きそばも本場もの。日本の焼きそばロールに、最強のライバル出現!?
[PR]
by born_to_explore | 2008-02-09 19:14 | 探検家の日記 | Comments(1)
(イリジウム通信)何もしないという哲学
連日30度を超える暑さ。花は咲き乱れ、木々を見上げるとグアバやココナッツがなっている。黙って何もしなくても果実が実る。だから南国には南国の「何もしない」という哲学が生まれ、それが良識と結びついている。それと比較すると、日本では一生懸命肥料を与え、水をやり、手入れをしなければ花も果実も実らない。「働き蜂」に例えられる日本人だが、それは決して欠点ではなく、自然や風土に育まれた良識なのではないか、とふと思う。
[PR]
by born_to_explore | 2008-02-07 08:59 | 探検家の日記 | Comments(5)
キウイキウイキーウィ
b0062963_4301112.jpg

ニュージーランドではキウイ。ドライキウイからチョコキウイ、鳥のキーウィまで。キウイを食べつつタヒチへ向かう。
[PR]
by born_to_explore | 2008-02-03 04:30 | 探検家の日記 | Comments(2)
成田空港第2ターミナル
b0062963_17151310.jpg

旅のはじまり。
サークル パシフィックの旅、まずはニュージーランドへ。
成田空港第2ターミナル96番ゲートへはシャトルで向かう。シャトル乗り場には大きなワールドクロックがある。見ているだけで旅心が刺激される。
[PR]
by born_to_explore | 2008-02-01 17:15 | 探検家の日記 | Comments(1)