物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
南米ギアナ高地、ロストワールドをめざして
b0062963_1405997.jpg
 
 南米にあるギアナ高地は、なぜロストワールド(失われた世界)と呼ばれるのだろう?
 一般にはコナン・ドイルの小説『失われた世界』の舞台となったためとされている。確かに到達困難なテーブルマウンテン(卓状台地)は、小説に登場する世界そっくりだ。
 ところが調べてみると、ドイルはギアナ高地はおろか、南米にさえ訪れたことがなかった。彼はいかにして冒険物語を書いたのか?その問いを胸に、わたしが旅に出たのは2009年1月。実際に出かけると、やはりギアナ高地は地球最後の秘境というべき不思議な世界だった。
 そのときの追跡記録クボタ・グローバル・ジャーニー(KGJ) 「失われた世界」を行く コナン・ドイルと地球創世の詩が公開された。
 密林の奥のテーブルマウンテンへ。ともに探検を始めよう!
[PR]
by born_to_explore | 2009-07-14 14:04 | メディア | Comments(4)
EXP STATION
b0062963_1532612.jpg


 洗練されたアウトドアショップというものは、大都会の、しかも最もファッショナブルな中心地にあるものだ。古くはヘミングウェイがサファリや釣りに出かけるために立ち寄ったニューヨークのアバクロンビー&フィッチが有名だし、現在のロンドンでも、紳士服店が立ち並ぶジャーミン・ストリートからリージェント・ストリートをそぞろ歩けば、ベレッタやバブアーといったアウトドアの名店に行き着く。
 大都会から野生へ。ギャップが大きければ大きいほど、ロマンは底知れないものとなる。きっとヘミングウェイも、摩天楼の大都会で道具や服を揃え、マティーニを一杯ひっかけながら、大自然への思いを膨らませて、旅立ったに違いない。

 2009年7月9日、東京の青山通りにオープンしたEXP STATION(エクスピー・ステーション)にも、人を旅に駆り立てる、そんな可能性を感じる。EXPとは、explore(探検する)とpeople(人々)をかけた言葉。ここにくれば装備だけではなく、旅をするための人的ネットワークにアクセスすることができる。旅のインスピレーションを得ることができる起点となるべく、立ち上げられたアウトドア・ショップだ。

 このほどEXP STATIONにアドバイザーとして係わることになった。誰かが旅にでるきっかけを作れれば、これほどうれしいことはないし、わたし自身もEXP STATIONに立ち寄って装備を揃え、大いなる世界へと乗り出してみたいと夢をふくらませている。

EXP STATION
東京都港区北青山1-4-6
246青山ビル地下1F
電話 03-5775-3990
最寄駅 東京メトロ 銀座線 半蔵門線 / 都営地下鉄 大江戸線 青山1丁目駅 一番出口より渋谷方面へ徒歩3分 FIATショールーム隣
[PR]
by born_to_explore | 2009-07-10 15:08 | 探検家の日記 | Comments(6)
カンジャンケジャン
b0062963_13563522.jpg


「韓国へ行くなら、迷わず、カンジャンケジャン」

韓国ツウの知人にそう教えてもらい、ソウルの新沙洞にあるカンジャンケジャン横丁へ乗り込んだ。

カンジャンケジャンとは、カニの醤油づけのこと。

日本ではゆでガニが主流だが、韓国では生きたワタリガニをにんにくベースの秘伝の醤油でつけこむ。それが身(肉)ばかりか、殻にまで浸みこんで、チュパチュパと音を出して吸い尽くさずにはいられなくなる。

橙色の卵とカニみそがせめぎ合う初夏がベストシーズン。見ているだけで、こんこんと唾液がわいてくるが、食べると、忘我の域に達する。

冷えたビールもいいが、韓国焼酎をぐっと引っかけながらやるのもいい。

あらかた身を食べ終わったら、店のおばちゃんを呼んで、白いご飯をもらう。

ほのかな湯気の立つ、あったかご飯が運ばれてきたら、食べ終わったカニの殻の中につめる。そしてスプーンで皿に残った醤油をすくってヒタヒタとかける。

殻に残ったカニの卵やみそが、秘伝の醤油とともに混じり合い、ご飯にしみて、こたえられない。

気がつけば、皿まできれいに舐めてしまった。

フランス人がパンで皿のソースを舐める気分。それと同じ、超絶なファイナルという感じ。
[PR]
by born_to_explore | 2009-07-07 14:01 | 探検家の日記 | Comments(3)