物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
島寿司
b0062963_7331741.jpg
八丈島ですしといえば島寿司。魚の切り身を醤油ベースの漬けにして、練り辛子で食べる。食べていて「くさや」のことを思い出した。くさやは魚をくさや液に浸して干物にしたもの。八丈島では魚をたれに浸す文化があるのかもしれない。温暖な気候のため、腐食を防ぐ効果もあっただろう。また島寿司は、伊勢の「てこね寿司」にも似ている。てこねはちらし寿司だが、やはり漬け寿司だ。海の文化や各地とのつながりに思いをはせながら頬張った。
[PR]
by born_to_explore | 2010-06-24 07:37 | 探検家の日記 | Comments(9)
カメラが海没
b0062963_19274858.jpg
鳥島から離島の際、ゾディアック(エンジン付きゴムボート)で、本船のヨットに乗り込んだ。ところがゾディアックに空気が十分に入っておらず、おまけに大きなうねりで海水をかぶり、びしょぬれになった。厳重な防水対策を施していたはずのカメラバックに海水がしみ込み、水没してしまった。カメラは作動せず、液晶内部にも塩がたまった。ああ。。。盥の水(水道水)で塩抜きをする。買ったばかりの高級機をなんとか救出しようとするが、だめかもしれない。
[PR]
by born_to_explore | 2010-06-21 19:34 | 探検の7つ道具 | Comments(4)
孤島の廃墟
b0062963_2323364.jpg
八丈島から南へ。ヨットで24時間ほどのところにある鳥島に出かけた。島は天然記念物に指定されており、特別な許可がなければ上陸できない。今回はとある調査プロジェクトのサポートとして参加が許された。その傍ら、無人島に残る過去の人跡を見て回る。写真は廃墟と化した旧気象庁測候所の建物。絶海の孤島で、観測を続けた人々の情熱や苦闘に思いをはせた。
[PR]
by born_to_explore | 2010-06-20 23:04 | 探検家の日記 | Comments(2)
ロマンあふれる
b0062963_20582257.jpg
八丈島にやってきた。この島はずっと憧れの場所だった。古代中国人が楽園を求めてたどり着いたという徐福伝説。女だけが住む女護ケ島が八丈島だったという言い伝え。流人や漂着の歴史。ちょっと物悲しく、うつくしい。黄昏どき西の海を望むと、夕日が遠くの八丈小島に落ちていった。ロマンあふれる南の島。
[PR]
by born_to_explore | 2010-06-11 21:00 | 探検家の日記 | Comments(4)
ちょっと、いっぷく
b0062963_23292959.jpg
アメリカから探検家が訪ねてきた。欧米では20代の女の子にもエクスプローラーはいるのだ。ちょうどわたしが八丈島へ向かう途中だったので、東京を案内しがてら、銀座で抹茶をいっぷく。コンクリートの打ちっぱなしのような茶房で、冷たいお茶に続き、お菓子、濃茶、薄茶が出てきた。有意義なひととき。
[PR]
by born_to_explore | 2010-06-10 23:30 | 探検家の日記 | Comments(2)
南方熊楠の酒
b0062963_16544759.jpg
先週、取材で和歌山にいた。酒屋でみかけた日本酒にひとめぼれ。その名もKumagusu Minakataである。南方熊楠といえば、憧れの知の巨人。ロンドンの大英博物館に勤務し、菌類の研究で「ネイチャー」に寄稿したかと思えば、人類学、考古学、宗教学など旺盛な好奇心と洞察力で知的冒険の世界を切り開いていった。その辺のことが英文でラベルに書かれているわけだが、最後の一文が実に悩ましい。
"He was also known as a hard drinker of sake."
さっそく買って、ハード・ドリンクしたことはいうまでもない。
[PR]
by born_to_explore | 2010-06-08 16:55 | 探検家の日記 | Comments(0)
『ロビンソンの足あと』の記事
『ロビンソンの足あと』(日経ナショナルジオグラフィック社)が朝日新聞秋田版とasahi.comで紹介されました。ご覧ください。
[PR]
by born_to_explore | 2010-06-08 16:29 | メディア | Comments(0)